小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋は光 恋とは戦いであり光なのである

恋は光 1 (ヤングジャンプコミックス)恋は光 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/06/19)
秋 枝

商品詳細を見る

恋は光 2 (ヤングジャンプコミックス)恋は光 2 (ヤングジャンプコミックス)
(2015/01/19)
秋 枝

商品詳細を見る



恋というものを 知りたくて


面白い!
私は恋愛作品は大好物なのですが、これはかなり面白いですよ!

ドラえもん的なSF(少し不思議)の要素が入っており、
主人公には恋をしている女性が光って見えるんだとか。

ただ、この設定も確実に恋している女性が光っているのかはまだひとつ疑問が残っています。
それは、これまで主人公に向けて光っている女性はいなかったということでしたが、
小学校のころから主人公のことがすきだった北代さんが主人公には光って見えないんです

光とはいったい・・・?そして恋とはどんなものなのか?
大学生の日常を通しての恋愛作品です!


もうね・・・北代さんがかわい過ぎる

メインヒロインはどう見ても1巻表紙の東雲さんなんですが、北代さんの圧倒的な可愛さはやばいです
初登場時から「この子かわいいな~」と思ってたら彼女の主人公・西條〈あだ名:センセ)に対する恋心が発覚してから可愛さが増していますよ!


ざっくりストーリーを説明すると、センセーは恋する人の光を見ることはできるけど、それが自分に向けられていないこと、周囲は幸せそうことに窮屈さを感じていました
タバコを吸わない人にとってはタバコの煙は迷惑に感じるというのと似た感覚のようです

そんな時に出会ったのが東雲さん!
今時ケータイも持っていないし、ネットもしないし、テレビもない、という浮世離れしている子ですが、
彼女は「恋」というものがわからず、恋について知りたいと思っていました。

もしそんな東雲さんが自分に対して光ってくれたら・・・!そんなことを思いセンセーは東雲さんにアプローチをかけるのですが、このアプローチのかけ方が面白い!(笑)
センセーもなんかんだでちょっと変わった性格をしており、そんなセンセーが東雲さんに申し出たのは交換日記!

その交換日記を通してお互いのことを書いたり、映画に誘ってみたりと思わず中学生か!と突っ込みたくなるようなアプローチ法ww
そうやって徐々に東雲さんと距離を縮めていくのですが、1巻最後にまさかの展開!



そもそもセンセーが見ることができている「光」は本当に恋をしている女性が光っているものなのか?

幼馴染の北代さんと一緒に調査をするのですが、的中率は約4割ほど・・・もちろん調査させてもらった人たちが素直に自分の気持ちを言っていない可能性もありますがこれだと信憑にかけます

そして何より東雲さんといい雰囲気になっていたのに光らないことに疑問をもっていたセンセー

そこで北代さんが立てた別の仮設
それは「光は警告信号ではないか?」というもの。美しい花にはトゲがあったり、綺麗な食べ物にも毒があったりするのと同じ考え方です

その説に納得し、逆に光を発していない東雲さんこそ自分にとってかけがえない存在になってくれるのではないか、とセンセーは考えるようになったのですが・・・1巻の最後の最後で東雲さんが光るんです

光っている女性は自分に危険をもたらすかもしれなうい、光らない女性こそ自分にとって特別な存在だと思っていた矢先の光ですよ
光を発した東雲さんはそれはそれは綺麗でしたが、同時に恐怖を感じてしまったセンセー


・・・というのが1巻のざっくりした内容です。
まぁ、実は東雲さんは本当にその光を出したときにセンセーに対する恋心を自覚したんですけどね~

未だに光に関してはわからないことばかりですからね~


だって北代さん光ってないし!
北代さんは小学校のころからセンセーのことが好き。でも高校の時に思い切ってセンセーには好きな相手はいないのか質問してみたところいないと言われてしまい、北代さんの恋心にも全く気付いてない様子を見て、
長い目で見るスタイルに変更します。

たとえセンセーが誰かと付き合ったとしても最終的には自分のところに戻ってくればオッケースタイル
でも、センセーが幸せならそれが一番、ということで東雲さんと仲良くなりたいというセンセーにも協力します。

というかね・・・北代さんが光らないのは本当に意味が分からないのですが、あれだけ男女二人で飲みに行ったり、一緒の授業受けたり、ランチ食べたりしておきながら恋人じゃないとか!

でも実は1話1ページ目にてフラれていた北代さん・・・そのあともセンセーに協力するとか健気すぎる!
東雲さんとも友達になってるし、自分を小人であると素直に認める懐の深さもあるし・・・なんで本当に光らないんだろう・・・

センセーに彼女ができたときにショックを受けていましたが、それでもセンセーを好きでい続けるし、相談にものる
待ちのスタイルということで世間一般からはあまり評価されないかもしれないし、報われないかもしれませんが、
これも戦いの一つの形です

恋を自覚した後の東雲さんも言っていたように恋は戦いです
好きな相手が必ずしも自分に好意を向けてくれるわけではないし、ライバルもいます。
その中には北代さんとは逆に攻めあるのみというタイプもいます

自分のスタイルで戦う北代さんは光輝いていてとても美しいと思うんだ


スポンサーサイト

コメント
みかん
えっ北代さんがメインヒロインだと思ってました・・・
よく見たら確かに、一巻の表紙は東雲さん・・・

いやはやどっちを応援していいのだか・・・
[2015/04/29 19:41] URL | #HfMzn2gY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobitomura.blog55.fc2.com/tb.php/518-5dea327b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。