小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ESP 10 英雄のその後

東京ESP (10) (カドカワコミックス・エース)東京ESP (10) (カドカワコミックス・エース)
(2014/06/25)
瀬川 はじめ

商品詳細を見る


アンタ・・・
この街をどうしたかったんだ



戦時中の英雄も時代が違えば、大量殺人鬼でしかない、という言葉があります。大量に人を殺しているのに、戦争中であれば、その国にとっての英雄。でも平和な時代に大量に人を殺すと殺人鬼
やっている結果は同じなのに二つはまるで対照的です

教授との戦いでヒーローになり、時の人となったリンカ
超能力者が急増して治安が悪化しましたが、その時も一人ひとりあきらめずに対応していったため、街は次第に治安を取り戻し、超能力者の登録にまでこぎつけました
でも・・・それで終わりじゃないんですよね

超能力者じゃない人間の多くは超能力者を恐れているんです。時間をかけて解消するかしかない部分かもしれませんし、お互いの理解のための第一歩としての登録制だったんですが・・・裏目に出てしまいます
超能力者は発信機がついた腕輪を付けることが義務づけられたのですが、その腕輪のせいで堅気の超能力者も仕事先で雇ってくれない、差別の対象となってしまったんです

そしてESP警察という組織の登場
彼らは犯罪を犯した超能力者に対して容赦や情けが一切なく、鎮圧、検挙しているようです
そして街を救った英雄「白い少女」に対しても権力を奪われたくないのか、自分たちの権力を誇示しているし・・・


かつてこの街を救ったリンカ
でも人々はそのことよりも自分たちとは違う存在、超能力者を恐れた
リンカを恐れた


そんなときに歩や紫はライセンスを持ちつつも、ふつうの生活に戻ろうとしていましたが、
リンカの中の正義はこれで本当にいいのか、という疑問をずっと抱え込んでいました

教授のように明確に倒すべき相手、というのが存在しない今回
どうしたらいいのか、決めきれずにいたときに現れたのが例のあのオバさん

どうやらCIAの調査員らしく、リンカに捜査協力を依頼しにきたようです
その内容が・・・アジアの地下にある闇のマーケットの破壊

その闇のマーケットには超能力者が売買されていて、そのマーケットの更に深いところ、そこに教授が探していた黒幕たちがいる
並の人間や超能力者では届かないほど深い闇にいる黒幕

その黒幕を倒すためには・・・例え闇の中にいても決して折れない、強い肉体と正義の心を持った人物が必要だった
それが・・・リンカ

教授との戦いのときに何度も負けて、その度に立ち止まったりもしたけど、最後まで折れなかった正義の心を持つリンカならできる、と

そしてリンカはその話を受けることにしました
でもリンカはヒーローという立場には変わりなく、そのままでは闇のマーケットに潜入したとしても警戒されてしまう、ということでの外務大臣襲撃だったんだとか


かつて街を救いながらもその力を市民に恐れられ、世界を変えることが出来なかった英雄
普通の生活に戻る道もありました
このままかつての英雄として成り行きを見守る道もありました

でもリンカが選んだ道はさらに先
積み上げてきた信頼を失い、同じ超能力者の立場を悪くし、人々からは余計に恐れられ、嫌われ、仲間との信頼も失うかもしれなかったけど、リンカは戦うことを選びました

闇のマーケットと、その更に深いところにいる闇と、そして・・・・・世界と


どんな逆境にあっても折れない正義の心を持っているかつての英雄リンカの生き様に胸が熱くなったんだ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobitomura.blog55.fc2.com/tb.php/501-ef28d618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。