小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕らはみんな河合荘 5 私がしたいから

僕らはみんな河合荘 5 (ヤングキングコミックス)僕らはみんな河合荘 5 (ヤングキングコミックス)
(2014/03/26)
宮原 るり

商品詳細を見る



私が
宇佐君が喜ぶもの
あげたいからあげる



ちょーっい!!
アニメも始まり勢いが増してきている河合荘ですが5巻も相変わらずニヤニヤさせてくれるぜ!!

宇佐と律ちゃんが少しずつですが・・・少しずつ距離が近づいているんですよ!
それは各巻の1P目を見ていただいたらわかりますね

1巻はガン無視されている宇佐
2巻は笑顔の宇佐と無表情で宇佐を見下ろす律ちゃん
3巻は読書に熱中している律ちゃんと一緒に読書する宇佐
4巻は二人で本について語っているシーン


もうここまででも二人の距離が近づいているのがわかりますね
宇佐が読書をするようになったからぐっと距離が近づきましたね

そして5巻・・・ゲームをしている宇佐の後ろから一緒にはまっている様子の律ちゃん


最高やで。だってこれまでは宇佐から矢印が一方的に出ているだけでしたが、律ちゃんからも宇佐に興味を持ってるというのがね


そしてそして!この二人の距離の近さを表すのが今回の巻に収録されていました!
それがこたつ回!

こたつと言えば宇佐も言っていましたが、心の距離も近まる感じがしますよね。気が緩むというか
そしてそんなこたつマジックが引き起こした奇跡!
律ちゃんは相変わらずこたつでも読書するんですが、宇佐が妖ハンしてると読書を中断して宇佐のところに近寄るんです!
そしてストーリーが気になるところだったのかさらに宇佐に近づく律ちゃん・・・無意識って怖いわぁ

しかもね!この素晴らしいところは二人とも横になった状態というのが素晴らしいよね(2回言った)
人はこれ以上他人に近づかれたら不快感を持つと言われるパーソナルスペースと呼ばれるものを持っているらしいです

日本人は割とこのスペースが大きい(心を許してない人にあまり近づいてほしくない)らしいですが、律ちゃんとかこのパーソナルスペースが特に広そうじゃないですか
その律ちゃんがこたつ効果もあってでしょうけど、宇佐との距離が数10cm単位のレベルでの近さですよ!
宇佐・・・よかったなぁ


まぁ、この後こたつハスハスして距離が開きましたけどww


3歩進んで2歩戻るくらいの牛歩っぷりですが、着実に二人の距離は近づいているんです
以前律ちゃんは宇佐が気に入りそうと思った本を図書館で借りていました。宇佐のために

そして渡す機会をずっと待っていたんですよ。毎日持ち歩いて!
さりげな~く、宇佐のために持っていたとは悟られないように貸すつもりだったんでしょうけど・・・いざ貸す時の不自然さと言ったら(笑)

そんなことをされたら宇佐じゃなくても喜びもだえるっちゅーの


またね、この新年を明けた瞬間の流れもいいんですよ
まず律ちゃんから「今年もよろしく」と言ったこと。これは素晴らしいことですよ!
今年もよろしくしたいと思えるような相手ということですからね!

そして更に宇佐が今年初メールとして律ちゃんにあけおめメールを送った時の少し照れくさそうな表情!たまりませんな!


だがしかし、ここまでは今までの律ちゃんと同じです。今年の律ちゃんは一味違うぜ!
宇佐のあけおめメールに律ちゃんも今年初返信をしようとしたんですが・・・その前に林から宇佐の下へあけおめメールが届きます
つまり律ちゃんにとっての今年初メールは宇佐だったけど、宇佐にとっては林

そしてその後も友人からあけおめメールが送られてくる宇佐を見て・・・律ちゃんはメールするのをやめるわけです。
・・・少し拗ねたような表情をしながら



っくぁーーー!何これ何これ何これ!!
少しずつしか進んできてないと思ってた二人の関係もいつの間にかそんなに進んでたの!?
林に軽く嫉妬してる律ちゃん可愛すぎやろ


そして林と宇佐が二人でいるところをどS小学生千夏と一緒に見てしまい、千夏があの二人は付き合ってるんだ、と言えば・・・


ち がうよ
林さん
他の人が好きだって言ってた もん



とか・・・何この可愛い生物保護しなきゃまずくない?
あまりこういうことで自分の意見を主張するようなタイプじゃないと思うんですが、否定する・・・いや否定せざるを得なかったのでしょうか

途中から我に返ったのかだんだん尻ずぼんでく様子がまたいいですな



そして迎える運命のバレンタイン!
林とすったもんだあった末に律ちゃんは宇佐に軽い気持ちでチョコをあげるのをやめます
恵むのをやめます。近くにいたからという理由で渡しません

何故なら・・・律ちゃんにとって宇佐はそんな小さな存在じゃないから


宇佐だから
宇佐が喜んでくれるから
自分が宇佐に喜んで欲しいから


だからチョコをあげる




・・・悶絶ものですわ

ホワイトデーの「あたり」といい全然かわいそうなんかじゃねぇ!!
羨ましいぞこんちくしょうっ!!




と思ったら一番かわいそうなのは真弓さんだということがはっきりと分かったラストでした
・・・・・真弓さん(;ω;)ブワッ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobitomura.blog55.fc2.com/tb.php/486-ca0049c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。