小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は私は 白神葉子が好き

実は私は 1 (少年チャンピオン・コミックス)実は私は 1 (少年チャンピオン・コミックス)
(2013/06/07)
増田 英二

商品詳細を見る



私なんかでええんなら
よろこんで



今最も頭をカラッポにして楽しめるラブコメは何か?と聞かれたら僕は「実は私は」と応えます
そう言えるくらい、この作品は面白いのです

ウチのブログでラブコメと言えば「ニセコイ」がありますが、王道中の王道を突き進む「ニセコイ」とはちょっと違って、主人公ではなくメインヒロインの方が激しくにぶい、それぞれのヒロインが秘密を抱えてるなどちょっとした要素を加えてます

そして何より・・・ハイテンションがすごい
ハイテンションラブコメって煽りがついても納得出来るレベルです(笑)


そんな「実は私は」の感想言ってみましょ~!



主人公黒嶺朝陽は隠しごとが全く出来ない性格でその分かりやすさから穴のあいたザル、通称アナザルと呼ばれるほどです
「ここだけの話」には絶対に入れてもらえないタイプです(ノ△T)


その分かりやすさはもちろん恋愛方面でも発揮されます
好きな女の子から呼び出されたから期待してその場所に向かってみたらまさかの告白する前にフラれる、というね・・・

まだリングにすら上がってないのに一方的にボコボコにされる恐怖・・・自分がこんなに分かりやすくなくてよかった、と心から思えます(笑)



そんな朝陽が現在恋している相手、それが本作のメインヒロインの白神葉子
クラスで誰とも友達を作らず、ミステリアスな雰囲気がある白神ですが、ひょんなことから朝陽は白神の秘密を知ってしまいます
その秘密とは・・・



実は私・・・
吸血鬼やねん・・・




そう!ミステリアスな雰囲気が漂っていた白神の正体は吸血鬼!と人間の間のハーフ!!
ハーフなので本物の吸血鬼と比べると色々と違うようです

・十字架を見るとイラっとする
・日光に当たるとものすごく日焼けする
・水の上を通るとうぉうってなる
・にんにくが近くにあると目がシパシパする

って感じです(笑)
でもキバはありますし、羽根もある

普段は羽根や牙は隠してるのですが、放課後誰もいなくなった教室で文字通り羽根を伸ばしていた白神を朝陽が目撃してしまった、という


親との約束で秘密がバレたら人間の学校に通うのを辞める、という約束をしていたらしく、学校を辞める覚悟を着埋める白神でしたが、白神が好きな朝陽からしたらそれは困るわけですよ

なので秘密がバレたことを秘密にしたらいい、と提案する朝陽
そんなこんなでアナザル朝陽が頑張って秘密を守ろうとする話




とまぁ、ここまで長々と説明してきましたが、この作品の魅力はそこじゃないんですよ
いや、ヒロインの秘密を頑張って守ろうとする様子もいいんですが!!

この作品にはもっと魅力的な部分があるんですよ!

それが・・・ヒロイン達のアホっぷりである


このヒロイン達のアホさがこの作品のハイテンションっぷりを引き上げてます
メインヒロインの白神も当然アホです、アホな娘です


まず、吸血鬼であることをバレちゃいけないのに、誰もいないとはいえ教室で羽を広げてるし、
日光対策に日焼け止めの使用を思い付かなかったり、
自分から吸血鬼って言っちゃったり、と色々とアホな娘です


そしてこの作品はただのコメディ作品ではありません
ラブコメです。ラブ&コメディなのです

この白神のアホさがラブ方面に活かされたら・・・?




この作品はメインヒロインの白神がとんでもなくにぶちんです
アナザルの朝陽から好意を寄せられているのにそれに全く気付かず、むしろ朝陽は他の人のことが好きなんだと誤解するレベル

さらに自分の気持ちにも鈍いです
ハタから見てたら明らかに朝陽に惚れてるんですが、自分ではそれに気付いていない



朝陽と朝陽が好きな子(白神の勘違い)を二人っきりで祭りに行かした時も最初はいいことをした、という気分だったようでしたが、二人が楽しそうにしてるのをみて胸がキューってなったり、女の子がバランスを崩して朝陽にもたれかかっている様子を見て胸が痛んだり・・・しても気付きませんorz


自分の気持ちにも鈍感とかほんまアホな娘さんやでぇ・・・





しかし、しかしである!そんなアホな娘さんだからこそ起きるミラクルが僕のハートを鷲掴みにするんですよ

普段は朝陽のことを名字で読んでるのに一緒に泳ぐ練習を付き合ってもらった時には今までの感謝の意味も込めて御礼を言うのですが・・・この時だけ名前で呼ぶんですよ。無意識で


普段名字で呼んでいる人のことを果たして無意識で名前で呼ぶでしょうか?
これはあれですわ、普段自分の頭の中では名前呼びしてますわー(ニヤニヤ)




そして更に!朝陽が荷物を置いて午後の授業に出席していなかったら放課後、朝陽が戻ってくるまで待ってたんですよ!
朝陽の席で



くぁ~!!いいね、いいね!!
戻ってくるまで待ってた、といのもポイント高いんですが、朝陽の席と言うのが素晴らしいです
何この娘、なんでこれで自覚症状ないの・・・?



しかもこれは最新刊5巻の話
6巻以降は更にラブ要素も強くなってくるんですよ・・・!
これは今後も楽しみですな!!


アホな娘達によるハイテンションラブコメディ「実は私は」
まだ既刊5冊なので気軽に読める冊数ですし、単行本発売ペースも今のところ2ヶ月に1回といいペースですし、おそらく来月には6巻が発売されます

この機会に是非呼んでみては?


以上!「実は私は」の感想でした~
今後、「実は私は 藍澤渚が好き」「実は私は 朱美みかんが好き」も更新予定です


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobitomura.blog55.fc2.com/tb.php/477-134e4c79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。