小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱虫ペダル 30 次のステージへ!

弱虫ペダル(30) (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル(30) (少年チャンピオン・コミックス)
(2013/10/08)
渡辺 航

商品詳細を見る



ワイは浪速の天才スプリンターやねん!!



oh・・・なんてこった
自分で選んでおいてなんだけど、上の鳴子のセリフって今まで鳴子が何度も言ってたセリフじゃないですか
それこそ初登場時からずっと言ってた気がする

それが・・・それが・・・・・!!



インターハイが終わり、金城達3年生が抜けた穴の大きさを痛感する1、2年生
確かに手嶋さん、青八木さんも強くなってた。それこそ青八木さんは鳴子や田所さんと互角に戦えるくらいまでに

手嶋さんはどうしてもロードの才能に恵まれていないため、他のメンバーより圧倒的に速くなる、ということは出来ませんが、彼の熱い走りは小野田や今泉を震え立たせるには充分過ぎるほど




でも・・・・・3年の抜けた穴が大き過ぎる!

そもそも今泉が言っていたようにゴールを狙える人が少ないんですよね
前回は最終日のゴールが山だったので小野田が総合優勝を飾ることが出来ましたが、あれがもし平坦だったら小野田ではゴールはねらえなかったと思います

でも最終日のゴールを狙うためには山が全くないわけじゃない
スプリンターでは狙うのが難しい

というわけでオールラウンダーの存在が重要なのですが・・・今の総北にはオールラウンダーは今泉しかいないんです
もしこのままだったらもし今泉にパンクなどのアクシデントがあった時には誰もゴールを狙えなくなってしまう・・・
じゃあどうするか?

新たにオールラウンダーを一人作るのが手っ取り早いです
でも手嶋さんは登りの才能はないと分かりつつもクライマーの道を選びました
青八木さんはスプリンターとしての才能を開花させつつあります

小野田は当然一図に山を登ります

となると・・・残りは鳴子


・・・そう!鳴子と言えばインターハイ最終日にスプリンターなのに山を速く登ってみせて今泉すら驚愕していました
自転車に乗らない人にとっては分かりづらい話かもしれませんが、どうやら山のを登る時の筋力と平坦を速く走る筋力は別のようで、平坦だけに特化してしまうと登りが弱くなり、登りに特化してしまうと平坦が弱くなってしまうものらしいです
でも鳴子は平坦に特化してるハズなのに山を速く登ってみせた

つまり鳴子はスプリンターだけじゃなく、オールラウンダーにも向いてるんですよ!



でも鳴子と言えば派手に走ることをモットーにしているため、ロードの中でも一番目立つスプリントに命を賭けてました
今泉が今後の総北のためにオールラウンダーになるように言っても聞きません


それでも考えるところがあったのか鳴子は自分の原点を見直すために大阪でよく走っていたコースで自分を見つめ直していました

そこで登場したのがインターハイの時にはあっさりやられてしまった全国区のスプリンター
まぁ、結局今回も鳴子が勝つのですが、そこで鳴子はやっぱり確信するんですよ

自分は生粋のスプリンターで、まだ成長している、ということを
そして次のスプリント勝負で勝ったらもう迷わずにスプリンターとしてずっと走り続ける、ということを自分の中で決めてました

そんな鳴子の次の相手が・・・・・御堂筋!!


御堂筋!!?
コイツこそ化け物ですよ
去年は京都伏見が王者ハコガクと総北と渡りあったのは彼の力ですからね

ほとんど一人の力で初日は同着とは言え1位ゴール、2日目は最速と言われていた新開さんを抑えてのスプリントを獲りましたし、山も制しました

オールラウンダータイプですが、山もスプリントもレベルがトップクラス



そんな御堂筋を相手に最後の勝負
スプリンターを辞めるかどうかの勝負


鳴子は全力を出しました
インターハイが終わってからも田所さん、青八木さんと実践で鍛えあげていたためインターハイの頃に比べて格段に速くなっていました
そして最初こそは御堂筋に先導されますが・・・実はそれは様子見!

御堂筋相手にじっくり実力を観察し、「勝てる」と思って全力で踏んで・・・御堂筋を置き去りにします
そしてそのまま半周以上の差をつけて独走、やっぱり鳴子は生粋のスプリンターだったんや!




と、思ってたら・・・




御堂筋覚醒!!!



はぁぁぁぁぁぁーーーー!!?
ただでさえ化け物じみてた御堂筋が更に化け物になったーーーー!!


ってかもう本当に人間じゃねーーーー!!ww
真波の背中に生える羽根は天使みたいなのに、御堂筋の背中に生える羽根バッタかよ!www

しかもこれまでも異常な程前のめりな走りでキモかったのに(褒め言葉)、更に背筋をピーンって伸ばしてもっと前のめりになって・・・・・キモい!!(褒め言葉です)



でも速い!!




インターハイの時より速くなってる鳴子にあっという間に追いついて、追い越します
でも鳴子も負けてられません

だってこの勝負で負けたら自分の生き様そのものであるスプリンターをやめなくてはいけないから
ギリギリの勝負だからこそ燃える!なんとしてでも勝ちにいく!!


そんな想いを胸に持てる全てを出します
少しでも空気抵抗を減らすために上着のジッパーを減らし、少しでも軽くするためにボトルを捨て、サドルまで捨てます

鼻血が出る程ペダルを踏みます




そういえば最初に小野田に「全力」という言葉を教えたのは鳴子でしたね
勝つために最後の一滴まで全てを出しつくす

鳴子から教わったその精神は小野田の大きな支えになり、インターハイ優勝するまでになっていました



そして今度は鳴子が進化した御堂筋という強大過ぎる相手に全力で挑みます
その結果は・・・・・





敗北





全力を出したからと言って必ず勝てるわけではありません
そして相手は進化した御堂筋


でも・・・でも!まさか鳴子が本当にスプリンターを辞めるとは思わなかった
だって初登場時から本当にスプリントに全てを賭けてた鳴子ですよ!?

今回もきっと引き分けとかでお茶を濁すんじゃないかな~、ってどこかで思ってたのに・・・本当にスプリンターを辞めるとは・・・


でも石さんが言ったように悔しさは人を強くしますからね
鳴子がこの悔しさを大きなバネにして次こそは御堂筋に勝ってほしいです!



30巻には他にもハコガク3年生vs1、2年生が収録されていて、アブ君に新たな仲間が出来ていたり、東堂さん口数は無駄に多いけどやっぱカッケーな、と思ったわけですけども、30巻は僕の中で一番鳴子vs御堂筋がインパクト強かった・・・


鳴子マジなのか・・・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobitomura.blog55.fc2.com/tb.php/441-1c473bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。