小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONEPIECE 723話 ドフラさんと部下はファミリーなのね
広げに広げた風呂敷がたたまれ始めたドレスローザ編!
今週の感想いってみましょ~!


もはや完全にネタキャラになっているバルトロメオは置いといて(笑)

ドフラさんのとこは幹部結構人数いるんですね~
マーク持ちのピーカの軍、クラディウスが今回は登場!

計画や時間を守らないやつが大嫌いで、爆発するらしいのですが・・・ヴァイオレットの様子をいち早く気付くなどキレ者のようです
というか確かにそうですよね。ヴァイオレットの能力はリアル千里眼らしく、周囲4000kmの視野を持つようですし、ヴァイオレットがドフラミンゴファミリーを裏切ったのは急に思い立ったことじゃなさ気ですねぇ
しかしそういえばヴァイオレットはなんでドフラミンゴファミリーを裏切ろうと思ったんだろう?



そして前回ドフラさんが天竜人だったという事実が判明したドフラさんサイドですが・・・今週も気になるワードがいっぱいですな!

まずは一番気になったのがドフラさんは天竜人「だった」ということ
そっかー、昔は天竜人だったけど、今はもう違うのか~・・・



・・・っておい!!
天竜人ってやめられるとかあるんかいな!?


しかし、気になるのはドンキホーテ一族は800年前に世界貴族としてマリージョア入りしましたが、その間に何かやらかして追放されたというわけではなく、ドフラさんだけが天竜人じゃなくなったっぽいことでしょうか


そして気になるのが次のセリフ

「血」とは何か・・・!?
「運命」とは何か・・・!?



この流れからするとドフラさんが天竜人じゃなくなった理由にはこの「血」と「運命」という言葉が大きく関わっていそうです


ここでドフラさんの子供時代を振り返ってみましょう

以前尾田さんがSBSでドフラさんの子供時代を描いた時ドフラさんの姿はとても世界貴族の姿ではありませんでした
ボロボロの服を着て、ボロボロのソファーに座りつつも高笑いしていました

そして頂上戦争でドフラさんは「戦争を知らないガキ」と「平和を知らないガキ」の価値観は違う、という名言を残していましたが、この子供時代を見る限りではドフラさんこそ「平和を知らないガキ」だったんじゃないかな、と思ったり


天竜人は800年前に現在の世界政府を樹立した20の国の王の血を引く者達でアラバスタのネフェルタリ家を除く19の王族が聖地マリージョアへ移り住み、世界貴族となりました
世界貴族としての天竜人の権力は凄く、彼らに暴行を加えようものなら海軍本部の最高戦力である大将が出張ってくるほど

いや・・・本当無茶苦茶ですよこれ
だってどんなに天竜人がクズな行為をしてもそれを咎めたら大将が来て一方的にこっちが悪いってことになっちゃうんですからね


そうやって考えると「平和を知らないガキ」だったと思われるドフラさんはこの頃にはもう天竜人じゃなかった、と考えるのが妥当だと思います
では何故ドフラさんは子供ながらにして天竜人じゃなくなっていたのか?

そこで今週のセリフである。
「血」と「運命」という2つの言葉を使用されることによりある一つの可能性が僕の中で浮上してきました

それは・・・



ドンキホーテ・ドフラミンゴ

      ↓

ドンキホーテ・D・フラミンゴ



という以前から考察サイトなどで語られていた可能性
ワンピの世界ではこれまで「運命」という言葉が使われた時にはたいていがD関連だったと思います

そして五老星はDの名前が世の中に普及するのを好んでいない、むしろロジャーのように有名になり過ぎると隠そうとしている、ということからDとはある王国の生き残りなんじゃないか、と思われます

それに対してドフラさんに流れているドンキホーテの血は800年前にDの一族が中心だったある王国を滅ぼした一族の血です

つまり、ドフラさんは天竜人とDの一族とのハーフだった、という可能性



もしこれが本当なら天竜人は当然ドフラさんを天竜人として認めず、今のように天竜人「だった」という事態に発展するかと思います
むしろ、幼いドフラさんをそれこそ戦争や内乱が起きている国に放り出して、遠まわしに処分しそう・・・


それをされたのが子供時代のドフラさんだったんじゃないか、という疑惑が僕の中で浮かび上がってくるのですよ!


ただそういう人達にとって最大の誤算だったのがドフラさんのカリスマ性だったんじゃないかな、と
それこそ戦争や内乱が起こっている地域でも高笑いし、力をつけ現在では王下七武海の一人、ドレスローザの国王、闇のブローカー、そして世界政府の上層部と何やら取引をしている人物になる程のカリスマ性


でももしこの考えが正しかったら次に気になるのがドフラさんの組織「ドンキホーテファミリー」
最初はマフィアやギャングみたいなことをしてるから「ファミリー」なのかと思ってましたが、もしかしたらそのままの意味で「家族」の可能性が微レ存・・・?


かつて天竜人だったドフラさんが、自分の祖先が統治していた王国ドレスローザの現在の王になり、血の繋がりはないファミリーと共に海賊王を目指している、と考えると・・・胸がアツくなるな!!





しかし、そんなドフラさんの下から離れ、ドフラさんを倒そうとしてるのがトラファルガー・ロー
ドフラさんに見事出し抜かれ、イッショウ&ドフラさんとのバトルになってしまい、捕まっていましたが・・・ドフラさんが取り返したつもりでいた心臓がシーザーのじゃなかった!

そしてその隙に逃げてもう一度作戦を立て直すローなんですが、この時のローがかっこよすぎる
ドフラミンゴという厄介過ぎる相手に船が狙われないようにサニー号から充分に距離を取った上でシーザーを渡し、その後船が逃げる時間をもう一度稼ごうとするとか・・・かっこよすぎやろ!

だってローの能力は使えば使う程体力を消耗するわけですよ
ドフラさん&イッショウを相手にして体力を消耗してしまったと思われる状態でもまだ麦わらの一味のために自分が囮になろうとするとか・・・ロー△(さんかっけー)



でもナミ達の声を聞いて全てを理解したドフラさん
ローの作戦を潰すべく狙いをローからサニー号に切り替えます

そしてローも体力が消耗しているからか能力で自分を遠くまで飛ばすことが出来ないようでサニー号を襲うドフラさんに追いつけません

絶体絶命のピンチだったのですがそこに登場したのが・・・サンジ!!

相手が七武海だと分かっているからサンジもいきなり全力!
でもドフラさんも流石で、ディアブルジャンプを簡単に止めてます


サンジがドフラさんを倒せるとは思わないけど、黒足VS天夜叉は素直に楽しみだわ!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobitomura.blog55.fc2.com/tb.php/437-9554f2af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。