FC2ブログ
小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/11 じゅういちぶんのいち 番外編 託す
本当この作品に出会えてよかった

そう思える作品、それが「1/11 じゅういちぶんのいち」


今月号の話がめがっさ良かったので感想をば
※ネタバレ注意
コミック派の人は見ないことをオススメします!!




まずね、今月の話読んでて一番最初にびっくりしたのが、今回の主人公
奥さんから娘が今度人を連れてきて、その人を是非父に紹介したい、と言われてるお父さんが今回の主人公なんですけど・・・あれ、このおっさんどっかで見たことあるぞ・・・・・?




篠森仁奈のお父さんじゃないですか!!?

1巻に収録されている第2話で主人公だった仁奈
部活に打ち込んだ末に嫁さんに迷惑をかけてしまったことをずっと後悔していた父は娘には同じ想いをしてほしくない、ということからマネージャーに打ち込む仁奈に反対するものの、今も大切にしたい娘、そして部活に打ち込んでた旦那を応援していたことを一度も後悔したことがなかった奥さんの説得によって仁奈の部活を認める、という話でした

一見すると無意味に見えるかもしれないし、無駄になるかもしれないけど・・・無意味じゃないし無駄になんかならないかもしれない
そして何より・・・あの時の仁奈の気持ちは無駄なんかじゃなかった!!


そしてこれが今回の話の2度目の衝撃

ソラが仁奈と結婚するんですよ!!



これは正直意外だったわぁ・・・高校以降のソラを描いた話では仁奈が全く登場していませんでしたし、ソラにもそんなそぶりが全くなかったので勝手に仁奈は想いを伝えなかったものだと思ってたました・・・
そして何より高校時代に仁奈が感じたようにソラは四季のことをずっと想って生きてくんだと思ってましたもん

しかし高校時代、これまで親に反抗したことがなかった仁奈が初めて反抗してまで大切にしたかった時間が本当に無駄じゃなかった、ということを考えるとこの結果でよかったのかもしれませんね


しかし娘はそれでよかったのかもしれませんがパパンはそれどころじゃありません(笑)
蝶よ花よと大事にしてきた娘がある日突然男を連れてくるんですもの!

相手がサッカー選手だということ、名前が「アンドウソラ」だということが分かってからはソラが家に来るまでの間に会社でソラのことをネットで調べたり、サッカーが好きな息子に相談を持ちかけたりしてます(笑)


しかし全ては娘のことを考えての行動
サッカー選手としてのソラはやっていけるのか
年収はどれくらいなのか
選手生命はどのくらいなのか

ソラと結婚して娘が苦労したりしないか


僕はまだ結婚もしてませんし、当然ながら娘もいませんが、娘を持つ父の心境はこういうものかもしれませんねぇ




彼には高校時代駅伝に打ちこんだ過去があります
駅伝と言えば一人では決して勝てない競技です。どんなに速い選手が一人いたとしても一人で走りきることは出来ないから

でも走る時は一人
自分が必死に走り、持ってきたタスキを仲間が必ず次につなげてくれる保証はありません。それでも託す、仲間を信じて

そんな駅伝で篠森父は速い方だったらしく、駅伝の強い会社に就職出来るかも、という状態で迎えた最後の大会
努力家でまじめだった篠森父は必死に練習し、努力して迎えた最後の大会で・・・タスキをつなぐことが出来ませんでした
当然タスキをつなげなかったということはその大会で勝つことは出来なかったわけで・・・スカウトの話もなくなりました

学生時代を駅伝に捧げていた篠森父は就職してからは厳しい環境でした
有能なのに高卒というだけで不当な扱いを受ける、そしてその分嫁さんに苦労をかけてしまう・・・

そんな想いから娘には同じ想いをして欲しくなかったから部活に打ち込む娘を反対していました



人生にはいくつかの分岐点があると思います
篠森父にとってその一つが高校時代

駅伝に打ち込む、という選択をした篠森父でしたが、それは果たして正解だったのか?
駅伝選手としては残念ながら成功することは出来ず、嫁さんには苦労をかけてしまうことになってしまいました
嫁さんは後悔していないと言っていましたが・・・果たしてこの選択は間違ってなかったのか?


仁奈の話の時にある程度の答えは出ていましたが、篠森父としてはまだ学生時代に駅伝に打ち込んでいたことは果たして正解だったのか、という明確な答えを出せていませんでした



そして篠森父に再び訪れた人生の分岐点
仁奈とソラの仲を認めるのか、認めないのか



もしかしたらソラは明日にでも大ケガをしてサッカー選手生命を断たれるかもしれない
海外に行っても成功しないかもしれない

そんなソラに娘を任せることは果たして正解なのか・・・?


娘との今までを振り返りつつ迎えた結婚式当日
娘の手を引きながらも篠森父は答えが出せていません

もしかしたら学生時代の駅伝の時のように彼が必死になって運んだ先には誰もいないかもしれない、間違った選択なのかもしれない

そういう考えが頭をよぎりつつ娘の手を引いた先には・・・ソラの姿



娘を失うんじゃなくて、託す


自分のこれまでの全てを相手を信じて任せる、まさに駅伝のタスキのように





何この漫画・・・・・めっちゃ感動したんですけど
いや、本当この作品に出会えてよかったわ


もっと多くの人に読んでもらいたい、そんな漫画です
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobitomura.blog55.fc2.com/tb.php/413-6d0b2a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。