小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニセコイ 132話 棘に挑むは二人の小野寺
やはり文化祭編はいいよね!
去年も千棘が自分の気持ちを自覚したり、女神が現れたりしましたが、今年も春ちゃん関連で何かありそうです

コミィは文化祭に何か思い入れでもあるのかな?


そんなわけで今週の「ニセコイ」感想いってみましょ~


相変わらず荊の道を進んでいる春ちゃんですが、文化祭編では改めて自分が楽のことを諦めきれていないということを再認識しちゃいました

大好きなお姉ちゃんのために楽のことは諦めようと決意した春ちゃん
でも気持ちの整理ってそう簡単じゃないよね!

ということで何かしらのイベントがまだ残っているとは思っていましたが、どの路線でいくんですかね~?
・このまま秘かに楽への想いを持ちつつ荊の道を進む
・楽のことをすっぱりあきらめる
・お姉ちゃんと戦う

ざっくり上げて3パターンくらいありますが、現実的なのは一番最初のやつなのかな~
個人的には最後のも見てみたい気もしますが(笑)


しかし春ちゃんはやはり楽のことを諦めようとしてから僕の中では株価が上昇し始めたので、是非このまま貫いて欲しいところ
今週の年上と年下どっちが好きかという質問に対して嘘をつくかどうか迷いつつも、正直に応える春ちゃん可愛いですはい


そしてそんな春ちゃんの前に立ちはだかる強敵(笑)達!
楽のためだけに出場したマリー、お菓子のために出場したポーラ・・・まぁ、敗退しますよねうんw




しかし今週一番気になったのは「凡矢理七英雄」の存在です!

その名前とメンバーの様子から凡矢理高校の可愛い7人っぽいですが、マリー、小野寺さんが入っているようです
となると当然千棘、つぐみも入ってくるでしょうが・・・気になるのは残り3人誰だよ!というね

もしかしたら最近空気の羽姉さんが入っているのかもしれませんが、どうやら春ちゃんは入ってないようですし・・・残りの3人、気になります



そして無事予選を通過した春ちゃんの前に立ちはだかるのは・・・凡矢理七英雄の一人、小野寺さん!!
まさかの姉妹対決が実現しそうww


しかしこれは小野寺さんにとっても春ちゃんにとってもいい機会かもしれませんね
小野寺さんはなんだかんだ言ってまだ千棘が楽のことを好き、ということを知らないので、恋のライバルはマリー・羽姉さんだけだと思っているでしょうし、千棘が楽のことを好きとしってしまったら最終的に身を引いてしまいそうなんですよねぇ・・・

そして何より怖いのは千棘には神の加護がついていることなんですよ
あれがある限り小野寺さんには勝ち目がないように思えてしまう・・・


ですが、昔ジャンプで連載されていた漫画でこういう格言がありました

二人ならLに並べる、二人ならLを超えられる



この先小野寺姉妹が協力し合うかどうかは分かりませんが、春ちゃんが本当の意味で楽のことを諦め、小野寺さんを応援する時、それはきっと二人なら千棘に並べる、二人なら千棘を超えられる瞬間だと思うですよ

小野寺さんが千棘の気持ちを知り、それでも前に進むことを決断した時は彼女も荊の道を歩くことになるのかもしれませんが、姉妹で荊の道を進んで千棘を超える姿を見てみたいです




・・・今更だけどなんでメインヒロインなのに千棘っていう名前にしたんだろう・・・・・
スポンサーサイト
ニセコイ 131話 その道は荊の道につき 
・・・ダメだな私
全然
ふっ切れてないじゃん・・・



は、春ちゃん・・・(;ω;)

結局小野寺さんと一緒に無人島に流されたり、楽が集に送るつもりで間違って小野寺さんにメールを送ったりすることもなく、
去年と比べていきなり始まった文化祭

いや~、去年の文化祭はキムチの後だったので否定的な見方が多かったですが、終わってみれば楽と千棘は無事仲直りし、千棘は自分の気持ちをようやく自覚し、小野寺さんにも見せ場があった、といういいエピソードだったと思います

その時に「高校最初の文化祭」という表現があったので、もしかして2年、3年生も描いてくれるのか!?という期待はありましたが、本当にありましたね!


去年の主役はメインが千棘、サブメインが小野寺さんでした

今年の主役は・・・春ちゃん!


楽のことを好きだと認めたけど、それよりも大好きなお姉ちゃんの恋を応援することを決め、自らの初恋をひそかに終わらしたのですが・・・そう簡単にふっ切れるものでもなく

夏休みの間は逆に小野寺さんと楽を早くくっつけて楽に絶対手の届かないところに行ってもらうため行動していました
そして今回も春ちゃんの作戦が発動するのです

その名も・・・「あの二人を暗闇でおどかしていい感じにする作戦」!!

まんまだww
名前からして上手くいかない感がプンプンしてるし大体そんな上手くいくわけ・・・



いったーーーー!!
普通に上手くいったよ!
流石ラブコメの王道と呼ばれる道のど真ん中しか突き進まない「ニセコイ」やでぇ!


しかし、この時の小野寺さんの素晴らしいことよ

去年の林間学校で私達だけ肝試し出来なかったでしょ?
だからほら リベンジっていうか・・・



守りたい、この少女(確信)


もうあの時とか完全に楽の暴走のせいだったのに、許してくれただけでも大天使だったのにリベンジとか、いい娘すぎるやろ

・・・あれ、楽ってあの埋め合わせしてなくね?



ま、まぁともかく!
小野寺さんの弱点を把握している春ちゃんによってビビらされまくりな小野寺さん
そんな時のラブコメの定番と言えば?・・・そう、隣にいる人物に抱きつくですよ!

しかも小野寺さんこんにゃくそのものが怖いらしく、がっつり楽に抱きつきます。いや、これむしろホールドしてます

そんなこんなで、二人の距離は近くなりました(物理的に)
これは春ちゃんの今までの作戦の中で一番マシだったんじゃないの?と思ってたら


仲好さそうな二人を見て落ち込む春ちゃん
二人をくっつけよう、祝福しよう、楽のことを諦めよう、と思っているけど、
心は正直ですね~

しかもその後に春ちゃんの様子がおかしいことに楽が気付いたりするもんだから、更に泥沼化するというね
春ちゃんみたいにひそかに想って、ひそかに終わらせた場合引きずりそうな気がするけど、
今回のミスコン参加で何か変わるのかな?

そろそろ風ちゃんの本音も聞きたいところ


以上、短いですが、「ニセコイ」感想でした~


ラストゲーム 6 友達って・・・友達って!

ラストゲーム 6 (花とゆめCOMICS)ラストゲーム 6 (花とゆめCOMICS)
(2014/07/04)
天乃忍

商品詳細を見る


10年後またこの手紙を読む時
となりに柳がいたらいいな
どうですか?



動きだした!動きだしてきましたよ!!
「ラストゲーム」最新刊で遂に恋愛事情が動きだしてきましたよ~!


まずは桃香です!
彼女が柳と結ばれる可能性はかぎりなく低そうですけど、彼女の奮闘っぷりがなかなかどうして
電車のなかでの柳とのやりとりですが・・・


桃香:柳が一人暮らししていると聞いて私が料理作りますよアピール

柳:家政婦さん来てくれるし

桃香:(家政婦さんキタ!)

柳:最近は自分でもやろうと思ってる

桃香:食べてみたーい


というやり取りww
もうねしおりちゃんも言ってますけど、どこの格闘技だよとww

しかもその後も二人して、ガードが堅い、手数が多いとか言ってるしw

しかしこの桃香ちゃんは意外とガッツありますね~
柳が九条のことが好きと分かった後でも、まだ付き合っているわけじゃないなら、自分にも可能性があるはずと猛アタックしてますし

さらに動かざること山の如しだった相馬を動かします!
というかこの二人が付き合ったらいいんじゃ・・・


どう見ても九条に惚れているけど、負ける戦はしない派の相馬は全然動こうとしませんでしたが、
今回の最後でやってくれましたね!
むしろここで次の発売日が来年ってことを考えると相馬やってくれましたね!

続きが気になるっつーの!
これまでの九条なら何も考えずに「私も。皆好き」とか言いかねないけど、どうやら次巻予告見た感じだとそうでもないようですし・・・これは更に恋愛模様に動きがあるか!?



とまぁ、ここまで桃香や相馬の話をしてきましたが、やはりこの作品を語るなら柳と九条ですよ



イチャイチャしやがって!(ドン!!)


いつにもましていちゃいちゃしてる気もしますが、これまでと違うのは九条が柳のことを意識しているってことですよ!
九条の照れた様子が加わるだけでこれまでの何倍もの破壊力がうまれるというね・・・


橘桃香の登場によって九条の中に嫉妬がうまれたのですが(自覚なし)、やはりこういうタイプの定番っちゃー定番だけど、今まで嫉妬してなかったキャラが嫉妬を覚えるのはいいですね~
しかも自覚なしなところがポイント高いですよ!

とは言っても九条は全然自覚がないから、柳のことを未だに友達と言っています(まぁ、特別とは思っているようですが)
10年経ってようやく友達に昇格し、九条の肩を借りて充電とかまでしたのに未だに友達止まりの柳・・・

そりゃ友達ってなんだよ!ってなりますよ!
というわけで九条は友達にどこまで許すのか軽く実験する柳

手を握る⇒OK

頭をなでる⇒OK

頬を軽くつねる⇒OK

キスするんじゃないかってくらいまで至近距離に顔を近づける⇒柳がビビる


そしてこの時柳は事前に「嫌なら嫌って言って」とことわっているのですが、
最後のやつに対して九条は「柳だったから 別に嫌ではなかったし・・・」とか


友達って何だ・・・
友達って何だ・・・!!


柳・・・(ノ△T)



でも九条は遂に柳を意識し始めるんです
柳が寝ぼけて九条にでこちゅーをしてしまったのですが、それが意外にも九条にヒット!

どうやらでこちゅーとかは付き合っている人同士でやるもの、という認識は九条の中にもあったようで、何故柳がそれを自分にしたのか?
その時の柳の幸せそうな顔を見て、そんな表情を見せる相手が誰かいるんだ・・・、と思うようになったんです!


そんなわけで九条が遂に柳を意識し始めたところで相馬が動きだし、6巻は終了・・・次の発売は来年とかorz
次の発売日が待ち遠しいぜ!


ONEPIECE 751話 海軍本部中将とは一体・・・
今週のワンピ感想ですよ~!

なんと言っても今回の見どころはサブタイトルの「サボVS大将藤虎」でしょう!
一人で海軍大将と中将を足止め、そして革命軍のNo.2とサボの強さは証明されているのですが、
今回も強い強い!


竜に関する格闘術を身につけているようですが、やっぱこれ単体でもかなり強いですね~
バージェス、ディアマンテと混戦だったコロシアムでも少し活躍していましたが、バスティーユ中将を一撃とか・・・

というか最近の海軍本部中将の扱いがちょっと酷すぎませんかねぇ・・・
バスティーユ、メイナード、スモやんと戦闘シーンをろくに描かれないで倒されてるんですけど・・・


いや、確かに新世界編に入って全員のレベルが上がりましたよ?上がりましたけども!
でもそれは麦わらの一味の話であって、バスティーユ中将に至っては2年前から中将じゃないですか

つまりその時点から大将に次ぐ中将というポジションだったわけです
中将は割と人数いるっぽいですが、中将と言えばバスターコールですよ

バスターコールはかつてロビンの故郷オハラを壊滅させた中将5人が軍艦を率いての総攻撃
使えば島一つを地図から消すレベル
そしてエニエスロビーではCP9との対戦で疲れきっている麦わらの一味の前で現れて絶望感を与えていました


それとは別に個人的には頂上戦争前のモモンガ中将と七武海のハンコックの駆け引きも好きでした。
海軍本部中将と七武海のやり取りとかテンション上がる!と思っていました

思っていた時代が僕にもありました


それがどういうことでしょう
最近の中将達と来たら・・・

・スモやん⇒ローに敗ける。ドフラさんに目立ったダメージを与えられず戦闘描写もなく敗ける

・メイナード⇒バルトロメオの部下を瞬殺。その後バルトロメオに瞬殺される(ちなみに戦闘描写無し)

・バスティーユ⇒サボにアイアンクローでやられる←NEW!!



なんだよこれ!!(泣)
確かに中将は中将の間でもレベルの差が激しそうですからね~
大将に誘われたガープなんかずっと中将でいましたし


新世界編に入って全体のレベルが上がっていますが、海軍はこのままじゃ不味いんじゃなかろうか・・・
下手したら完成版パシフィスタの方が中将より強いかもしれんぞ・・・



とまぁ、そんな中将のことは置いといて・・・

独特の格闘術だけで中将を瞬殺する実力があるのに、そんなサボがメラメラの実を食べているんです
そりゃ大将との戦いにも期待してしまうってもんですよ!

藤虎が得意のメテオをしても炎になって避けれるから余裕のノーダメージです
ってか藤虎はメテオ多用し過ぎじゃね?
もしかしたら今回のは鳥カゴの強度を確かめる意味もあったのかもしれませんけども・・・

それとも案外藤虎もまだ能力を使いこなせていないとかでしょうか?
悪魔の実を口にしたのが案外最近の可能性が微レ存?



そしてサボがエースの死を知った時の描写も少しされましたね~
サボにはその時助けに行けない事情があったのかもしれません
それともエースなら大丈夫と思ったのかもしれません

でもエースは死にました


ルフィはその場にいたため、己の無力感を強く感じかもしれませんが、それはニュースで知ったサボも同じだったのかもしれませんね
その時のことを思い出して表情をゆがめるサボとそれを盲目の藤虎が察してそれ以上の質問をしなかったのがよかった





一方で猪突猛進ってくらい勢いのルフィ達ですが、今回のラストは?ってなりますね
ケリーがはなんで抜け道に気付いたんだ、というのがそもそもありますし、実はそこは抜け道じゃなかったというのも気になるし、最後のドフラさん!

???



気になってジャンプ読み返してみたんですけど・・・チンジャオやキャベツがルフィに恩を返してやる!黙って返させろ!って話の時って実はケリーとビリーの姿がないんですよね
もしかしたらこの時に先行していた??

でも今のステージはピーカが作ったものだしそんな都合いいのがあると思えないけどなぁ
あとステージを作って割とすぐに今の状況になってるから、ケリー達だけが先行出来る理由も特に思い当たらないし・・・

それとも実は恩を返したいと思ってるわけじゃなくて、ルフィを売ったという可能性もありそう
ウーシーの上にいるからまだ大丈夫ですけど、能力者は体の半分が水につかったら力が抜けるらしいし、今の状況けっこう危ないんじゃ・・・


そもそも・・・最後に出てきたドフラさんは果たして本物なのだろうか?というところまで疑ってしまう
喋り方に違和感あるし、「フッフッフ」って笑ってないし

というかピーカ達にはあれだけこれは国民に問いかけている選挙だって言ってたのに、ボス自ら動くというのも考えにくいしなぁ・・・

来週の展開を待ちたいところ



プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。