小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗殺教室 名前
今週の「暗殺教室」が面白かったのでちょこっと感想をば

あ、ネタバレ有りです。ご注意を








シロ・イトナとの騒動もひと段落ついたところで日常回!

なんとE組には・・・キラキラネームのキャラがいたんだとか!カルマ君のことじゃないよ!w



木村正義。普通に読んだら「きむらまさよし」と読みそうなものですが・・・実は彼の名前は「きむらじゃすてぃす」

そう、正義と書いてジャスティスと読むのです


なんでも両親が警察官で盛り上がってつけた名前なんだとか
こ、これは辛い・・・



最近問題にもなっているキラキラネームですが、親としては自分の子供には特別な名前をつけてあげたい、と思った結果なんでしょうけど、子供の視点からすると一生呼ばれる名前ですからね
社会人になってから呼ばれたら恥ずかしい名前の方が多そうです



そんなジャスティスのことも考慮して1日あだ名で呼び合うことになったE組ですが・・・これがまた皆のあだ名が面白いこと面白いこと

烏間先生が「型物」なのはまだいいようん。その通りだもん

でもさ・・・女たらしクソ野郎ってww
普通に悪口じゃねーか!w


烏間先生は注意したんだろうけど、あだ名のせいで嫉妬して怒ってるようにしか見えないよ!ww


その他にもツンデレスナイパー、コロコロ上がりなどひどい(褒めてます)ネーミングもありましたがこれよりも秀逸なのがまだあるんです

その一つが寺坂のあだ名



寺坂のあだ名、それは・・・・・「鷹岡もどき」

ヒドイwww
しかも寺坂も普通の顔でいればいいのに烏間先生に一発当てて喜んでる姿が鷹岡っぽいしw



そして茅野!

渚との仲も個人的には気になっているキャラですが彼女のあだ名は・・・「永遠の0」
うん・・・なんでこのあだ名になったのか察してしまって泣けてくる(ノ△T)



そして皆で烏間先生を追い詰めて後半に


頼んだぞ!!

「ギャルゲーの主人公」!!





ハマり過ぎだろww
しかも烏間先生も普通に読んでるから違和感がないw



まぁ、この作品の素晴らしいところはこれだけギャグ要素を取り入れつつ、最後はちょっと胸がほっこりするような話なことですよねー
ジャスティスも最後に自分の名前がそんなに悪いものじゃないのかも・・・?と思ったでしょうし


名は体を表す、とも言いますが人に当てはめると一概そうとも言い切れないですからね
殺せんせーが言っていたように自分が歩いた道の上に名前がある、そんな認識の方がいいのかもしれません




しかし今回のあだ名で呼び合うという話になったとき、殺せんせーは皆が将来子供の名づけセンスを鍛える、と言っていました


今回ピックアップしたもの以外には
・野球バカ
・美術ノッポ
・貧乏委員
・キノコディレクター
・ゆるふわクワガタ
・ホームベース
・へちま
・毒メガネ
・ギャル英語
性別
変態終末期
・このマンガがすごい!!
・中二半
ポニーテールと乳
・すごいサル



センスはあるけどE組のみんなの将来の子供の名前が心配です(困惑)
(特にピックアップしたものと赤文字)




スポンサーサイト
不死身ラヴァーズ 3 これはきっと愛のお話

不死身ラヴァーズ(3)<完> (少年マガジンコミックス)不死身ラヴァーズ(3)<完> (少年マガジンコミックス)
(2014/03/07)
高木 ユーナ

商品詳細を見る



長谷部がオレの運命の人・・・
これがすべてだ




また一つ作品が終わってしまった・・・
どの漫画も作者の人、編集の人など関わった人達は面白いと思って世に出していると思いますが・・・それら全てが望んでいた結末を迎えることが出来るとは決まっていません

この作品も恐らくそうなんだと思います

「不死身ラヴァーズ」

別マガで連載されていて、1話のインパクトがとても強かったことを今でも覚えています
恋愛漫画の新しい境地を開いたんじゃないか、と個人的に思うくらい設定が素晴らしかった



好きな人と両想いになると相手が消える

そしてまた現れる



もうね・・・この設定勝ちみたいなもんですよ
この設定のおかげで主人公の甲野は何度も恋をするし、何度も結ばれる。でも甲野は一図に同じ人を好きになっているだけだから読者としても素直な気持ちで応援が出来る

ラブコメの一つの面白さとして主人公とヒロインが結ばれるまでのニヤニヤ展開にあると思うんですが、この作品には何度もそれがある
だからラブコメ好きとしては何度も楽しめてしまうんですよね


そんな設定勝ちみたいなところがある「不死身ラヴァーズ」でしたが、3巻という短い期間で連載が終了してしまいました・・・
ま、まぁ・・・手頃に読める冊数とも言えるよね!




そんな「不死身ラヴァーズ」最終巻の感想でもいってみましょ~!
あ、最初に言っておくとこの作品・・・一応第一部完という形なので、解明されていないことが結構あります

例えば何故長谷部りのは消えてしまうのか?


この作品の一番の謎とも言えるこの問題が解明されていません(笑)



じゃあこの完結でこの作品は一体何を描きたかったのか
これは読み手である読者によって様々な捉え方があると思いますが、僕は「愛のお話」だったんじゃないかなと思ってます

3巻のカバーをめくったページと反対側のページをくっつけると・・・ハートの形が出来上がります
そして二人のハートの間に何があるかって言ったら・・・二人のお話なわけです




2巻で何故か消えなかった人妻の長谷部りの
いや、人妻だから洗井りのか

甲野と長谷部りのが両想いになったら長谷部は消えます
どんな理屈かは分かりませんが、これがこの作品の絶対のルール

そして甲野は持ち前のまっすぐで人妻(正確には微妙に違うけど)長谷部とも両想いになりました
それなのに消えない長谷部

そりゃ甲野も長谷部の気持ちを疑うってもんですよ


皮肉にも一番長谷部に消えて欲しくないと思っているはずの甲野が長谷部が消えないことで長谷部の気持ちを疑ってしまうんですよね


なのでもしかしたら本当に長谷部はまだキョウさんへの想いの方が強いのか・・・?と思わず甲野も読者も疑った2巻ラストでしたが、なんてことはありませんでした
長谷部も甲野が好き
でも甲野のことを想うことに理性がブレーキをかけてた


それでも長谷部は真摯に向かってくる甲野に対して、最上級の愛の表現をします


つまり・・・・・消える





いやぁ・・・本当なんだよこれ!
毎回毎回心えぐられるんだよぉ・・・・・





しかし、ここまではこれまでと同じ
経緯は違うけど、甲野と長谷部が結ばれて長谷部が消える、これは変わっていません

ところが今回意外なことが起きます


なんと甲野に告白してきた花森さんでしたが、実は彼女も甲野と同じ経験をしていた!
ただ、花森さんは何度目かのループで現在の相手(実の兄)で諦めてしまっていました

いや、普通に考えてそうですよ
実の兄が相手というのも諦めるのには充分な理由ですが、何度も好きになって両想いになって、その度に相手を失うとか・・・精神的ダメージ半端ないことが続けばそりゃ心も折れますよ
人を好きになることってエネルギーを相当使います

それを何度も繰り返し繰り返し、そして失う


普通は花森さんのように心折れます。諦めます。もう恋なんてしないと思ったり、新しい相手を探したりします
でも存在自体がUMAみたいと言われるような甲野が違う!

もうひたすら愛を貫く!!
見ていて清々しいくらいに長谷部LOVE!(笑)


例え長谷部が男でも!!






・・・えぇ、男でも長谷部LOVEを貫くんです甲野は

最後の長谷部は男!それでも愛を貫く甲野の姿はやっぱかっこいいのですが・・・・・また両想いになって消えます
ただ消えたのは・・・甲野の方


なんと最後の最後で長谷部ではなく甲野が消えてしまいました
残った長谷部が甲野を想い甲野を探すとまた甲野は以前の長谷部のように全くの別人として存在しているんですが・・・今度は甲野が女性!しかもイケメン田中と同棲してる!

でも長谷部は諦めません
だって甲野を想うその気持ちは何度消えても何度も蘇るから




・・・というところでまさかの完結
いやぁ、もっと続きが見たかった。この後の二人はどうなるのか?
いつか二人とも消えずに幸せを掴む未来もあるのか?
というかそもそもなんで消えるのか?

など色々と言いたいことはありますが、やはり続きが読みたい
第一部完ということなので是非第二部を期待したいですな!



最後の番外編のエピソードが個人的には結構好きだったりします
愛する人を失いまるで心を失ったような甲野でしたが、やっぱりその穴を埋めるのは愛、という描写がすごく好み



しかし、最後の最後で色々と妄想が広がる終わり方をしましたねぇ
実は甲野の視点では長谷部が消えていたけど、長谷部の視点では甲野が消えていた、ということもありそう
だってよくよく考えると物語の一番最初の小学生長谷部のセリフが変わってますもんね

ずっと好きでいて、って小学生ならではの冗談か本気かと捉えていましたが、もしかしたらあの長谷部は既に何ループかした後の長谷部だったのでは?ということを考えてしまいます



全力で恋をして全力でかけぬけた甲野と長谷部
二人の愛の話の続きがまた読める日が来ることを楽しみにしたいです!!



ONEPICE 744話 よろしく頼むよ
うおぉぉぉお!
今週のワンピいいねー!

というわけで今週のワンピ感想をサクっといっちゃいましょう!


前回ルーシーの強力な一撃でコロシアムのリングから足場が消えました
これ先週は特に思わなかったですけど、確かにバージェスみたいにゴリゴリの力押しタイプは足場がないと踏ん張れないから力を発揮出来ないし、能力者であるディアマンテは海じゃなくても体の半分くらい水に浸かると力が入らないらしいし、とても有効的だったんですね~

そんなわけでコロシアム編はルーシーがあっさり敵を倒さずにして優勝!
これでメラメラの実はルフィたちのものだ!







って・・・食ったーーーーー!!?



えぇぇぇ!?
確かに渡さないぞって言ってたしエースのメラメラの実を食べるのであれば彼以上に適役はいないでしょうけども!
まさかこんなあっさり食べるとは思わなかったよ!

なにやら竜爪拳というものを身に着けており、バージェスとも互角に戦える実力がある彼が
エースが生前有していたメラメラの実を食べた・・・どんだけ強くなってしまうの

まだうまく能力を使いこなせてないようですが、火拳を放ってます(形が拳に見えないのは練習不足かな?)
火拳のエースからメラメラの実は彼に。


いえ、もう彼というのはやめましょう



メラメラの実を食べたのは・・・サボ!


かつて貴族であることに心から嫌気がさし、一人海に出ようとしたところを天竜人に沈められ、そのまま死んだものと思われたサボが生きていた
そしてルフィの兄エースが死亡し2年が経った後に再び姿を見せるとか!
更にエースの悪魔の実を食べるとか!!

テンション上がるっちゅーの



だって子供の時にサボはエースにルフィを任せたわけですよ
サボとエースの実力は互角でまだ幼かったルフィは二人のまさに弟という感じでした

サボは旅立ちの時にルフィのことも気にかけていましたが、エースに任せました。よろしく頼むよ、と


そして大人になったエースとルフィが再会したときにはエースは麦わらの一味にルフィをよろしく頼むよ、と任せるわけです
エースももちろんルフィのことを気にかけていますが、麦わらの一味になら大丈夫だと


その後、エースは頂上戦争で命を落としました
エースはその時にずっと問い続けてきた「自分は生まれてきてもよかったのか」という問いの答えを見つけ出し、笑って逝きました


人生に悔いをを残さなかったエースですが・・・一つだけ心残りがありました
それがたった一人の弟ルフィの「夢の果て」を見れなかったこと

ルフィの夢と言えば海賊王になることですが、わざわざ「夢の果て」と表現したこと、そして幼いころにルフィが叫んだ台詞が丸々カットされたことを考えると海賊王になること=夢の果てではなさそう


火拳のエースのたった一つの心残り、それがルフィの夢の果てを見ることだったわけですよ


それを・・・ルフィのもう一人の兄、サボが見るのかもしれない!
エースの「メラメラの実」を受け継いで!!


エースはサボが生きていたことも知らなかっただろうし、まさか自分の能力を受け継ぐなんて思ってなかっただろうけど・・・エースの声が聴こえてくる気がしますね


よろしく頼むよ、と



胸アツ過ぎる
コロシアムの賞品が「メラメラの実」だと分かった時点でここまでの流れが考えられていたというのでしょうか・・・
やはり尾田さんは凄い



しかしサボに関してはまだ謎なことがありますねー
革命軍参謀総長という凄そうな肩書を持っていますが、それ以上に気になったのがドフラさんの部下がサボの顔を見て「革命軍のNO2」と言ったことです


サボって革命軍のNO.2なん!?
確かにそれだと納得の強さかもしれません。しかも今回メラメラの実を食べて更にパワーアップしたし

サボは革命軍にいるんだろうな、とは思っていましたがまさかそこまで偉いポジションにいるとは・・・
でもそれだと気になるのがもう一つ


何故サボは2年前エースを助けにいかなかったのか?


一つ考えられるのはエースが言っていたようにあれはエースの冒険の末のことだから助けられるものではない、と考えたこと


でもコアラとの会話の様子だとサボはあの場にいなかったことを後悔しているようでした
ってことはサボはあの場所に行きたかったけど行けなかったと考えた方がいいのかもしれません
それは修行中だったからなのか、別の任務中だったのかは分かりませんが・・・


そしてもう一つ気になるのがドフラさんの部下やディアマンテはサボの顔を見て革命軍のサボ、って分かったこと
サボの立場を考えると世間一般にも顔が知れ渡っていても不思議ではありませんが・・・新世界、それも白ひげの下にいたエースはサボのことを何故知らないようだったのでしょうか・・・

気になりますね




そしてコアラ可愛い
・・・うん、なんかこれまでのサボ押しから凄く一転するなとは思うけど、どうしても言いたかったんです(笑)

幼いころのコアラも可愛らしかったんですけど、成長したコアラの可愛さがやばいですね
胸がめちゃくちゃでかいというわけではないですが、特筆すべきは絶対領域じゃないでしょうか

というか何あの格好。可愛過ぎんだろ・・・
そしてサボの帽子をがぽって被せてあげる様子・・・素晴らしいね(笑)




そんなサボとコアラも気になりますが・・・王宮もまた面白いことになっているわけで
前回キュロスの10年越しの一撃がドフラさんに届き、首チョンパしてました

ところが・・・ドフラさんは生きてた

生きていたことはあぁやっぱりなという感じなんですが、それよりも人形とかというわけではなさそうなことですよ問題なのは!
普通に首チョンパされたドフラさんが喋ってるんですけど・・・

しかも面白いのがベビー5、バッファロー、グラディウスはドフラさんが死んでしまったと思っていたのに対してピーカはさもドフラさんが生きていて当然、という様子だったことですね
やはり幹部連中よりも最高幹部連中のほうがドフラさんとの距離が近いんですね~


そして発動するらしいドフラさんの奥の手「鳥カゴ」
ローが驚いていましたが一体どんなものなのか・・・使わざるを得ない、って言うくらいだから積極的に使いたいものじゃないんだろうけど・・・


クライマックスに向かっているドレスローザ編
まだまだ気になります!


僕らはみんな河合荘 5 私がしたいから

僕らはみんな河合荘 5 (ヤングキングコミックス)僕らはみんな河合荘 5 (ヤングキングコミックス)
(2014/03/26)
宮原 るり

商品詳細を見る



私が
宇佐君が喜ぶもの
あげたいからあげる



ちょーっい!!
アニメも始まり勢いが増してきている河合荘ですが5巻も相変わらずニヤニヤさせてくれるぜ!!

宇佐と律ちゃんが少しずつですが・・・少しずつ距離が近づいているんですよ!
それは各巻の1P目を見ていただいたらわかりますね

1巻はガン無視されている宇佐
2巻は笑顔の宇佐と無表情で宇佐を見下ろす律ちゃん
3巻は読書に熱中している律ちゃんと一緒に読書する宇佐
4巻は二人で本について語っているシーン


もうここまででも二人の距離が近づいているのがわかりますね
宇佐が読書をするようになったからぐっと距離が近づきましたね

そして5巻・・・ゲームをしている宇佐の後ろから一緒にはまっている様子の律ちゃん


最高やで。だってこれまでは宇佐から矢印が一方的に出ているだけでしたが、律ちゃんからも宇佐に興味を持ってるというのがね


そしてそして!この二人の距離の近さを表すのが今回の巻に収録されていました!
それがこたつ回!

こたつと言えば宇佐も言っていましたが、心の距離も近まる感じがしますよね。気が緩むというか
そしてそんなこたつマジックが引き起こした奇跡!
律ちゃんは相変わらずこたつでも読書するんですが、宇佐が妖ハンしてると読書を中断して宇佐のところに近寄るんです!
そしてストーリーが気になるところだったのかさらに宇佐に近づく律ちゃん・・・無意識って怖いわぁ

しかもね!この素晴らしいところは二人とも横になった状態というのが素晴らしいよね(2回言った)
人はこれ以上他人に近づかれたら不快感を持つと言われるパーソナルスペースと呼ばれるものを持っているらしいです

日本人は割とこのスペースが大きい(心を許してない人にあまり近づいてほしくない)らしいですが、律ちゃんとかこのパーソナルスペースが特に広そうじゃないですか
その律ちゃんがこたつ効果もあってでしょうけど、宇佐との距離が数10cm単位のレベルでの近さですよ!
宇佐・・・よかったなぁ


まぁ、この後こたつハスハスして距離が開きましたけどww


3歩進んで2歩戻るくらいの牛歩っぷりですが、着実に二人の距離は近づいているんです
以前律ちゃんは宇佐が気に入りそうと思った本を図書館で借りていました。宇佐のために

そして渡す機会をずっと待っていたんですよ。毎日持ち歩いて!
さりげな~く、宇佐のために持っていたとは悟られないように貸すつもりだったんでしょうけど・・・いざ貸す時の不自然さと言ったら(笑)

そんなことをされたら宇佐じゃなくても喜びもだえるっちゅーの


またね、この新年を明けた瞬間の流れもいいんですよ
まず律ちゃんから「今年もよろしく」と言ったこと。これは素晴らしいことですよ!
今年もよろしくしたいと思えるような相手ということですからね!

そして更に宇佐が今年初メールとして律ちゃんにあけおめメールを送った時の少し照れくさそうな表情!たまりませんな!


だがしかし、ここまでは今までの律ちゃんと同じです。今年の律ちゃんは一味違うぜ!
宇佐のあけおめメールに律ちゃんも今年初返信をしようとしたんですが・・・その前に林から宇佐の下へあけおめメールが届きます
つまり律ちゃんにとっての今年初メールは宇佐だったけど、宇佐にとっては林

そしてその後も友人からあけおめメールが送られてくる宇佐を見て・・・律ちゃんはメールするのをやめるわけです。
・・・少し拗ねたような表情をしながら



っくぁーーー!何これ何これ何これ!!
少しずつしか進んできてないと思ってた二人の関係もいつの間にかそんなに進んでたの!?
林に軽く嫉妬してる律ちゃん可愛すぎやろ


そして林と宇佐が二人でいるところをどS小学生千夏と一緒に見てしまい、千夏があの二人は付き合ってるんだ、と言えば・・・


ち がうよ
林さん
他の人が好きだって言ってた もん



とか・・・何この可愛い生物保護しなきゃまずくない?
あまりこういうことで自分の意見を主張するようなタイプじゃないと思うんですが、否定する・・・いや否定せざるを得なかったのでしょうか

途中から我に返ったのかだんだん尻ずぼんでく様子がまたいいですな



そして迎える運命のバレンタイン!
林とすったもんだあった末に律ちゃんは宇佐に軽い気持ちでチョコをあげるのをやめます
恵むのをやめます。近くにいたからという理由で渡しません

何故なら・・・律ちゃんにとって宇佐はそんな小さな存在じゃないから


宇佐だから
宇佐が喜んでくれるから
自分が宇佐に喜んで欲しいから


だからチョコをあげる




・・・悶絶ものですわ

ホワイトデーの「あたり」といい全然かわいそうなんかじゃねぇ!!
羨ましいぞこんちくしょうっ!!




と思ったら一番かわいそうなのは真弓さんだということがはっきりと分かったラストでした
・・・・・真弓さん(;ω;)ブワッ

ニセコイ 準備セヨ!
何事も事前の準備って大事じゃないですか?
仕事にしても勉強にしてもそう。大事なプレゼンや試験の前に準備をまったくしてない人はいないと思うんですよ

逆に言えばいかに準備したかによって結果が変わるほど、準備というのは大事なことなわけで
試合の前にすでに勝負はついていた!的な



つまり何が言いたいかというとですね・・・小野寺さんの活躍に備えましょう、という話なわけです





何故か!
何故今更のように小野寺さんの活躍に備えなくてはならないのか・・・?

それは・・・小野寺さんが人気投票で二連覇したからに他ならないですよね!
優勝コメントこそ使い回しじゃねーか、と突っ込みたいレベルでしたが、そろそろ・・・そろそろ連覇を成し遂げた小野寺さん単独回が来るはずなんですよ


というのも意外に大健闘したるりちゃんの単独回が3話かけて描かれ、2位にまで上り詰めたマリーもお弁当回で活躍しました(寿司職人モードのマリーめちゃんこ可愛かった)

そして千棘も先週のお弁当の話のときにいじらしさMAXっぷりを見せつけてくれました



ということは・・・、ということはですよ!
そろそろ小野寺さんターンが来ちゃうんじゃないの?

コミィが何話先までストックを持っているのかは不明ですが、週刊誌という特徴的に10話以上先のストックはないと思うんですよ
ってことは・・・そろそろ連覇を成し遂げた小野寺さんの話があるはずなんですよ!


そんな今週の「ニセコイ」感想もとい小野寺さん感想いってみましょ~!!


盲腸で入院してしまった楽の下にお見舞いにくるとか小野寺さんマジ天使!



終了っ!!




え・・・?え??・・・・・・え?

ちょっと小野寺さん久しぶりだというのにあっさりしすぎてやしませんかねぇ・・・
るりちゃんが来れないと分かったら速攻で帰るとか・・・そこはもうちょい粘ろうよ!

というか、るりちゃんが小野寺さんが楽に惹かれる理由をほんの少しわかったよ、と小野寺さんに打ちあけて、動揺しまくる小野寺さんというシーンがあるかと思ったのにノータッチかよ!
・・・最近赤面小野寺さん分が足りない気がするんだ(遠い目)




アニメも好調ですが、今週からマリーが登場するし、マリー登場といえばそれと引き換えるように減った小野寺さんの出番・・・ということはアニメでもしばらく小野寺さんにニヤニヤできないのか・・・
ジャンプもこのままだと先につぐみ回とかをやられちゃいそうだなぁ




二人きり無人島に流された楽と小野寺は!?






!!?

おいおいおい・・・来たんじゃないの来たんじゃないの~?
ちなみに上の文章はジャンプの後半に載っている次回予告みたいなものです

それよりも問題なのは楽と小野寺さんが二人きりで無人島に流されるというシチュエーションですよ!
作中での季節は夏
そして今週では楽が盲腸になったからいけなかったらしいけど、皆で海に行く計画を立てていました


見える・・・見えるぞっ!
皆で海に行ったもののひょんなことから二人きりで無人島に流されてしまい(まずここで1話)、何故か突然雨が降ってお互い服が濡れたからそれを乾かすシーン、そして昔の話をしつつ少し核心に迫る話を二人でするシーンが見えるぞーーーっ!!



準備というものはとても大切です
訓練された小野寺さん派は小野寺さんターンが長くこなくても耐えることができますが、逆に突如訪れたときに対応出来ず「お・・・おう。・・・・・・おう!」となってしまうわけです

ジャンプの次回予告が次回行われる信憑性はめちゃくちゃ低いですが、今から小野寺さんの活躍に備えましょう
小野寺さんターンが来た時にマイナステンポで「おう!(ニヤニヤ)」となれるように


ONEPIECE 743話 再び呼ばれる名前
人はいつ死ぬと思う?


かつてONEPIECEの世界でこの命題に一つの応えを導き出した人物がいました
それはチョッパーの恩人であり、師匠であり、家族であったヒルルク

彼はこの問いに対する答えを「人に忘れられた時」と言っていました
これは実に的を得ているな、と当時の僕は思ったものです

だって、人は肉体的には死んだとしてもその人のことを知ってる人達、大切に想う人達の中では生きている
その人を覚えてる人、大事に想う人がいなくなったとき、人は死ぬんだなと少し哲学的かもしれませんが思うのです
つまり肉体の死=死ではないんですよ


しかし、しかしである
逆に全ての人から忘れられたらどうなのか?
親しい人々、実の娘を含む全ての人々から忘れられた時・・・それは死んだも同然ではないでしょうか


そう意味で行くと今のドレスローザ編って死人ばかりなんですよね
ドンキホーテファミリーの特別幹部、シュガーの能力によってオモチャにされた人々は他の人の記憶から消えてしまいます
それは人の記憶から消える=死ぬ、と考えからするとドレスローザには死んでいる人がたくさんいるんですよね

そしてそれは兵隊さんことキュロスも同じ


前回たった2話にして僕の心を鷲掴みにしたキュロスの過去編だったんですけど、この2話だけでもキュロスの無念さが伝わってきますよね
最愛の妻、娘にも忘れられ、恩人であるリク王にも忘れられ、一番無念なのは忘れられたからこそスカーレットが銃弾に倒れてしまったことじゃないでしょうか
そして体がおもちゃだったばかりに守ることも出来なかったし、最後のぬくもりを感じることが出来なかったこと


ですが、彼は反撃の機会を待ったわけです
最愛の娘レベッカに忘れられようとレベッカの傍にいつも居続け、待ったわけです

そして・・・ウソップによってようやくその機会が来たんです!
まさかのネタオチでしたがウソップの計算(?)によって見事シュガーが気絶し・・・呪いが解けました


そして今週のサブタイトルにもあった通りドレスローザに大パニックが起こります

もうね、そりゃ大パニックですよ
今までオモチャだった人や動物達がいきなり元の姿に戻るし、忘れていた人達にもおもちゃにされていた人達の記憶が戻ってくるし、オモチャにされていた人達はドフラミンゴへの反感を持っているし

ってかドフラさん政府関係者もオモチャにしてたんかい
そりゃオモチャにしてしまえば人々から忘れられるから問題ないのかもしれませんが、元に戻ったこれからはどうなるんでしょう・・・


そして!そしてキュロスも元に戻ります!!
この時をずっと待っていたというのがはっきりと分かるくらい人間の身体に戻ってすぐドフラミンゴを討つために向かうキュロス
またね、この構図がいいですよね

何がって、10年前と全く同じ構図なんですよ
10年前はシュガーに触られてしまったため、届かなかった剣。でも今はシュガーはいない
10年越しの想いを乗せたキュロスの一撃がドフラミンゴに届く!





・・・ってええええぇぇぇぇぇ!!!??
ちょっ!?

確かにキュロスの過去とこの10年の想いを考えるとキュロスの剣がドフラミンゴに届いて欲しいとは思っていましたが、首チョンパって!
ま、まさかドフラさんこれで終わりじゃないよね・・・?

しかし、ドフラさんはイトイトの実の能力者なので実体のあるパラミシアのはず
首が切断されては生きていられるとは思えません・・・今回首を斬られたのが実体であれば

ここで考えられる可能性が今回クビチョンパされたドフラさんはドフラさん本人(本体)じゃない、という可能性です
イトイトの能力で瞬時に自分そっくりと人形を用意した、もしくはゾロの前から突然姿を消したピーカが石分身みたいなのを用意したとかしか考えられませんが・・・

もう一つ考えられるとしたらあの場にローがいることですよね~
ローの能力の空間内であればドフラさん本人の首が切断されても元に戻ることも可能そうですし
この可能性が一番高い気もしますが、ローがここでドフラさんを助ける理由もなさそうだしなぁ・・・自分の手でケリをつけたいとか?
あ、ローと言えば気になったのが、彼の能力の便利なのって空間内を自由に操れることじゃないですか

あまりドフラさんとの戦闘描写が無かったのでなんとも言えませんが、描写があった限りではあまりローがその能力を活用しているようには見えないことですかねぇ
スモーカーとやりあった時のようにモノの位置を入れ替えて戦えるんだし、ああも一方的だったとが気になるなぁ



まぁ、きっとドフラさんはなんらかの形でまだ生きていると思いますが、それよりもやはりキュロスですよ
かつて人に忘れられることを望んだ獣は人間になり・・・人から忘れられてしまいました
それはワンピの世界では死んだと言っても過言ではありません

誰しもがキュロスの存在を忘れているからその名前を呼ばれることはありません
・・・厳密にいえばキュロスの名前を口にする人はいます

ルフィと最初に会った時のレベッカもキュロスの銅像を見てキュロスを伝説として語っていましたからね
・・・今考えるとこの時にレベッカが自分もこの像好きと言ったのが感慨深いですね

そしてオモチャにされてすぐドフラミンゴの下からリク王を助けた後にリク王もキュロスの名前を耳にはしています


でもこれらは「口にした」「耳にした」だけ
キュロスという人物を認識して呼んだわけではありませんでした


それが・・・10年越しにその名前が呼ばれるわけですよ
そしてそれに力強く応えるキュロス。胸がアツくなるな




一方コロシアムではまだ名前ルフィに再びその名前を呼ばれていない(はず)の人物が派手に暴れていますね
彼はワンピの世界で言う「死んだ」わけではありませんが、ルフィが彼の名を呼び、それに応える彼の姿も早く見たいぞ!

ONEPIECE 741話 愛が生まれた日、そして死んだ日
ドレスローザもいよいよ各地での戦いが本格的に始まり佳境になってきましたね~!

オモチャの家の前ではフランキーvsマッハバイス、セニョール、そして海軍
地下交易港ではウソップvsシュガー、トレーボル
王宮ではゾロvsピーカ
コロシアムではサボvsバージェス

という具合で各地で激しい戦いが始まってます



・・・が!今週のワンピでなんとそのうち2つが終わってしまいました

早っ!!Σ(・ω・;)
これは人により意見が分かれるところかもしれませんが、僕は割とワンピの個人対個人のバトルだったり、回想が好きだったりします
じっくり丁寧に描くと「話が長い」という意見もあるかもしれませんが・・・

戦いの中でも成長があったりするじゃないですか?
例えばウソップ!

アラバスタ編でのチョッパーと一緒に戦ったvsミスメリークリスマス&Mr.4のペアとの対決は僕の中でも指折りのお気に入りのバトルだったりします


ウソップと言えば口八丁、嘘八百を得意としていますが、どうしても強者との戦いになると覚悟を決めるまでに時間があかかります
この時の戦いでもウソップはピンチになったときは逃げようとしていました。
でもこの後の展開は鳥肌もんだったし、ウソップの中でも屈指の名言も生まれました

例え自分にはどうしても勝ち目がない相手だったとしても、戦わなくていけない時がある
仲間の夢を笑われたときには戦わなくてはいけない、仲間の誇りを守るために


このときのウソップの決意とその覚悟は現在のウソップにも生きています
今のドレスローザでの戦い

ウソップは逃げる気満々でしたが、トンタッタ族の馬鹿正直に信じる心、そしてそんなトンタッタを嗤う敵に対してウソップは戦うのである
何故かって?・・・・・仲間の夢を笑われたからですよ!!


ウソップは2年前から実力的には成長しましたが、ドンキホーテファミリーの最高幹部トレーボルを相手にするには残念ながら実力不足と言わずにはいられません
いや、それでも覚悟を決めたウソップなら!ヒーローなら何かやってくれるかもしれない!
だってよく思い出してみてくださいよ

ウォーターセブンでのウソップとルフィの大ゲンカを
あのときもウソップはルフィには勝てるわけはありませんでしたが、僕は正直ウソップがあそこまで善戦できるとは思ってませんでした
きっと覚悟を決めたウソップならまた何かやってくれる!



・・・・・って瞬殺かよ!!
何やら壮絶な戦いが繰り広げられた様子が描かれたと思ったら、やられてました・・・
せめて戦いのシーンを描いてくれよ・・・ってかこれウソップが勝てなかったらポジショニング的に誰がトレーボルと戦うんだろう・・・

そしてSOP作戦が成功しなかったらオモチャたちも解放されないし・・・いったいどうなるんだ、と思ってたら・・・・・まさかのギャグ落ちかよ!!ww


まぁ、シュガーはあのグレープを毒入りだと勘違いしていたらしいし、ウソップのあのリアクションには驚いても仕方ないのかな・・・?(困惑)



そしてフランキー!
頼れる兄貴分のフランキーで将軍モードになったときはちょっとしたチートじたみたものになっています
ドンキホーテファミリー幹部のベビー5とバッファローを相手にしても傷一つつけるのが精いっぱいなレベル
だから今回もきっと勝ってくれる!

・・・と思ったら負けたのかよ!!
さすがに将軍モードじゃない状態で幹部二人と海軍本部中将は相手が悪かったかぁ・・・ってか多勢に無勢すぎたな~

というわけでめちゃくちゃはしょられた二人のバトルでしたが、今回尾田っちはさらに短くしたものがあります
それがキュロスの回想


てっきり僕はこのキュロスの回想も1か月は続くと思ってたのにまさかの2話で終わりかよ!
しかし!!しかしである!!


僕は今回のキュロスの回想で尾田っちの新しい可能性を見ましたね
なんでって、このキュロスの回想は今までの回想と比べてかなり短いものでしたが、めちゃくちゃぐっと来るんですよ


過去に殺人を犯し、人々から恐れられる存在になったキュロス
それでもコロシアムではその強さも才能になります。瞬く間にコロシアムで100勝してしまいます
コロシアムで100勝したら自由の身なのですが、キュロスのかつての罪が消えるわけではありません。人々はキュロスを恐れていました

だからキュロスはそのままコロシアムに留まり続け戦い続けます
いつか人に望まれる存在になるために



そしてついに三千勝したときにリク王の計らいによりコロシアムから出て、国の護衛兵として力を活かすことになりました
それでもキュロスを認めない人物がいました
その人物こそが・・・スカーレット


でもね、ここから始まる二人のラブストーリーがね、素晴らしいんですよ
汚れた手で自分たちに決して触るな、と言っていたスカーレットが海賊にさらわれた時には颯爽と助けに現れたキュロスはスカーレット触ってしまったことに対する謝罪とか

そしてそんなキュロスに次の日から弁当を作るスカーレット


・・・チョロい!ww
だがそれがいい!!!

来る日も来る日もキュロスに猛アタックをしかけいつの日かキュロスも心を許し、二人は結ばれました
そしてレベッカが生まれ、・・・あの悲劇の日が訪れます


キュロスは一人ドフラミンゴたちに挑みますが、シュガーに触られてしまい、人々の記憶から消えます
皮肉にもかつて自分が願ったように

それでもキュロスは王を助けた後にスカーレットとレベッカを助けます
そして二人が待つ約束の地に向かおうとしましたが・・・悲しいことにキュロスの存在は二人にも忘れられているんです

キュロスとの約束を覚えてないスカーレットは町に訪れ、銃弾に倒れてしまいます
そしてそれを目撃してしまうキュロス

もうね、このシーンが悲しすぎる
ワンピ的に言えば銃弾に倒れたスカーレットは今後もレベッカやリク王、ヴィオラ、キュロスの中で生き続けています
忘れられていないから

でも人々から忘れられたキュロスは・・・死んでいるんです
愛する者を守れなかった、忘れられてしまった、そして何よりその最後のぬくもりを感じることが出来ない

ワンピの中でもかなり悲痛な過去を持つ人物です


でもキュロスにも希望があります。それこそがレベッカ
最愛の娘の中からも死んでしまったキュロスでしたが、それでもそばに居続けました

その中でもやはり印象的なのがレベッカの「暖かい?」という質問に対する回答ですよね!
今のキュロスの体はブリキでできているので、温もりを感じることが出来ません。
それでもキュロスは答えるんですよ。暖かい、と

何が暖かいってキュロスの心ですよね
今回の回想で明らかになりましたが、実はキュロスは実の娘のレベッカに直に触れてないんですよね
自分の手は殺人を犯した汚れた手だから、と考えて。だから純粋なレベッカに触れるときは手袋をしていました

そんなキュロスがブリキの体だったからこそ初めてレベッカに触れたシーンだったと思うんですよあの時


でもね、僕には見えるね
SOP作戦が成功して、生き返ったキュロスが直にレベッカ触れる様子が


きっとその時にはキュロスの身に起きた悲劇も踏まえて泣いてしまうんだろうなぁ





プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。