小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニセコイ 110話 報われない娘の話
少しゲスい話をしましょうか



人にはそれぞれ性癖というものがあります
極端な例を上げるとMだったりSだったり、のぞき魔だったり、露出狂だったりと様々です


これは世間一般の人と少しずれてるな、と思ったとしてもどうやめることが出来ないもの、それが性癖です


そんな性癖と同じように人にはそれぞれ好みの属性というものもあります
ツンデレであったり、メガネっ娘であったり、男の娘だったり・・・こちらも様々です



そんな数ある属性の中で僕の好きな属性は・・・報われない娘属性

それはかつての「いちご100%」の東城だったり、「いでじゅう」の中山ちゃんだったり、ねじまきカギューの紫乃ちゃんだったり、「四月は君の嘘」の椿だったり、「我妻さんは俺のヨメ」のシルヴィア、伊東蘭だったり、「ハイスコアガール」の小春さんだったり


主人公との距離が決して遠いわけではないけど、報われない


いや、僕個人としてはやはり好きなキャラには幸せになった欲しいと思いますよ?
思いますけど!


でも・・・一つの恋が終わる時の彼女達の破壊力、それが僕の心を鷲掴みにするんですよ
そう、まるで自分ではどうしようもない性癖のようなものです

好きなキャラには幸せになって欲しいと思いつつも、彼女達が最も輝く瞬間を見てみたい、という気持ちもあるのです

中には報われない娘だと思ってたら報われた、というパターンもあります
それはそれでいいのですが・・・報われない娘が本当に報われなかった時の破壊力は相当なものがあるんですよ


光の裏には影あるように、勝者の裏には敗者がいます
最近の小学校なんかでは優劣をつけないためにかけっこは皆仲良く手をつないでゴールする、というところもあるらしいですが・・・敗者はそんなに駄目なのか?と僕は言いたいわけですよ

人生どうしてもいつかは勝つ、または負ける経験をするわけですよ
でも例え負けたとしても・・・本気で取り組んだからこそ、勝てなかったことが悔しいし、残念だと思えるのではないでしょうか


真剣に人を好きになって、想いを寄せても届かない・・・そうやって散る儚気な一瞬がとても尊いものだと思うのです







とまぁ、真面目っぽい話を長々と書きましたが、要するに・・・



小野寺姉妹ですよ!!




僕は「ニセコイ」という作品の中では全ヒロインズが好きですが、その中でも小野寺さんが特に好きなわけですよ
他の小野寺さん好きの方には申し訳ない、と思いますが・・・僕が小野寺さんに惹かれたのはその圧倒的「報われない娘」オーラなんです

しかし、実際には小野寺さんと楽は両想いなのでどっちかがあと少し勇気を出せば二人は付き合うことになるかもしれません
というかぶっちゃけ早くくっつけよ、とるりちゃんが言いそうなことを思ったりします


しかし・・・小野寺さんは告白しようとしたタイミングでことごとく全てを無に帰されています
読者には2回連続で人気投票1位になる程愛されつつも、神に愛されてない小野寺さん・・・


いや・・・本当、一番最初の告白の時に何もなかったら絶対二人付き合ってたでしょ


更に海でのキス発言も楽の「こいつ本当に小野寺さんのことが好きなん?」と思ってしまうような行動により無かったことになってるし・・・



僕は「報われない娘」の恋が実らなくて、儚く散る瞬間が好きです
なので小野寺さんも最初はそういった目線で応援していたのですが、あまりの神からの愛されてない仕打ちを見てると・・・「この娘はもう報われてもいいんじゃないか」と思ってくるのです


確かに小野寺さんは今週の話でもその片鱗を見せたように小悪魔要素を持っていますが、普段はそれを全く感じさせない奥手っぷり
そんな娘が勇気をふりしぼっての行動が偶然なかったことにされる

もう・・ええやろ・・・・・(ノ△T)


そんなわけで僕は「報われない娘」の中でも小野寺さんだけは例外的に本気で結ばれて欲しいと思ったりしてます



そして今まで「ニセコイ」で圧倒的な報われない娘オーラを出していた小野寺さん
しかし・・・しかしですよ!最近はそんな小野寺さんに匹敵する程、もしくは超えかねない程の報われない娘オーラを放つ娘が「ニセコイ」にいるんですよ!!


それが・・・小野寺春!
小野寺さんの妹で、登場が今か今かと待っていた時期がありました

しかし・・・登場してみたところ小野寺さんに似てるし、千棘にも似てる・・・まぁ、ぶっちゃけて言えば小野寺さんと千棘の劣化版って印象だったんですよね・・・

楽に対して反抗的な態度は取ってはいますが「この娘明らかに楽に墜ちてますやん・・・」って様子が最初っからプンプンだったんですよ

僕個人としては一つの恋が儚く散る瞬間も好きですが、人が恋に落ちる瞬間も同じくらい好きなわけですよ
しかし、ただ簡単に墜ちるのでは駄目なのです

それではただのチョロインです
僕が求めているのはそこに至るまでの過程です。何故その人を好きになるのか、何故その人に恋したのか
それが大事なのです


某作品に乗っ取って言いましょう


ただのチョロインには興味がありません!!
この中に報われない娘、これから恋に落ちる予定の娘、恋が上手く行った後にもニヤニヤさせてくる娘がいたら出てきなさい!!



おい!そこ!!
今週単独回があったつぐみの悪口はやめるんだ!!

可愛いは正義!それもまた真理なのだ・・・




話を春ちゃんに戻して・・・まぁ、要するにこれまでの春ちゃんには個人的にグっときてなかったんですよ
ですが、夏祭りで楽と千棘が偽物の恋人同士であることを知ってからの春ちゃんはどうしたことでしょう

僕が大好きな報われない娘オーラがプンプン出てます


えぇ・・・残念ながら報われない娘のオーラです
何故なら・・・小野寺さん(姉)がいるから!

春ちゃんは楽に惚れてしまいましたが、小野寺さんのことも好き
どっちも大切に想う春ちゃんが選んだのは・・・楽を諦めること

この一つの恋を諦める瞬間、僕の中で春ちゃんの可愛さが最高潮になりました

いや、なったと思いました

ところがですよ!
先週の話!!(先週の話かよ)


春ちゃんは楽のことを諦める意味もこめて、小野寺さんと楽の関係を応援しようとするんだけど、頼れるお姉ちゃんモードい入っちゃった小野寺さんは逆に楽と春ちゃんにもっと仲好くなって欲しいと思っちゃって行動する、というね

諦めなきゃ、諦めなきゃ、と思ってるのに楽に見つけてもらえてしまって自然に喜んでしまう
そして楽から貰ったものを捨てようとするものの、捨てきれずにケータイにつけてしまう・・・


やっべぇ・・・この娘めっちゃ報われない娘オーラ出てるわ


これは今後の春ちゃんの活躍から目が離せなくなってきたな!!



以上、少しゲスい話でした~


スポンサーサイト
ニセコイ 109話 初めての恋が終わる時
人気投票で衝撃の展開があった今週の「ニセコイ」の感想でも!

今週はカラーで人気投票の結果も発表されてましたが、バレンタインが近いということでヒロインズ全員がチョコをプレゼントする様子もカラーで収録されてましたね!

私服姿も含めて小野寺さんがべらぼーに可愛いのは言うまでもないんですが、なんで小野寺さんここではハート形のチョコなんだ・・・
楽にあげる時にも次はハート形でよろしくお願いします!

しかし、各キャラ「チョコをあげる」というシチュだけなのに、中々個性が出てますね~
千棘も「仕方ないわね」という言葉が聞こえてきそうながらもそれでもくれるんだ感が出てますし、つぐみなんてすごく照れ臭いんだろうな、というのが分かるほど顔赤らめてるけどチョコがチ○ルチョコってのがいいですなぁ

春ちゃんの少し困ったような表情で渡すのもいいし、るりちゃんのぶっきらぼうな渡し方もいいです!

そして前回、そして今回の人気投票で波乱を呼んだマリーは・・・さすがですww
この娘まったくブレねぇっ!!ww

チョコなんていらなかったんや!!




本編でも
前回不安でいっぱいになってしまうほど1年生の頃の夏を思い出すような展開でした

だって春ちゃんと1年前の千棘がデジャヴりまくりだったんですもの!
楽のことを嫌っていたけど、少しずつ楽に惹かれていき、もう好きになる直前、というこのタイミング!そして時期!!

千棘の時は凄いことになりましたからね・・・
キスがキムチに聞こたという予想外過ぎる展開でしたからねぇ

そして今回も春ちゃんが楽に王子様について聞いた時もちょうど大きな花火が上がってて楽が「え?なんだって?」というにはもってこいの状況でした


これはもしかして姉小野寺さんのように肝心なところを聞かれてないパターンがあるんじゃないか、と不安でいっぱいでした



しかし、今回は大丈夫でした
ちゃんと楽は聞こえてました。ですが、楽的にはこれまで何度も自分が王子様だと言っても怒られた過去があるので、今回もまた怒られるかも、と思って誤魔化します
これまでは春ちゃんもそれで納得してたんですが、まぁ・・・あまり上手に誤魔化せてるとは言えませんもんねぇ
それで今回は気付いてしまいました


そしてついでに前回楽が春ちゃんの浴衣をスルーした理由も判明
な、なるほど・・・そんなことあったな~。全然気付きませんでした(笑)


しかし、楽のそんな優しさを知った春ちゃん、そしてそのタイミングで上がるお結び玉
そりゃ好きになっても仕方ないですね、王子様ですもん



・・・ねぇ、一つ疑問なんだけど楽はなんで小野寺さんの前以外だとこんなにフラグ立てれるの?
アンタが立てたなきゃいけないのは小野寺さんとのフラグやで!(ノ△T)


楽のことを好きになった春ちゃん
じゃあせっかくのお祭りなんだし楽しまなきゃと思って楽しむんですが・・・その姿はどこか儚気・・



何故儚気なのか?
それは春ちゃんが姉の小野寺さんのことも大好きだからですよ!

姉妹で同じ人を好きになってしまった
でも小野寺さんと楽は両想い、そして春ちゃんは小野寺さんも好き


そんな複雑な境遇な春ちゃんが出した結論は・・・楽を諦めること
初めての恋は自覚してすぐ終わってしまった・・・でもこの恋はきっと春ちゃんの人生の中での大きな財産になるはず!



いや~、やはり一つの恋が終わる瞬間というのは見てて切ないですねぇ
しかもそれが初恋ならなおさら

しかし、それでもろうそくは消える直前に火が燃え上がるのと同じように一つの恋が終わる瞬間、少女の輝きがますのも事実
これまで個人的に春ちゃんはあまりグッと来てなかったんですが、今回の春ちゃんの泣き顔は素晴らしかった!

しかしもう春ちゃんはヒロイン争いから離脱してしまった・・・・・







ってしないのかい!
まぁ、ほとんど今回春ちゃんが決意したように小野寺さんを応援する、という気持ちは余程のことがない限り変わらないだろうけど、やっぱすぐに吹っ切れるものじゃないですからね~
しかし、いつかは吹っ切らないと辛くなるのは春ちゃん自身やで・・・


春ちゃんの今後に期待!


ONEPIECE 737話 コロシアムがやばい!
今週のワンピ感想でも!

前回ヴァイオレットにも気付かれずに、ラストで壁から突如現れた最高幹部のピーカ
ヴァイオレットは他の誰に見つかろうとも特にこのピーカに見つかってはドフラミンゴには到達出来ないとまで言っていました
一体何故・・・?


そこまでピーカは強いのか・・・?と思ってたら少しベクトルが違いましたね
なんとピーカは「イシイシの実」の岩石同化人間!

ただ身体が石になる悪魔の実ではなく、岩石と同化することが出来るそうです
だから前回千里眼のヴァイオレットも接近に気付かなかったんですね~

しかしこれはかなり厄介そう
もはや今のゾロとかなら岩石を斬るくらい余裕そうですが、問題は硬度じゃなくて、王宮が石で出来ているということでしょう

今回ピーカがやったように壁と同化して挟むもよし、ルフィ達の足場だけ失くすのもよし、ルフィ達が攻撃しようとした時に死角から壁を伸ばして攻撃するのもよし、ととにかくピーカにとって有利過ぎます

しかも最高幹部にまで位置づけられているくらいですし、ただ岩石と同化出来るだけとは思えません
となると戦力的には一番強いルフィとゾロのコンビですが、苦戦するかもしれませんね~


しかし、同化と言われるとロギアに近い能力のような気がしますね「イシイシの実」
ロギアと違って実体があるのでダメージは受けるのかもしれませんが、壁から壁、もしくは地面に本体が移動してダメージを与えられないとかもありそう
というかピーカはこんな能力なんだったらなんで鎧っぽいのをつけてたんだ・・・いらんでしょw





そしておもちゃの工場では遂にキャベツまでおもちゃに!
どうやらシュガーの能力発動の条件はタッチして契約を結ぶ必要があるっぽいです

もしかしてそのためにトレーボルの能力使ってる?
というかあっさりトレーボルも能力名判明しましたね~

最高幹部の3人はディアマンテが「ヒラヒラの実」
トレーボルが「ベタベタの実」
ピーカが「イシイシの実」

んでボスのドフラミンゴが「イトイトの実」


その他に判明してるのが
セニョールの「スイスイの実」
ベビー5の「ブキブキの実」
バッファローの「グルグルの実」
モネの「ユキユキの実」
シュガーの「ホビホビの実」
ジョーラの「アトアトの実」
ヴァイオレットの「ギロギロの実」

名前は判明してないけど能力者ぽいのが
マッハバイス、クラディウス、ヴェルゴかなー

デリンジャーとラオGはまだ能力使ってるっぽい描写ないから不明




・・・ちょっと能力者多すぎませんかねぇ
いくら新世界には悪魔の実の能力者がたくさんいるにしても一海賊団にこんなにもいるものなのか、と
白ひげ海賊団みたいに人数が多いなら分かるんですけども

あと更に気になるのはモネ以外全員がパラミシアということでしょうか
悪魔の実にはパラミシア、ゾオン、ロギアの三種類がありますが、この中でも最強種と呼ばれるのはロギア

覇気の登場によりようやく太刀打ち出来るようになりましたが、覇気がなければそもそも弱点を突かない限り攻撃を当てれない程チートです
中には覇気の存在のよってロギアが弱体化した、と言う人もいますが・・・弱体化したんじゃなくて、覇気によってようやく同じ立場になった、と捕えた方がいんじゃないかな、と

覇気を習得していてもやはりロギアは強く、覇気を纏った攻撃が当たる前に能力発動したら避けれるし、相手よりも強い覇気を纏ったらそもそも攻撃が効かない、ということも考えるとやはりロギアは強いです

そしてこれだけ能力者がいるのにロギアが少ない・・・それともロギアじゃなくても闘える、という意味なのかな?


しかしロギアよりも分からないのがゾオン系が一人もいないこと
だってドフラさん達が作っている「SMILE」こと人造悪魔の実はゾオン系の能力なんですよ
なのにドンキホーテファミリーは誰もそのSMILEを食べてない

SMILEを作った時には既に全員能力者だった、という可能性が大きいでしょうけど、SMILEにあるという副作用の影響もあるのかなー?
そういえば副作用ってなんだろ?

まだ能力者じゃなさそうなでデリンジャーやラオGとかが食べててもおかしくないけど、もしかしたら副作用を恐れてドフラさんが仲間には食べさせてないのかもしれませんね~





そしてもう一つ激戦が繰り広げられているのがコロシアム!
遂にバージェスの戦闘シーンが!!

なんだこのエルボー・・・・・客席に風穴空いとるがな・・・
これは単純にエルボーが凄いのかそれともバージェスが着けてる防具っぽいのがすごいのか・・・


そしてそんなバージェスを迎え撃つルーシー!!
かっこよすぎでしょ!!


やはり覇気が使えるらしく、しかもかなりの高いレベルっぽいです!
バージェスのエルボーに対して覇気を纏った手で互角、いやバージェスの防具が壊れたからむしろ上・・・?

それにしても技名は「竜の鉤爪」ですか
一体何を思って彼はこの技名を付けたのか非常に気になりますね

未だにパンクハザードのドラゴンに天竜人が付けたという名前も分かりませんし、天竜人とはある王国を倒すために集まった20の王国の王族のはずなのに何故か竜って名前がついてるし、革命軍のリーダーの名前はドラゴンだし・・・

竜関係の描写があるとついその辺りがかかわってるんじゃ?と疑ってしまいます(笑)




そして今回それ以上に気になったのが黒ひげ海賊団ですよ!
実況曰く成り上がりの海賊、黒ひげにはそれを支える10人の船長がいるらしいです

バージェス、ラフィット、ドクQ、オーガーの最初からいた4人
バスコ・ショット、カタリーナデボン、サンファンウルフ、アバロピサロ、シリュウのインペルダウン組

うん・・・9人しかいませんね
いつの間にか黒ひげ海賊団一人増えてるがな・・・・・一体新しく入った人物はどんな人物なのか?
気になります!


ニセコイ 第二回人気投票結果発表!! そして僕らは再び衝撃を受ける
小野寺さんの優勝で幕を閉じた第一回人気投票から時は経ち・・・再びヒロイン達の戦いの幕が開けました
そう・・・




第二回ニセコイ人気投票!!




第一回の時期は千棘無双ってくらい千棘が優遇されていて、小野寺さん、つぐみ、マリーはあまり活躍していませんでした
そんな状況で千棘が人気投票で1位を獲ってしまったら他のヒロインズの出番は更になくなるんじゃないか・・・?
という懸念で僕はいっぱいでした


誤解して欲しくないのですが、僕は千棘が嫌いなわけではありません
でも、他のヒロインズにももっと出番を回すためにも人気投票では1位になって欲しくないな、と思ってました

ネット上だと小野寺さんが人気っぽいけど・・・と不安半分、もしかしたら革命が起きるかもという期待半分で応募しました



すると・・・・・



1位 小野寺さん
2位 千棘
3位 つぐみ
4位 マリー


という順位に!!
いや~、これは結果が分かった時は感無量でしたよ(笑)

これで小野寺さんもエア寺さんとか言われないでちゃんと活躍の機会が与えてもらえる!
だって読者の人気投票で1位だもんね!

ちなみにその時の小野寺さんのコメントがこちら


わ・・・わたしで本当にいいの・・・?


他のヒロインズを押しのけ1位の座に輝きながらも控えめな姿勢を忘れない、いい娘ですわ(´▽` )




しかし、小野寺さんが1位ということと同じくらい僕たちに衝撃を与えたのがマリーのコメント


私に一人で1500票手描きで送ってくださった、千葉県のYさんに特別な感謝を・・・





1500票!?しかも手描き!!?


ハガキ代、切手代を考えただけでもすごいですが、何より手描きって・・・Yさんの愛がすごいです
しかし悲しいかな・・・マリーの順位は4位
しかもYさんの1500票があってもなくてもマリーの順位は変わらなかったという・・・



しかし、しかしですよ!
じゃあYさんの1500票は無駄だったのか?Yさんのマリーへの愛は無意味だったのか!?


そんなことありません
ちゃんとYさんの愛の行動には意味があったはず、価値があったはず


それがきっと第二回の人気投票で分かるはず!!







第2回人気投票結果


1位 小野寺さん

2位 マリー

3位 千棘

4位 るりちゃん

5位 つぐみ




うおぉぉぉぉぉ!!マリーが2位!!
千葉県のYさんおめでとう!!


いや・・・マジですごいなこれ
だって第一回の人気投票以降にマリー単独の話がそうあったわけでもなく、ネタキャラ化が懸念されることもあったのに・・・
きっと千葉県のYさんの心意気に心動かされて今回マリーに投票した人もいるじゃないかなー

まさかまさかの千棘を抜いての2位とか・・・びっくりですよ!
しかも{}書きで千葉県のYさん名指しされてますので、またたくさん応募したんでしょうね


来週人気投票の感想戦があるらしいのでそれが楽しみです!



そして意外に人気のるりちゃんがつぐみより順位が上の4位というのも今回の驚きでしたね~
確かにウチのブログや他所のブログの感想とかコメントでもるりちゃん好きという人いますもんね

彼女もいつか恋をするオーラがぷんぷんにおってますので、第三回の時にはもっと票を伸ばす可能性も・・・?




前回に引き続き1位を獲得した小野寺さん
その喜びのコメントがこちら!!


いいのかなぁ
私で・・・




いや~、2回連続で1位を獲得しておきながら謙虚さを忘れないその心!くっ~、ホンマええ娘やでぇ!!
・・・あれ、そういえば小野寺さんって第一回の時ってなんてコメントしてたっけ?


第一回コメント
わ、・・・わたしで本当にいいの・・・?

第二回コメント
いいのかなぁ 私で・・・






コメントほぼ一緒やがな・・・(´・ω・`)



弱虫ペダル 32 インターハイ6人目の席

弱虫ペダル 32 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 32 (少年チャンピオン・コミックス)
(2014/01/08)
渡辺 航

商品詳細を見る




ボクは6人目になるんだ!!



相変わらず弱ペダはアツいです!激アツです!
アニメでは1年生の頃の合宿編、僕の好きな手嶋先輩達2年生コンビvs1年生コンビで盛り上がってるし、チャンピオン本誌では合宿編で盛り上がってます

そしてコミックス・・・これがまたアツいのなんの


総北はインターハイで優勝しました
そして次のインターハイのメンバーはキャプテンの手嶋先輩、副キャプテンの青八木先輩、そして2年生トリオ
今決定してるのはその5人

つまり後一人、誰かインターハイメンバーを新たに決めなきゃいけないんですよ

そんなインターハイ6人目の席をかけて名乗りを上げたのが・・・表紙にもなってる杉元!!




いや~、アニメ組からしたら「お前かよ!!」感が凄いでしょうけど、コミックス派は違います
確かに最初はお前かよ!と思いましたけど、そう思わせないだけの迫力が彼にはありました

今までの軽い杉元はそこにはいませんでした
いたのはただ真剣にインターハイの6人目を狙う一人のロードレーサー


でも1年生にも有望株がたくさん入ってきてます
そりゃそうですよね。前回の優勝高だから憧れて入ってくる人も多いです

そんな中6人目のメンバーを決める勝負に選ばれたのは・・・1年生レース



当たり前ですが、杉元は2年です。1年ではありません。
1年生レースからメンバーを決めるとなると杉元は確実に選ばれません

去年の成績がよければそれを考慮してメンバー入りも考えられたかもしれませんが、去年の杉元の1年生レースは結果こそ3位でしたが、今泉、鳴子、小野田とは全く競いあわず、他が遅かったから、そして小野田がリタイヤしたからの3位でした
お世辞にもいい順位とは言えません


そんな杉元はインターハイメンバーに選んでもらうためになんと・・・1年生レースに出場します
先輩としても絶対に負けられない、でも杉元は参加することを希望しました


そして始まったレース
1年生から早速ずるいけど勝つためには有効な提案をされますが、それをきっぱり断る杉元
おぉ・・・本当に本気なんだなぁ


しかし・・・杉元に才能があるかどうかは話が別
1年生の中には、大人に交じって練習し、そのチームでレギュラーを掴んでいた二人がいました
それが鏑木と段竹

二人であっという間に集団から飛び出します
かろうじて付いて行った1年生も早々に振りきり・・・これはもうこの二人で決まりか、と思ったら・・・杉元!!

二人の加速に付いて行き、食らいつきます
そして・・・抜く!!

更に杉元が得意とするロングライドで一気に差をつけて逃げ切ろうとしたのですが・・・ギリギリで気付いた二人に追いつかれ、抜かれてしまいます・・・


杉元の練習に少しだけ付き合った今泉からの応援もむなしく・・・追いつけません
完全に逃げ切るつもりだった杉元でしたが、そのプランも崩れ、更にとどめのように追いつけない、ここで心が折れてしまいます


そもそもの才能も恐らく二人の方が上ですし、なんといっても相手は二人

これまでにも何度か説明されているように一人で走るより二人で走った方が速いんですよ
一人が風よけになってもう一人が足を溜めれますし


でも杉元は一人・・・
今泉も言っていますが、実力的には杉元はもっとやれたそうです。ただ一緒に支え合う仲間がいなかっただけ
折れそうになる心を支える仲間がいなかっただけ


杉元の挑戦は終わった・・・かと思われましたが、実は一人だけこのレースに杉元の味方が参加していました
それが弟の定時!!

彼の登場により諦めかけていた杉元の心が・・・切れたと思っていた勝利への糸が繋がります
届かないと諦めた勝利の糸に手が届いた、掴めた


あとは・・・絶対に離さないで手繰りよせるだけ!!



一方の鏑木と段竹は杉元が何故ここまでやれるのか驚きながらも必死で逃げます
ただせっかく掴んだ糸、簡単には手放しません


そして最後のゴールスプリント
初心者の定時が一番に落ちます

そして次に・・・鏑木の発射台になってその後にゴールする予定だった段竹でしたが・・・杉元に抜かれます


最後は杉元と鏑木



杉元にはモーソーとも言える一つの夢がありました
それはインターハイの最後でエースである今泉をアシストすること

最高の位置までエースを送り届け、発射させる

それが彼のモーソーであり、夢であり、今回インターハイに懸ける原動力でもありました


そして一人ではとっくに諦めていた杉元の背中を押してくれた今泉、折れかけた心を支えてくれた定時
この二人に支えられ、ゴールを目指す杉元

ゴール直前に杉元自信が思うことですが、二人のおかげでここまでこれたけど、まだ何も出来てないんです
杉元が二人に何か出来るとしたら・・・このレースに勝ってインターハイに出場してから



そのため全力を出します
何度も言いますが、1年生のころのような軽い杉元の姿はそこにはなく、去年のインターハイでゴール前を狙った人物らのように勝つことに全力なロードレーサーの姿だけ



そして・・・決着


結果は・・・残念ながら届きませんでした
1位は鏑木

でも杉元はよく頑張りました
見るものの心をアツくしてくれました

小野田が言うようにインターハイ6人目を決めるのは合宿が終わってからでもいいんじゃないか、と思うくらい

でもその時の杉元のセリフがまたいいんですよ



小野田
ボクはこのレース
そんな覚悟では走ってないよ

~中略~

ラストチャンスだったんだ




絶対にこのレースで優勝して、インターハイのメンバーに選ばれる、それが杉元の覚悟
これに勝てなくても次にチャンスがあれば~、なんて覚悟じゃなかった



勝負の世界、結果は残酷です
でもそこには勝利を求めた人達がいる
勝てなかった人達がいる


その上で走るインターハイ
杉元照文・・・彼の初登場時に誰かここまでのキャラになると想像したでしょう

今回は駄目でしたが、来年こそは彼にチャンスがあることを願いたいです



やはり弱ペダはアツいです!!


ラストゲーム 5 恋は戦いなのだ!

ラストゲーム 5 (花とゆめCOMICS)ラストゲーム 5 (花とゆめCOMICS)
(2014/01/04)
天乃忍

商品詳細を見る



私いつも柳に元気をもらっているから
私も柳のこと元気づけたい





こんな青春を送りたい!
思わずそう思ってしまうようなピュアな展開!
ライバル女子が登場しても相変わらず安心して読めます(笑)

でもやっぱり九条の様子が今までと違って・・・!?



ではそんな「ラストゲーム」5巻の感想行ってみましょ~!


実はこの巻から表紙が変わったんですよね~!
ちなみに4巻の表紙はこんな感じ↓

ラストゲーム 4 (花とゆめCOMICS)ラストゲーム 4 (花とゆめCOMICS)
(2013/07/05)
天乃忍

商品詳細を見る



4巻まではタイトルのところは白くなっていて実質表紙全部をイラストが占めているわけではなかったのですが、
花とゆめに意向で今回の5巻のような形になったそうな
んー、確かにこっちの方がイラストが大きくていいかもなーと思う反面、タイトルが分かりづらくなりそう(笑)

今まで表紙を見て「あ、花とゆめの作品だ!」ってなってからタイトルを確認して漫画を買っていたので(流石に本屋の少女コーナーでじっくり探すのはまだ恥ずかしいため)、今後は探す時に苦労しそう
まぁ、少女漫画なので本来こんな不安はいらないんでしょうけども(笑)



4巻のラストではなんかいかにも裏がありそうな新キャラが登場していましたが、やっぱりというかなんというか・・・相馬と同じタイプでしたな~

桃香はどうやら太りやすい体質らしく、昔はそれはそれは玉のようなお子様だったようです
でも桃香の親は親バカでそれでも可愛い可愛い言い続けたもんだから、自分の体型についても何も思わず、自意識だけが過剰になっていたようですが、ある日好きな男の子に真実を告げられ、現在に至る、と

なんか自意識高い子供って点では柳にも似てますね



そしてそれを周囲に隠して高校デビュー、大学もそのまま誰にも知られないつもりでいくつもりでしたが・・・自分への戒めのために持ち歩いている昔の写真を九条に見られちゃいます!
この巻で柳が九条のことを意識してるということに気付きつつも納得いってなかった桃香でしたが・・・恋敵とも言える九条に自分の一番知られたくない秘密を知られることになるとは・・・憐れ(ノ△T)


そんで、九条がきっと柳や周りの人達に言いふらしてると思いこんだ桃香はサークルにも顔を出さなくなっちゃうんですが・・・まぁ、九条ですからね
写真の人物が桃香だと気付いていません(笑)

そんなわけで桃香は明らかなライバルポジションですが、そこまでどこか柳や相馬を思い出させるくらいの空回りしてる感がありますね~


しかし!
彼女の登場が何も影響を与えなかったのか!?


否、答えは否である!

そう、彼女の登場は・・・なんと意外なことに九条に影響を与えたんですよ!
しかも若干ラブよりで!

桃香の登場により、もし柳が誰かと付き合うようになったらどうなるかをあらためて考えるようになった九条
これまでも柳に彼女はいましたが、その時は悲しいかな・・・九条の中での柳の存在はそこまで大きくありませんでした

それが今!
10年という時を経て九条の友達にまで出世した柳(泣ける)は九条の中ではしおりちゃん達とは違う独立した大きな存在なんですよ!

そんな柳にもし彼女が出来たら・・・?



今は柳には彼女がいないため、九条とも気軽に話せますし、九条も何か困ったことがあれば柳に頼れる
でも彼女がいたら・・・そう簡単にはいきません

柳は彼女を優先させるでしょうし、柳の隣にいるのは九条ではなくなります。



そのことについてモヤモヤしだす九条
これは大きな進歩ですよ奥さん!


あの鉄壁の九条が少しずつ心を開いてる感じ・・・柳の努力が少しずつ実を結んでる感じ・・・感無量です(笑)

柳が元気ないようだったから、と言って柳の好きなものを作るから家に寄っていかないか、と誘う九条
桃香がしばらくサークルに来れないと知ってほっとする九条
遊園地に柳を誘おうとするけど原因不明の緊張に襲われる九条


成長したなぁ・・・(しみじみ)


特に個人的に好きなのがジェットコースター後に九条が柳の手を握っていたとこ!
怖かったら手を握ってもいい、と柳はお化け屋敷の時に言っていました。でも実際は九条はお化け屋敷では怖がる様子を全く見せずいつも通りでしたが、ジェットコースターが苦手だったようで
そんな苦手な物に乗ってしまった後に無意識の内に柳の手を握る・・・・・くーーーっ!!青春ですなぁ!!



そして今回も柳は相変わらずです(笑)
自分に好意を持ってるかもしれない女子を利用とするクズっぷりを見せますが、いざ実際に目撃されると激しくうろたえてるのが柳らしいですww


九条宅の前で九条で充電しているところを九条ママに見られるところとかね・・・あれは恥ずかしいw



柳は相変わらず、かっこつけてない時の方が九条の心に響くことをしてるのですが、それ以外のヘタレっぷりも相変わらず!(笑)
ですが、九条は少しずつ変わってきてます

しおりちゃんが九条がここまで来て恋愛方面に考えがいかないのは何か理由があるんじゃ?と疑ってることから何かしらありそうですけど・・・もうちょっと先の話かな?


桃香もまた復活するっぽいですし、これはいよいよ恋のバトルがスタートするかもしれません!
まぁ、それでも相変わらずの二人なんでしょうけど(笑)

次巻も楽しみです!

ニセコイ 108話 歴史は繰り返すのか・・・?
先週の「ニセコイ」感想いってみましょ!


前回に引き続き夏まつり編!
今回集も突っ込んでいましたが、さり気につぐも浴衣を着てるのがポイント高いですよね~

しかし、それ以上にポイント高いのは千棘も浴衣を着てるってことでしょうか
去年の縁日の時にも浴衣を着てはいましたが、その時は最初は浴衣ってそんなにいいものなの?という感じの感想を持っていました
そしてその後に初浴衣を披露するんですが、浴衣の着方を誤解していて下着をつけてない、そして楽の前で浴衣がずり落ちそうになる、というハプニングがあってあまり浴衣にはいい印象なさそうなもんでしたが、それでもまだ浴衣を着る気分になったんですね~
一体なんのためでしょうねぇ(ニヤニヤ)

どうせならそこらへんももう少し突っ込んで欲しかったかな~


さてさて話は戻って、前回ついに楽と千棘が付き合っていないということを知った春ちゃんでしたが、
知らなかったとはいえ今まで楽に対しての言動を色々反省してますね~
まぁ、パンツの件は仕方ないですが(笑)


しかしこれで楽に対する誤解が一つ解けました
楽と千棘は付き合っていない、つまり楽と小野寺さんは純粋に両想い


先週春ちゃんは言っていました
楽が千棘と付き合っていなかったらもっと素直に応援出来た、と


しかし今週の春ちゃんはどうでしょう?
楽と小野寺さんが純粋に両想いと知ってよかった、と思う一方で胸がチクっとしてる春ちゃん



そして人ごみの中で距離があっても楽に気付く春ちゃん


大嫌いだったハズの楽と一緒んにお祭りを楽しんでる春ちゃん




そして楽が実は二股をかけるようなサイテー野郎じゃないと分かった春ちゃんは思います
王子様は自分だと言っていた楽のアレももしかして本当だったんじゃないか、と


花火が上がり、楽と二人きりでも不満じゃない程祭りを楽しんでる春ちゃんは聞くのです
王子様が楽なのか、と







かぁーーー!
これはヤヴァいですよ
明らかに春ちゃんは楽に惚れちゃってます

ここから姉を思って身を引くのか、それとも自らの初恋を貫くのか、つぐみのように悶々としながら過ごしていくのか
色々なパターンがあると思いますが・・・ここで王子様について聞いちゃったか!

楽と一緒に花火を見るのが不服じゃないって時点で「マジか!」となってたのにここで楽が王子様だと分かったらどうするんだろうこの娘


その前で不服じゃない宣言してる以上もう完全に墜ちてしまいそうなんですが・・・


しかしここで問題が一つ発生するのです
これは「ニセコイ」好きの間でも意見が分かれるところだと思いますが・・・

果たしてこれ以上主人公のことが好きなヒロインは増えるべきなのか?



現在確実に分かっているだけでも楽のことが好きなヒロインは4人

最初は楽と嫌い合いながらも次第に楽に惹かれていった千棘
中学の頃から楽のことが好きだったものの、そのまま高校生になってしまっている小野寺さん

最初はお嬢を守るためとして楽を倒そうとしていたつぐみ
昔から一図に楽のことを想い続けてきたマリー


この4人はまず鉄板ですね




そしてここに更に加わろうとしている候補が春ちゃんとポーラです
もしこの2人が加わると6人、作中で6人も楽が好き、ということになってしまいます

正直、多過ぎます

ヒロインが多いことは色々なタイプの女の子の色々な反応を見ることが出来ます

でも・・・弊害もあるんです!
これでは好みの娘がいても中々活躍する機会に恵まれなかったり、どの子に愛を注げばいいのか分からなくなってしまいます

でも少ないのも困る・・・というわけでヒロインは一作品で3、4人がベストだと個人的に思っているのですが、
このまま春ちゃんが仲間入りしてしまうと5人になってしまう・・・

しかし、最近の「ニセコイ」が恋愛面で停滞ぎみだったのも事実
恐らく春ちゃんはその起爆剤としての役割を求められてるとおもいますが・・・果たしてどうなるんでしょう

姉を想い身を引くというのが一番ありそうなことですが・・・



そんな春ちゃんの今後も気になりますが、それよりも気になるのが二つ

まず今回の話を呼んでて改めて分かったことですが、一つ言いたい・・・


楽は本当に小野寺さんのことが好きなん?



いやいやいや、そりゃ小野寺さんのことが好きなんだろうけど・・・
高校生の男子が好きな子と一緒に夏まつりに来てるんですよ!?健全な男の子だったらアプローチをかけようとするのが当然じゃないですか!
なのに楽にはその動きが全く見られない・・・!


こいつ本当に小野寺さんのことが好きなん??


小野寺さんと一緒に夏祭りに来ているというのに、春ちゃんを探してはぐれてるし・・・。いや、これは小野寺さんが楽のことを好きになったポイントの一つでもある「困った人を放っておけない」というのでしょうからいいでしょうけど、
問題はその後


なんで楽しんどるん!!?


いや、春ちゃんを不安にさせないため、ということなんでしょうけど・・・早く皆と合流したい、小野寺さんせっかく祭りに来てるのに一緒に花火が見れなくなってしまう、と焦ってないことが問題なんですよ


僕が言いたいことは一つ

最近の楽はたるんでる!!(←何様)


集があれだけの青春を見せてくれたのに、それに勇気を貰ったハズの楽がしたことと言えば結局一緒に帰ろうと誘っただけ・・・
確かに楽は連載開始の頃と比べたら大分小野寺さんと親しくなりましたよ

メアドも聞けましたし、小野寺さんの家に遊びにも行きましたし、母寺さんにも認められましたし、小野寺さんに誕生日プレゼントもしましたよ


でもまだ付き合ってるわけじゃないんですよ!?
もしかしたらある日ポっと出てきた男キャラが小野寺さんに惚れてしまうことだってあるかもしれないんですよ!?
なのに最近のらっくんときたら・・・・たるんでる、としか言いようがないです


春ちゃんをいいきっかけにしてほしいですね~





そして・・・・・一番言いたくないことでもあるんですけど、今回の展開・・・かつてのある出来事を彷彿としてしまいます

去年の夏、ある一人の少女が「キスしていい?」とうっかり言ってしまったにも関わらず、らっくんは寝てた、千棘はキムチと聞き間違えるというお世辞にもいい展開とは言えない展開がありました

今回は何故か去年のその展開を彷彿とさせるんです

まず、千棘と春ちゃん
二人とも楽への第一印象は最悪だったけど、次第に楽に惹かれていきました
そしてその惹かれ始めていることを自覚したタイミングで千棘は去年の海
春ちゃんは今回の夏まつり・・・



そしてシチュエーション
花火が上がってるんですよ!
花火ですよ花火!しかも周りは人が多くて騒がしい空間

そんな中聞いた王子様について




あれ・・・これもしかして伝家の宝刀「え?なんだって?」が使われてしまうんじゃね・・・?


ない、ないとは思うのですが・・・キムチ事件はそれだけ僕らにとっては大きな事件でした
歴史はまた繰り返されてしまうのでしょうか・・・


せめて楽が誤魔化す方向に行って欲しいものです・・・!




ONEPIECE 736話 激突開始!!
明日にはジャンプの発売日!そして早売り地域では既に発売もされているかもしれませんが、先週のワンピ感想いっちゃいましょ~!
(あれ・・・もしかして関東の大雪の影響で発売日遅れる可能性ってあるのか・・?)



今回はあちこちでいよいよ激突が始まりました!
まずはコロシアム

各ブロックを勝ち抜いた猛者達とコロシアムの英雄ディアマンテが同時にステージに立ち、凶暴な闘魚から「メラメラの実」を奪って最後まで立っていた物が勝ち、という分かりやすいシンプルなルール


まぁ、いくら闘魚が凶暴とは言ってもぶっちゃけ決勝のメンバーだったら余裕だと思うんですよね(攻撃技が少ないレベッカを除く)
むしろあのメンバーが闘魚から奪えなかったらびっくりです

あ、でもディアマンテ、バルトロメオは能力者だから闘魚が襲ってくるまで待つしかないのか



しかし、やはり彼は黒ひげ海賊団が気になるみたいですね~
今回もディアマンテが目の前にいるのにそっちよりもバージェスを気にかけてましたね


ディアマンテの能力も判明しましたし、決勝がどうなるのか楽しみです!




そして地下から王宮を目指している兵隊さんとトンタッタ族も幹部と激突!
なんとリフトに地下交易港の入り口を守ってるはずでしたが、乗り間違えてリフトに再び乗ってしまったラオGがいたんです!

・・・アホやこいつww
なんでオモチャの家を死守しろ、と言われてるのにまたリフトに乗ったんだよw

しかも色々とルックスが奇抜なドフラミンゴファミリーの中で一人だけ貫録のありそうだったのに・・・
なんだこの格好・・・なんだこの格好!(大事なことなので二度言いました)

変態じゃねーか!w


しかし流石幹部とも言うべきでしょうか、やはり強いです
兵隊さんは強い方だと思いますが、やはり幹部相手には分が悪いみたいですねぇ

トンタッタ族のスピードにも付いていけるみたいですし



兵隊さんとトンタッタ族だけだと勝てなさそうですけど・・・場所とタイミングが悪い!
ルフィ、ゾロ、フランキーは出払っていますし、サニー号組はゾウに向かっていますし、援護が期待できないんですよね

唯一駆けつける可能性がありそうなのがウソップ、ロビンのどちらかですが、そもそもリフトに乗っていませんし、二人はオモチャの家への侵入という役割がありますから難しいんじゃないかな~

そうやって考えると一番厳しい場所なのかも



そしてルフィ達チームはと言うと・・・千里眼のヴァイオレットがついているので敵に見つからず王宮まで無事辿りつけ・・・ません!
ルフィですからね(笑)

裏からひっそり侵入をしようとしていたヴァイオレットでしたが、ルフィがまさかの正面突破!
いきなり正門をぶち破ります(笑)

もうこうなったら堂々と突入するしかありません!
でもそうなると当然ドフラさんにも連絡がいくわけです


ただここでポイントなのはドフラさんは完全にルフィをコロシアムに誘い込むことに成功してると慢心していたことなんですよね
兄・エースの形見と言える「メラメラの実」をルフィは絶対に欲しがる
そしてコロシアムから出る手段はない

この二つがあるからこそ、ドフラさんはルフィは完全にコロシアムから出ることはない、と油断していました


ですが、実際にはルフィが「メラメラの実」を任せるにはこれ以上ないという程の人物がコロシアムにいました
そしてドフラさんに切られたベラミーの跡をつけてルフィはコロシアムから脱出しました


でもそれはどちらもドフラさんは知らないこと
だからこそ焦る

しかも決勝が既に始まってしまっているからディアマンテを下げることが出来ません
ルフィを潰すために最高幹部の一人を配置までしたのに


見事にドフラさんの裏を突く形で王宮へ侵入することが出来ました
このまま一気にドフラさんのとこまでいきましょ!


と思ったら・・・最高幹部ピーカ登場!!
なんだこいつ・・・完全に周囲の壁と一体化してるのでなんらかの能力者なんでしょうけど・・・気になるのはヴァイオレットの言葉ですよね

ピーカに見つかったらドフラさんまでに到達出来ない、とまで言っていました
それはピーカの能力に関することを言っていたか、それとも最高幹部のピーカはそれほどの実力を持っている、ということなのか・・・



各所で激突が始まりだしたドレスローザ編!
続きが楽しみ過ぎます!!



ニセコイ 107話 夏は嵐の季節ですね!
書きたい時が書き時!!

というわけで早売りされてる地域ではもう今週のジャンプが発売されている中、今更ながらの先週の「ニセコイ」感想いてみましょ~!


・・・と、その前に


アニメの小野寺さん素晴らしいですな!
初期の頃のテンパったりする小野寺さんがまさかここまで可愛いとは・・・漫画をまた読み返したくなるレベルで可愛いぞ
やはり動きがつくとテンパってる感じや赤面の様子が分かっていいですなぁ

しかしもう勉強回か・・・いやでもよくよく考えたら鶫やマリーも出そうと思ったらそんくらいのペースじゃなきゃ無理なのか・・・
マリーが登場するとしばらく小野寺さんはエア寺さんになりますからね・・・今のうちにアニメ寺さん成分を補充しておくとします(笑)




アニメも面白いですが、本編もようやく一つ動きだしたものがあります!
それが・・・春ちゃんの気持ち!!


一級フラグ建築士(ただし小野寺さんを除く)の楽さんの活躍により着々とフラグを立てられ、もはや楽に惚れてるんじゃね?と思うレベルだった春ちゃんですが、今回の夏まつりのエピソードで本格的に何かありそうですね~




まぁ、でもそれよりもまずウチとして語っておかなきゃいけないことがありますよね



うん、相変わらず小野寺さん可愛い(断言)



春ちゃんに対してお姉ちゃん風な様子も可愛いですし、妹に好きな人を指摘されて赤面するのも可愛いですし。しどろもどろになってるのも可愛い!!


今回の夏まつりのメインは恐らく春ちゃんです
でも・・・なんですかこの小野寺さんの戦闘力は!

しどろもどろ寺さんも可愛かったのにこの後まさかの名前呼びイベントまで発生して・・・うん、ここはもはや可愛いとか言わなくてもいいよね

可愛いに決まってるんですから(断言)


確かに、「小野寺」とこれまでは読んでいましたが春ちゃんがいますからね!
名前で呼べばいいんですよ!フツーですフツー

ただ、僕らはニヤニヤしますけどww





しかしここで一人複雑な表情をしてる人がいるのです

それが春ちゃん



春ちゃんと言えばお姉ちゃん大好きっ子で、お姉ちゃんに好きな人がいるのなら協力しようという考えでした
ところがいざ小野寺さんと同じ高校に入学しようとした直前で小野寺さんの好きな人についての噂を聞いて以来、楽から小野寺さんを守ろうと決意してます

その時春ちゃんが聞いた噂というのが楽が超絶美人の彼女を持ちながら二股、学年トップクラスの女子達にも手を出してる、というもの


まぁ、この噂だけを聞くとそんな人と自分の姉が結ばれて欲しいと思う人は少ないかもしれません


でももしこの噂が間違っていたら?(間違ってるんですけどもw)


春ちゃんは今回でもし噂が違っていたらもっと応援しやすかった、と言っています
少しずつですが悪い人ではないと思ってる楽と大好きなお姉ちゃん
お互いが好き同士であればもっと素直に応援出来る、と


しかし・・・しかしである
そう思っている割に楽が小野寺さんの浴衣姿を褒めたのに春ちゃんの浴衣姿をスルーした時がっかりした春ちゃん
風ちゃんに楽のことが好きなんじゃないか?と言われた時の回答の仕方・・・楽は小野寺さんのことが好きだし、小野寺さんは楽のことが好き・・・だから



だから・・・何?




楽が小野寺さんのことを名前で呼んで全力で照れる二人とそれを見て複雑そうな表情をしつつその場を離れた春ちゃん
一体・・何故?

春ちゃんの考えであればいくらお互い好き同士でも楽に彼女がいるなら小野寺さんに近づかないように今までみたいに間に割って入ればいいわけです
なのに止めるわけでもなく、その場から逃げるように去った春ちゃん

そしてその胸には自分でもよく分からないモヤモヤが・・・


この状況・・・何か思い出しませんか?



・・・そう、作中での去年メインヒロインの一人、千棘も同じような状況でした
自分でもよく分からない感情に振り回され・・・そして彼女は夏の終わりから秋にかけて自分の気持ちに気付いた


そして今回春ちゃんの中で一番の反感を持つ理由だった楽と千棘が付き合っている、というのが嘘だと判明しましたが・・・春ちゃんは果たしてどんな答えを出すのか?



二人が恋人同士じゃないなら楽と小野寺さんの仲を応援する?
それともやっぱり楽と小野寺さんが仲好くなるのを邪魔する?

もしくは・・・・・・・?





夏は嵐の季節
そう・・・今回の嵐も恋の嵐の臭いがプンプンするぜ!!



真実を知った春ちゃんがどう行動するのか?楽しみです!





プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。