小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONEPIECE 72 過去編が気になる!
この国には’’忘れられた者達’’と
’’忘れた者達’’がいる・・・・・・!!!



なんだか久しぶりな気がしますが「ONEPIECE」72巻の感想いってみましょう!
というか累計3億冊突破したのか・・・

確かウォーターセブン編の時に1億冊突破してた気がするんだけど、その後同じくらいの巻数出して2億か・・・
確かに戦争編辺りからやたら人気が出ましたからね~

いやはや・・・まさにモンスター級の売り上げになってますね
でも完結する頃には5億とか超えてるんだろうな~・・・5億て、日本の人口の5倍弱かよ



それはさておき、本編でも

コロシアムでは遂にルフィが出場するCブロックが始まりましたが・・・ここはまぁ、置いておきましょう
それよりも語りたいことが多いですからね!



まずは前巻ラストでサンジからドフラさんが七武海を辞めてないという衝撃の事実が判明したわけですけど、その詳細が明らかに!

七武海とドレスローザの王位を辞退したはずのドフラさんが一体何故?
だって朝刊にだってばっちり報道されてたじゃないですか・・・?
海軍本部も含めて世界中が混乱してたじゃないですか!

それが一体何故!?



でもその朝刊で報道された内容こそがドフラさんの罠だったんです!

なんとルフィ達たった数十名を騙すためだけに、世界中を巻き込んだ誤報を流させたんです!
たしかにドフラさんは世界政府直下の七武海という立場だし、ジョーカーだし、世界政府のお偉いさんと何やら繋がりがあるっぽいけど・・・それだけのはず

でもそれだけでは絶対にこれだけのことは出来ないです
だって海軍本部大将のサカズキですら騙されたんですよ?

明らかに七武海としての権限を超えてます

一体ドフラさんは何者なんだってばよ!



そしてローはパンクハザードでヴェルゴが言っていた台詞を思い出します

お前は’’ジョーカー’’の過去を知らない

そしてこの世界でこれだけ馬鹿みたいなこと出来るのは天竜人くらいのもn・・・あっ!



も、も、もしかしてドフラさんって・・・天竜人・・・・・?
でもローの言葉を聞いたドフラさんは「もっと根が深い話」とか言ってるし・・・

ただ天竜人、ってだけじゃなさそうですね~
そこでやはり気になるのがドフラさんの子供の頃のイラスト

以前尾田さんがSBSで描いていたんですけど、そのドフラさんはとても天竜人のような外見ではありませんでした
洋服も決して綺麗とは言えないし、姿も無傷ではありません
天竜人だったらもし傷をつけられたら海軍本部大将が出張ってくるはずなので、この時は天竜人じゃないんでしょうね

ってことはこの時より前?
天竜人は下々の者と自分たちを同じ人間だと思ってないようですし、ドフラさんが養子になったという可能性はなさそう
でも天竜人だったのに途中で天竜人じゃなくなるってことがあり得るの・・・?

ですが、ドフラさんは実際に天竜人でもなければ出来ない芸当をやってのけています
政府のお偉いさんと取引してるみたいだし、そのツテで天竜人を脅しでもしてるのかな?



そんなドフラさんの過去も気になるんですけど、グリーンビットに来てたのはドフラさんとローだけじゃない!
新しい海軍本部大将のイッショウも来てます!!

このイッショウがまた化け物なんですよ!!


恐らく重力系の能力だと思いますが、隕石を落とします
・・・隕石て!∑(・□・;)

さすがは青キジ、赤犬の抜けた大将という穴を埋めているだけあります。とんでもない化け物
でもどうやら元々海軍だったわけではないようで「世界徴兵」というもので選ばれたらしいですね

もう一人の大将も世界徴兵で選ばれたらしいです
ということは海兵でもなくて海賊でもないのに大将レベルの実力を持っていたってことか・・・新大将二人の過去が気になりますね



そしてグリーンビットの地下ではウソップがノーランドの子孫だと信じちゃった小人族がウソップとロビンを奉ってるし、ドフラミンゴとの戦いにも備え出しました
お花畑では兵隊さんとフランキー、ゾロが小人族と合流
サンジは錦えもんと合流してコロシアム付近に

風呂敷を広げまくっていたドレスローザ編でしたが、見事に風呂敷を畳み始めましたね~!


でもドレスローザにはまだ語られていない悲劇があるようですし、今回さらっと描かれたレベッカの回想を見る限りだと前国王のリク王はそんなに悪い王様じゃないようでした

なのにある日突然リク王の軍が民家に火を放つんです
このリク王の乱心を収めたのが当時海賊(七武海?)だったドフラミンゴ

うん・・・このパターン、完全にクロコダイルとアラバスタじゃないですかー
クロコダイルはルフィに邪魔されて理想郷に辿りつけませんでしたが、ドフラさんは国盗りに成功したっぽいですね

そしてリク王はレベッカのおじいさん
何やらレベッカのことを知ってる様子だった謎の剣闘士リッキー

リッキーがリク王だった臭いがプンプンするぜー!!
エリザベロー2世のことも知ってるようでしたし、これは確定かもしれませんな

でも過去編を見て思ったけど、レベッカのじいさんが先代国王だとしてもお父さんはどうしたんだろ?
昔のレベッカはお母様と一緒に住んでいたようですけど、父親の描写はありませんでした
レベッカも父親を想う描写ありませんし・・・これは記憶を父親を「忘れた」可能性がある?

そして忘れられた者というのはおもちゃにされた者たち
リク王が乱心して、国民中から恨みを買う中、何故かレベッカ達を最初から守っていたおもちゃの兵隊さん

これは兵隊さんがレベッカの父親の可能性が微レ存・・・?



ドフラさんがドレスローザという国に一体なにをしたのか?
ドフラさんの過去は?


続きが気になります!!

あれ・・・でももしかして次の巻の発売って来年じゃ・・・orz


スポンサーサイト
ONEPIECE 725話 動き出すドレスローザ!
遅くなってしまいましたが、今週のワンピの感想です!


まずは扉絵!
カリブーがまさかのスコッチをやっつける展開に唖然となっていたのですが、今週の展開は一体全体どういうことだってばよ!
恐竜が現れてカリブーに襲いかかってしまいましたよ!?

恐竜自体はグランドラインにはいるのかもしれませんが(リトルガーデンのように)、この恐竜の形状、そしてこの島・・・2年前の最悪の世代の一人、ドレークなんじゃないかと思ってしまいますね
ドレークは2年前、カイドウお気に入りの島で暴れる気満々でしたが、スコッチも健在だし、一体彼は何をしたんだろう?と疑問に思っていましたが・・・まさか在中してたの??
それともカイドウの傘下に入った??

もしかしたら、これはドレークではなく、カイドウの部下でSMILEで動物系古代種を食べた奴がいる、という可能性もありますね・・・というかSMILEだと古代種や幻獣って再現出来るのかな?

人工的に造ってるものだからオリジナルと同じ悪魔の実が存在していてもおかしくはなさそうだけど・・・




本編の感想でも!

最初からやばいです
たった2ページでしたが、ドフラミンゴvsロー!!

ドフラさんが
お前のやってる事は
ただの逆恨みだ ロー!!


と言えば
恨みじゃねェ・・・
おれはあの人の本懐を遂げる為
今日まで 生きて来たんだよ!!!!


と返すロー


意味深過ぎる・・・二人の過去に一体何があったんだってばよ!と思うけど・・・ローの言う「あの人」って誰だーーーーーー!!!

ローが「あの人」って表現するくらいだから昔慕っていたんだろうし、現在は生きてない可能性がありそうです
しかも「あの人」の本懐のために生きてきた、って言うくらいだから相当の思い入れがありそうです

そしてローの今日まで生きてきた宣言からするとローの行動の指針は全てこの「あの人の本懐」ありきだったと思うわけです


そうやって考えると2年前のローがすぐにグランドラインに入らなかったことにも意味が関わっていそうです
でも取るべき椅子は奪う発言はよく分かりませんが・・・


そしてローはあの人の本懐を遂げるため、と言っていますがドフラさん視点からするとそれは逆恨みのようです
ということはあの人がやろうとしていたことを現在ドフラさんがやっている、もしくはやるべきではないと思っていたことをドフラさんがやってるのかな?


ドフラさんが今やっていることって
・SMILEの製造
・武器の販売
・政府上層部と何らかの取引
・ドレスローザの運営
といったところでしょうか

ロー自体はドレスローザについてあまり詳しくないようなことを言ってましたし、ドフラさんがドレスローザの運営を始めたのは10年くらい前だから関係なさそう
そして現在ローが主に止めようとしてることはSMILEこと人造悪魔の実の製造を止めて、カイドウの戦力を削ぐこと


いや、でもむしろルフィ達に語った四皇降ろしの方はローの本当の目的ではない、ってことを考えるとどちらかと言うと目的はSMILEの製造を止めることなのかな?

あとローがDについて何か知ってるような口ぶりだったことから考えるとあの人もDに何か関係してそうだけど・・・

早くローの過去編が見たいっす!!



そしてヴァイオレット!
ドフラミンゴを裏切り、能力をフル活用して追手から逃れてます
なんでもツテを辿って政府にかくまってもらえることになったんだとか

あかん・・・政府にはドフラさんの息がかかってる連中もいるから無理やで・・・
しかし、サンジには政府にかくまってもらえると言ったヴァイオレットが向かう場所は・・・王宮


え?王宮って今ドフラさんの棲みかじゃないん??
確かにドンキホーテファミリーがコロシアムの地下に動き出したって情報があったから手薄になってるだろうけど・・・何故王宮?
しかもテレビを見てレベッカを野次ってる人々がいればテレビを破壊して見れなくしてるし・・・

もしかしてドフラさんがドレスローザを占拠する前のリク王の時の人なん?




更にコロシアムでも動きが!
Dブロックではレベッカが兵隊さんに教わった自分の身を守る戦い方で誰も傷つかず、誰も傷つけず勝利していきます

そして外ではBブロック勝者のバルトロメオが遂に憧れのゾロ先輩と接触!(笑)
会話が成り立っているかは微妙なラインでしたが、これでロメオも話に関わってくるだろうし、上手くいけばゾロ達も中に入れるかな?
・・・・・ロメオ、ルフィを見つけても話出来ないんじゃないだろうか?ww



更に更に、A、B、Cブロックの敗者は治療室に運ばれていたようですが・・・まぁ、当然素直に治療されるわけもなく
皆一様に地下に落されます
そこにはコロシアム参加者の他にはたくさんの人形が

あれ?これってもしかして記憶を取り戻した人形を放り込んでた処と同じところじゃね?
となるとここで敗者チームにドレスローザの過去について話があるのかな?



あっちこっちで話が進み始めたドレスローザ編!
バトルもまだ続きそうだけど、過去編もありそうだし、そもそもドンキホーテファミリーがまだ全然活躍してないし、カン十郎の存在忘れそうになるし・・・続きが気になり過ぎるぜ!


でも来週は休載なんだぜ!(ノ△T)

早く再来週にならないかなぁ・・・




弱虫ペダル 30 次のステージへ!

弱虫ペダル(30) (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル(30) (少年チャンピオン・コミックス)
(2013/10/08)
渡辺 航

商品詳細を見る



ワイは浪速の天才スプリンターやねん!!



oh・・・なんてこった
自分で選んでおいてなんだけど、上の鳴子のセリフって今まで鳴子が何度も言ってたセリフじゃないですか
それこそ初登場時からずっと言ってた気がする

それが・・・それが・・・・・!!



インターハイが終わり、金城達3年生が抜けた穴の大きさを痛感する1、2年生
確かに手嶋さん、青八木さんも強くなってた。それこそ青八木さんは鳴子や田所さんと互角に戦えるくらいまでに

手嶋さんはどうしてもロードの才能に恵まれていないため、他のメンバーより圧倒的に速くなる、ということは出来ませんが、彼の熱い走りは小野田や今泉を震え立たせるには充分過ぎるほど




でも・・・・・3年の抜けた穴が大き過ぎる!

そもそも今泉が言っていたようにゴールを狙える人が少ないんですよね
前回は最終日のゴールが山だったので小野田が総合優勝を飾ることが出来ましたが、あれがもし平坦だったら小野田ではゴールはねらえなかったと思います

でも最終日のゴールを狙うためには山が全くないわけじゃない
スプリンターでは狙うのが難しい

というわけでオールラウンダーの存在が重要なのですが・・・今の総北にはオールラウンダーは今泉しかいないんです
もしこのままだったらもし今泉にパンクなどのアクシデントがあった時には誰もゴールを狙えなくなってしまう・・・
じゃあどうするか?

新たにオールラウンダーを一人作るのが手っ取り早いです
でも手嶋さんは登りの才能はないと分かりつつもクライマーの道を選びました
青八木さんはスプリンターとしての才能を開花させつつあります

小野田は当然一図に山を登ります

となると・・・残りは鳴子


・・・そう!鳴子と言えばインターハイ最終日にスプリンターなのに山を速く登ってみせて今泉すら驚愕していました
自転車に乗らない人にとっては分かりづらい話かもしれませんが、どうやら山のを登る時の筋力と平坦を速く走る筋力は別のようで、平坦だけに特化してしまうと登りが弱くなり、登りに特化してしまうと平坦が弱くなってしまうものらしいです
でも鳴子は平坦に特化してるハズなのに山を速く登ってみせた

つまり鳴子はスプリンターだけじゃなく、オールラウンダーにも向いてるんですよ!



でも鳴子と言えば派手に走ることをモットーにしているため、ロードの中でも一番目立つスプリントに命を賭けてました
今泉が今後の総北のためにオールラウンダーになるように言っても聞きません


それでも考えるところがあったのか鳴子は自分の原点を見直すために大阪でよく走っていたコースで自分を見つめ直していました

そこで登場したのがインターハイの時にはあっさりやられてしまった全国区のスプリンター
まぁ、結局今回も鳴子が勝つのですが、そこで鳴子はやっぱり確信するんですよ

自分は生粋のスプリンターで、まだ成長している、ということを
そして次のスプリント勝負で勝ったらもう迷わずにスプリンターとしてずっと走り続ける、ということを自分の中で決めてました

そんな鳴子の次の相手が・・・・・御堂筋!!


御堂筋!!?
コイツこそ化け物ですよ
去年は京都伏見が王者ハコガクと総北と渡りあったのは彼の力ですからね

ほとんど一人の力で初日は同着とは言え1位ゴール、2日目は最速と言われていた新開さんを抑えてのスプリントを獲りましたし、山も制しました

オールラウンダータイプですが、山もスプリントもレベルがトップクラス



そんな御堂筋を相手に最後の勝負
スプリンターを辞めるかどうかの勝負


鳴子は全力を出しました
インターハイが終わってからも田所さん、青八木さんと実践で鍛えあげていたためインターハイの頃に比べて格段に速くなっていました
そして最初こそは御堂筋に先導されますが・・・実はそれは様子見!

御堂筋相手にじっくり実力を観察し、「勝てる」と思って全力で踏んで・・・御堂筋を置き去りにします
そしてそのまま半周以上の差をつけて独走、やっぱり鳴子は生粋のスプリンターだったんや!




と、思ってたら・・・




御堂筋覚醒!!!



はぁぁぁぁぁぁーーーー!!?
ただでさえ化け物じみてた御堂筋が更に化け物になったーーーー!!


ってかもう本当に人間じゃねーーーー!!ww
真波の背中に生える羽根は天使みたいなのに、御堂筋の背中に生える羽根バッタかよ!www

しかもこれまでも異常な程前のめりな走りでキモかったのに(褒め言葉)、更に背筋をピーンって伸ばしてもっと前のめりになって・・・・・キモい!!(褒め言葉です)



でも速い!!




インターハイの時より速くなってる鳴子にあっという間に追いついて、追い越します
でも鳴子も負けてられません

だってこの勝負で負けたら自分の生き様そのものであるスプリンターをやめなくてはいけないから
ギリギリの勝負だからこそ燃える!なんとしてでも勝ちにいく!!


そんな想いを胸に持てる全てを出します
少しでも空気抵抗を減らすために上着のジッパーを減らし、少しでも軽くするためにボトルを捨て、サドルまで捨てます

鼻血が出る程ペダルを踏みます




そういえば最初に小野田に「全力」という言葉を教えたのは鳴子でしたね
勝つために最後の一滴まで全てを出しつくす

鳴子から教わったその精神は小野田の大きな支えになり、インターハイ優勝するまでになっていました



そして今度は鳴子が進化した御堂筋という強大過ぎる相手に全力で挑みます
その結果は・・・・・





敗北





全力を出したからと言って必ず勝てるわけではありません
そして相手は進化した御堂筋


でも・・・でも!まさか鳴子が本当にスプリンターを辞めるとは思わなかった
だって初登場時から本当にスプリントに全てを賭けてた鳴子ですよ!?

今回もきっと引き分けとかでお茶を濁すんじゃないかな~、ってどこかで思ってたのに・・・本当にスプリンターを辞めるとは・・・


でも石さんが言ったように悔しさは人を強くしますからね
鳴子がこの悔しさを大きなバネにして次こそは御堂筋に勝ってほしいです!



30巻には他にもハコガク3年生vs1、2年生が収録されていて、アブ君に新たな仲間が出来ていたり、東堂さん口数は無駄に多いけどやっぱカッケーな、と思ったわけですけども、30巻は僕の中で一番鳴子vs御堂筋がインパクト強かった・・・


鳴子マジなのか・・・・・

ONEPIECE 724話 vs天夜叉
ネタバレになるかもしれないから記事タイトルではドフラさんと誰が戦うか書いてません
いや・・・本当記事タイトルでのネタバレはネタバレ回避組にとってはたまらないですからね・・・


というわけで今週のワンピ感想です!


自らを囮にしてサニー号からドフラさんを遠ざけようとしてたローでしたが、ドフラさんはローの考えを見抜き、先にサニー号を襲います
ちなみにサニー号に乗っているのは危うくジョーラ一人にやられるところだったナミ、チョッパー、ブルック、モモの助の4人


あかん・・・このメンバーでドフラさんの手から逃れられる気がしないで・・・・・(ノ△T)


と思ってたらそこにサンジ登場!!
空を飛んで襲いかかってきたドフラさんをこちらもスカイウォークで空を飛んできたサンジが止めます!


おぉ~!ワンピの世界ではあまり空中戦はやらないですからね~
しかも七武海の戦闘となればワクワクしないわけがないですよね!

しかし前回サンジのディアブルジャンプを受けていた時から予想はしていましたが・・・ドフラさんはやっぱ強いですねぇ
サンジも7700万の懸賞金をかけられた2年前から強くなっているハズなのに、そのサンジでも有効的なダメージを与えられない!

ってか最初の攻撃ドフラさん避けてただけなのね・・・てっきり自然系の能力なのかと思っちゃったよ(/ω・;)


そして初登場時からずっと伏せられていたドフラさんの能力名が遂に判明!!
「イトイトの実」!!


どうやら細い糸を使って斬撃を行ったり、相手の動きを止めたり、操り人形のようにしていたみたいですね~!
空を飛んでいたのは雲に糸をひっかけていたんだとか

ってことはパンクハザードにドフラさんが向かおうとして時に途切れたという「空の道」ってのは掴まる雲がなかったってことなのね~
でも・・・そう考えるとドフラさんの能力って空を飛べる能力じゃないですよね
能力の応用で空を飛んでるだけで


しかもドフラさんの能力的に本当にスパイダーマンみたいな飛び方だと思うんだけど・・・掴める雲がなくなった時ドフラさんどうしたんだろ・・・
「あ、やべ!雲がねぇ!!」って言って下(海)に落ちそうなものだけど・・・
それとも慌てて他の雲を掴もうとして焦ってたからあの時息切れしていたのか・・・気になりますな(笑)



ってかドフラさん攻撃面でも強いじゃないですか!
これは相手の動きを封じつつ、出したオーバーヒートも離れたドレスローザの建物を簡単に切り裂くくらいの強さですし・・・
しかも自身の身体が落ちないように雲に糸をかけながらでしょ?
ドフラさんの能力応用力高すぎやで・・・


しかし応用力の高さならローも負けちゃいません
ってかチートレベルです

藤虎が落してきた隕石も方向を変更出来るし、能力の射程範囲外でも今回みたいにそこらへんの物を投げて自分と入れ替えることで射程圏内になりますし・・・便利過ぎやろ・・・

そんなローの活躍で危うくやられるところだったサンジを救出し、ドフラミンゴから離れる麦わらの一味とシーザー
そう、ローだけは残ったんですよ


そして明かされるローの目的
それは・・・13年前のケジメをつけること!



・・・ってなんだよ!
ローがこの時のドフラさんをジョーカーって言ってるってことは裏の世界関係のことなんだろうけど・・・

ローと言えば昔はローはドフラさんの下にいたようです
そしてドフラさんはローのことを気に行っていたのか今はドフラさんの下を離れたローのためにハートの席を空けてるんだとか


冷徹かのような印象があったドフラさんでしたが実は仲間想いなことが判明し僕の中での株が上がってますが、そんなドフラさん率いるドンキホーテファミリーの中でも最高幹部と呼べるのは今まで3人しか出ていません
そしてその3名はそれぞれマークを持っています

つまり仲間想いなドフラさんはローのために用意していたハートの席はドンキホーテファミリーの最高幹部の席
それほどまでにローのことを買っていたドフラさん

でもローはあまりドフラさんのことを慕っているようではありません
いや、もしかしたら昔は慕っていて、13年前のことで決別した、ということかもしれませんが・・・

しかし気になるのはパンクハザード編でシーザーが薬物を子供たちに投与していたことに対してある男が浮かんでいたこと
これは恐らくドフラさんのことだと思いますけど、この時の様子はとても慕っているようではなかったんですよね
一体二人の間に何があったんや・・・



でももっと気になるのが、ローの考えてること

2年前、頂上戦争が終わった後には他のルーキー達が続々と新世界に突入していってたのに、ローだけは何かの時期を待っているようでした
そしてDについても何かを知っている様子でした
更に頂上戦争では何故かルフィを助けてましたし・・・あの頃はロー=サボ説を疑っていたので疑問に思わなかったのですが、ロー=サボじゃなくなってしまった今となっては何故ローがルフィを助けたのかが分かりません・・・だって頂上戦争に顔を出せば生きて帰れないかもしれませんし、何よりドフラミンゴもいたんですよ?

今で言うところの13年前のケジメがつけれなくなったかもしれないというリスクを冒してまでルフィを助けようとした、ってなるとなんらかの理由がありそうですよね
同じD持ちのエースは助けようとしてなかったけど、ルフィは助けようとしていた、ってことはD関連じゃなさ気ですが・・・



そして新世界編が始まってからのロー
麦わらの一味と同盟を結び、四皇カイドウを引きずり降ろそうとしています
そのためにまずはドフラさんが作ってるSMILEの製造を止めるためにドレスローザに来たはずなのに・・・今回の話を読む限りだとローはドフラさんに必ず勝てる、と思ってなさそうなんですよね~
刺し違えてでもドフラさんを倒せればいい、と思ってる

でもちょっと待って下さいよ
ローは2年前に「獲るべきイスは必ず獲る」的なことを言ってました
話の流れ的にこれは海賊王というポジションのことなんだろうけど・・・今週のローからはそんな気配が感じられません
ドフラさんを倒すことに全てを賭けてる感じです

ローがルフィ達に持ちかけた計画ではドフラミンゴは通過点だったハズですが、ローの中では目的だったようです


獲るべきイスを放棄してでもドフラさんを倒すことを目的にしたロー
本当に過去に何があったんだってばよ!



ニセコイ 93話 
時は来た!!



なんのかって?
おいおい・・・冗談はよしてくれよ、そんなの決まってるじゃないか





小野寺さんの勝利の時さ!!!



来ましたよ!バレンタイン以来なんじゃないでしょうか?
小野寺さんのターン!!


和菓子屋おのでらで誰よりも味が分かるらしい小野寺さん
料理は壊滅的だけど、味は分かるから新作のお菓子の味見役を頼まれます

しかしそう甘いものばかりを食べるとどうなるのか・・・?
そう、太っちゃいますよね!


それは小野寺さんも例外ではなく・・・・・体重が増えちゃいます
しかし、小野寺さんは年頃の女の子ですし、更に言えば恋する乙女


体重が増えたままではいけない!ってことで今回はダイエットに頑張る小野寺さんの回です!

はっきり言いましょう




小野寺さん可愛い




「ニセコイ」と言えばヒロインズの顔芸と言ってもいいほど表情がコロコロ変わるのが特徴ですが、今回の小野寺さんも表情が変わる変わるww
しかもその表情の一つひとつがめちゃんこ可愛いんです(断言)



久しぶりに体重計に乗ってみたら想像を絶する程増えていて衝撃を受ける小野寺さん可愛い
味見、買い食い、おやつを食べてる小野寺さん可愛い
教室でおなかが鳴って必死で誤魔化す小野寺さん可愛い
千棘が2日連続でケーキバイキングに行ってたことを知った時の表情が可愛い
早弁してるところを楽に見られた小野寺さん可愛い
その後の死亡してる小野寺さん可愛い
次の授業が体育だと分かって頑張ろうとする小野寺さん可愛い
大好物の大学芋に飛びつこうとしてる小野寺さん可愛い



ふぅ・・・やれやれ、たった1話でここまで可愛いところを見せてくれるヒロインもそうそういませんよ?
一体この子のポテンシャルはどんだけなんだよ、と

そして普段どんだけポテンシャルを隠してるんだよ、と


むしろポテンシャルもっと発揮していこうぜ、と色々言いたいことはありますが、まずは・・・



ごちそうさまでした!!


いや~、貴重な小野寺さん回、ということもあってか、球に来た時の満腹感はやばいですな
今回もいろんな表情を見せてくれる小野寺さんに大変満足でしたよ(笑)

しかし・・・しかしである!
コミィに一言言いたい・・・・・





絶対最後に悩みが解決した表情が一番可愛かったやろ!!(ノ△T)


好きな人(楽)には知られたくないから、楽がせっかく作ってくれた大学いもも食べなかった小野寺さんなのに、それでも小野寺さんを心配して飲み物ならどうだ?って持ってく楽△(さんかっけー)
普段は鈍感だし、ここぞってとこでもダメダメな楽さんだけど、こういうとこはしっかりしてるんだよなー

なんかこういうとこを見ると「あぁ、ちゃんと小野寺さんのこと好きなんだな」って思いますね(笑)


そして、好きな人に太ったことを知られたくないから、急いで痩せようとして無理なダイエットをしてたのに、その相手から「細い」と言われたらねー
そりゃ一発で問題も解決しちゃいますわ(ニヤニヤ)

だからこそ!ラストの小野寺さんが後ろ姿だったのがもったいない!(´;ω;`)
それこそ、前に千棘が楽にリップとかの細かな変化を気づいてもらってた時の表情並みの破壊力があっただろうに・・・

楽に細いって言われてニヤける小野寺さんも見たかったぞーーーー!!\( ̄0 ̄)/
小野寺さんでニヤニヤしたいと思うだけの人生だった・・・!orz


いや、しかし今週は色んな小野寺さんが見れたんで最後以外は満足!
最初に体重計に乗った時の小野寺さんとか可愛過ぎ増したからね(笑)
すぐに持ってた服を手放したり片足で立ってみたりしてましたけど、そんなことしてもそんなに体重変わんないよ!ww

現実を見ようとしない小野寺さんも可愛かったです(笑)



ONEPIECE 723話 ドフラさんと部下はファミリーなのね
広げに広げた風呂敷がたたまれ始めたドレスローザ編!
今週の感想いってみましょ~!


もはや完全にネタキャラになっているバルトロメオは置いといて(笑)

ドフラさんのとこは幹部結構人数いるんですね~
マーク持ちのピーカの軍、クラディウスが今回は登場!

計画や時間を守らないやつが大嫌いで、爆発するらしいのですが・・・ヴァイオレットの様子をいち早く気付くなどキレ者のようです
というか確かにそうですよね。ヴァイオレットの能力はリアル千里眼らしく、周囲4000kmの視野を持つようですし、ヴァイオレットがドフラミンゴファミリーを裏切ったのは急に思い立ったことじゃなさ気ですねぇ
しかしそういえばヴァイオレットはなんでドフラミンゴファミリーを裏切ろうと思ったんだろう?



そして前回ドフラさんが天竜人だったという事実が判明したドフラさんサイドですが・・・今週も気になるワードがいっぱいですな!

まずは一番気になったのがドフラさんは天竜人「だった」ということ
そっかー、昔は天竜人だったけど、今はもう違うのか~・・・



・・・っておい!!
天竜人ってやめられるとかあるんかいな!?


しかし、気になるのはドンキホーテ一族は800年前に世界貴族としてマリージョア入りしましたが、その間に何かやらかして追放されたというわけではなく、ドフラさんだけが天竜人じゃなくなったっぽいことでしょうか


そして気になるのが次のセリフ

「血」とは何か・・・!?
「運命」とは何か・・・!?



この流れからするとドフラさんが天竜人じゃなくなった理由にはこの「血」と「運命」という言葉が大きく関わっていそうです


ここでドフラさんの子供時代を振り返ってみましょう

以前尾田さんがSBSでドフラさんの子供時代を描いた時ドフラさんの姿はとても世界貴族の姿ではありませんでした
ボロボロの服を着て、ボロボロのソファーに座りつつも高笑いしていました

そして頂上戦争でドフラさんは「戦争を知らないガキ」と「平和を知らないガキ」の価値観は違う、という名言を残していましたが、この子供時代を見る限りではドフラさんこそ「平和を知らないガキ」だったんじゃないかな、と思ったり


天竜人は800年前に現在の世界政府を樹立した20の国の王の血を引く者達でアラバスタのネフェルタリ家を除く19の王族が聖地マリージョアへ移り住み、世界貴族となりました
世界貴族としての天竜人の権力は凄く、彼らに暴行を加えようものなら海軍本部の最高戦力である大将が出張ってくるほど

いや・・・本当無茶苦茶ですよこれ
だってどんなに天竜人がクズな行為をしてもそれを咎めたら大将が来て一方的にこっちが悪いってことになっちゃうんですからね


そうやって考えると「平和を知らないガキ」だったと思われるドフラさんはこの頃にはもう天竜人じゃなかった、と考えるのが妥当だと思います
では何故ドフラさんは子供ながらにして天竜人じゃなくなっていたのか?

そこで今週のセリフである。
「血」と「運命」という2つの言葉を使用されることによりある一つの可能性が僕の中で浮上してきました

それは・・・



ドンキホーテ・ドフラミンゴ

      ↓

ドンキホーテ・D・フラミンゴ



という以前から考察サイトなどで語られていた可能性
ワンピの世界ではこれまで「運命」という言葉が使われた時にはたいていがD関連だったと思います

そして五老星はDの名前が世の中に普及するのを好んでいない、むしろロジャーのように有名になり過ぎると隠そうとしている、ということからDとはある王国の生き残りなんじゃないか、と思われます

それに対してドフラさんに流れているドンキホーテの血は800年前にDの一族が中心だったある王国を滅ぼした一族の血です

つまり、ドフラさんは天竜人とDの一族とのハーフだった、という可能性



もしこれが本当なら天竜人は当然ドフラさんを天竜人として認めず、今のように天竜人「だった」という事態に発展するかと思います
むしろ、幼いドフラさんをそれこそ戦争や内乱が起きている国に放り出して、遠まわしに処分しそう・・・


それをされたのが子供時代のドフラさんだったんじゃないか、という疑惑が僕の中で浮かび上がってくるのですよ!


ただそういう人達にとって最大の誤算だったのがドフラさんのカリスマ性だったんじゃないかな、と
それこそ戦争や内乱が起こっている地域でも高笑いし、力をつけ現在では王下七武海の一人、ドレスローザの国王、闇のブローカー、そして世界政府の上層部と何やら取引をしている人物になる程のカリスマ性


でももしこの考えが正しかったら次に気になるのがドフラさんの組織「ドンキホーテファミリー」
最初はマフィアやギャングみたいなことをしてるから「ファミリー」なのかと思ってましたが、もしかしたらそのままの意味で「家族」の可能性が微レ存・・・?


かつて天竜人だったドフラさんが、自分の祖先が統治していた王国ドレスローザの現在の王になり、血の繋がりはないファミリーと共に海賊王を目指している、と考えると・・・胸がアツくなるな!!





しかし、そんなドフラさんの下から離れ、ドフラさんを倒そうとしてるのがトラファルガー・ロー
ドフラさんに見事出し抜かれ、イッショウ&ドフラさんとのバトルになってしまい、捕まっていましたが・・・ドフラさんが取り返したつもりでいた心臓がシーザーのじゃなかった!

そしてその隙に逃げてもう一度作戦を立て直すローなんですが、この時のローがかっこよすぎる
ドフラミンゴという厄介過ぎる相手に船が狙われないようにサニー号から充分に距離を取った上でシーザーを渡し、その後船が逃げる時間をもう一度稼ごうとするとか・・・かっこよすぎやろ!

だってローの能力は使えば使う程体力を消耗するわけですよ
ドフラさん&イッショウを相手にして体力を消耗してしまったと思われる状態でもまだ麦わらの一味のために自分が囮になろうとするとか・・・ロー△(さんかっけー)



でもナミ達の声を聞いて全てを理解したドフラさん
ローの作戦を潰すべく狙いをローからサニー号に切り替えます

そしてローも体力が消耗しているからか能力で自分を遠くまで飛ばすことが出来ないようでサニー号を襲うドフラさんに追いつけません

絶体絶命のピンチだったのですがそこに登場したのが・・・サンジ!!

相手が七武海だと分かっているからサンジもいきなり全力!
でもドフラさんも流石で、ディアブルジャンプを簡単に止めてます


サンジがドフラさんを倒せるとは思わないけど、黒足VS天夜叉は素直に楽しみだわ!



ONEPIECE 722話 アラバスタの過去
お久しぶりのワンピ感想!

ですが、新しく買ったキーボードに慣れてない&キーボードの不具合のためいつもより誤字脱字がおおいと思いますがごかん勘弁下さいませ・・・
いや、本当この一文打つのにもえらい時間かかってるんですよ・・・では感想でもいってみましょ~!


まずは外な展開を見せている扉絵でも!
弟・コリブーを見捨て、バーサンも見捨てたカリブーでしたが、なんと二人はそれでもカリブーを見捨てず、カリブーは自分が助かりたいがためかどうか知りませんが、四皇カイドウのお気に入りの島の警護をしているスコッチと戦うことになってました
これ絶対カリブー負けるやろ、と思っていたんですけど・・・勝っちゃった!?
これはカリブー強いうよりもスコッチが心配になってきます(汗)
だってカリブーですよ?
弱いととは言いませんが、ルーキーの一人ですが・・・これから新世界に入るルーキーに過ぎないわけですよ
それなの負けるとか・・・カイドウはお気に入りの島の警護を彼に任せていて平気なんだろうか・・・

とまぁ、それはさておき本編ですよ
相手をアートにする、というジョーラのよく分からない能力によって劣性だったナミ達でしたが、ブルックの裏切りによりついに状況が動きそうです!
ジョーラは能力のせいで強いのか弱いのかよく分からないですね~、
これで負けたとも思えませんけど、どうなるんだろ?

そして兵隊さんの話ぶりからすると前国王のリク王はやはり無実のようですね
しかし、同時にあの話し方だと兵隊さんの正体はリク王じゃなさ気ですですねぇ・・・
他にもkキャアベツがレベッカを庇っったかと思えば相変わらずだったりと言いたいことはありますが、それじゃないんですよ今週は

土フラミンゴなわけですよ
あちなみにドフラさんが今何してたかと言うと大将イッショウと共にローと戦っていました
「共に」とは言ってもイッショウさん隙あらばドフラさんも消す気満々でしたけど


そんなドフラさんサイド今週ではなんと・・・ローが負けてました

え・・ええええぇぇぇっぇぇぇぇぇぇぇぇx!??

いや確かに前回描写があった時もローは劣性でしたけども!!
大将と七武海が相手でしたけども!!

それでもこうも一方的な展開になるとは・・・



そして語られるドフラさんの正体

800年前、20の王国は「世界政府」という巨大な組織を作り、整地マリージョアへと移りすみました
その時ある一つの王国だけが移住せず、元の国に留まったそうで、それがアラバスタのネフェルタリ家

よその国では移住した王族に代わり次の国王が決定していき、ドレスローザではその第二の王家がリク一族
そして聖地マリージョアに旅たった王家こそが「ドンキホーテ一族」





・・・ネフェルタリ家って20の王の一つだったの!!?
マジか・・・じゃあ、もしこの時ネフェルタリ家の王がマリージョアへ移り住んでいたらビビは天竜人だったってことか~


・・・いや、むしろそうやって考えると世界政府のアラバスタの扱い軽くない?
クロコダイルが国盗りをしようとしていても察知出来てなかったし、創造主の一角であるネフェルタリ家の国で国中を巻き込む大暴動起きていましたし・・・

そうやって考えるとマリージョアへ移り住んだかどうかで権力が大きく変わったのかもしれませんね~
一つの国のトップから世界のトップへ
自分が一番上に立つわけではなく、複数の人達と一緒に世界を統治する、ということにはなりますが、やはり一国の王よりは世界の貴族の方が権力があったのか・・・

そうやって考えるとむしろ800年前ネフェルタリ一族はなんでマリージョアへ行くことを拒んだんだろ??
自分達の暮らしは今よりも間違いなくよくなるのに、それをしなかった

もしかしたらビビやコブラのように自分の国が好きだから、という理由もあるのかもしれません



しかし、しかしである
ちょっと待って欲しい


考古学の権威であるクローバー博士は20の王国による連合国によって巨大な力を持っていたある王国が滅びた、と推測していました
そして敗北を悟ったある王国は自分たちの思想などをポーネグリフに刻み、世界中にバラまいた、としていました


800年前、20の王国からなる連合国はある王国と敵対していた
つまりアラバスタもある王国と敵対していた

なのにアラバスタにはある王国の思想が刻まれたポーネグリフがありました
しかも大事なのはアラバスタの王家は代々これを守り続けていた、とコブラ王が言っていたことですよ


なんでネフェルタリ一族はある王国と敵対していたハズなのにある王国の思想が刻まれたポーネグリフを代々守り続けているのか?
ここにネフェルタリ一族がマリージョアへ移り住むことを拒んだ理由があるように思えます


ここでコブラ王のセリフをもう一度振り返ってみると気になるのが、刻まれている内容を重視してないということでしょうか
コブラ王自体はあのポーネグリフにプルトンの在り処が示されていることを知っているようでしたが、細かいことは知らないようでした。そしてまた刻まれている内容よりも守り続けていくことが大事だと考えているようでもありました

そういえば今や空島の一つになってしまいましたが、ジャヤのシャンディアもそうでしたね
誰も刻まれているも時の意味は知らないけど、守り続けている

アラバスタは800年前のことだから仕方ないとしても、シャンディアはカルガラがいた400年前でもう古代文字を読めなくなっていました
それでもずっと守り続けてきた


そしてポーネグリフではありませんが、気になるのがプルトンの設計図
もうフランキーが燃やしちゃったので現物は存在しませんが、不思議なことに古代文字は読むことが出来なくなっていたのに、プルトンの設計図を見たアイスバーグ、フランキーは驚愕していたので、意味は分かったのでしょう

つまり、ある王国と現代の人々はそこまで概念的に大きく違いあるわけじゃない、と思われます
なのに、文字は誰も読めない・・・なんでや・・・・・



話がそれましたが、アラバスタはある王国と敵対してたハズなのにポーネグリフを守り続けている
アラバスタだけがマリージョアは移り住まなかった

この2つが関係してるような気がするのですよ!
もしかしたらアラバスタはある王国に歩み寄った可能性が微レ存・・・?

800年前にネフェルタリ家が何を考えていたのか、私気になります!



ってかドフラさん普通に天竜人じゃないですか!
ドンキホーテ一族がマリージョアへ移り住んだって言ってるし!!

でもそれだとドフラさんが言っていた「もっと根の深い話」という言葉の意味が通じなくなるので、ここから更に何かあるのかな~?
しかし、ドフラさんはてっきりクロコダイルみたいに自分に関係ない他所の地を奪ったものかと思ってたら、まさかの元々は自分の一族の国だったとは・・・


一体彼は何を考えているのか・・・気になり過ぎるぜ!!




プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。