小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプ 21・22号 感想
○スケットダンス
ヒメコの故郷・大阪編が始まった時から何かあるんじゃないのかなーとは思ってましたがまさかこんな物騒なことになるとは
そりゃボッスンもキャンプの方がよかったっていいますよ(笑)

ヒメコのこととなると冷静になれないボッスンやそれを抑えるスイッチがいい感じ。スイッチは普段のギャグパートの時もいい味出してるけど、割とシリアスな面もしっかりしてていいキャラなんだよなー

ボロボロのボッスンがどうやってヒメコを助け出すのか、そこも見どころですが・・・これもしかして吊り橋効果起きるんじゃね?という


○パジャマな彼女
計佑の友達の名前にふいた。茂武市て!モブて!!
確かに全然スポット当たってないけども、そんなキャラがこんな名前など狙ったとしか思えんw

先輩は無事救出。よかったジャンプ史に残る報われないヒロインにならなくて
というか計佑は助けられたからいいものの、茂武市君も一緒に連れてったほうが良かったんじゃない?ケンカ強いわけでもないのに一人で行って警察頼みというのは・・・それほど動転してたってことかな

先輩が計佑に陥落寸前な一方でまくらにも異常事態が。計佑が他の女の人と一緒にいるところを見ると痛むようだけど・・・嫉妬が原因?


○クロス・マネジ
これどっかで読み切り見た気がするんだけどどこだっけな・・・

ただ、僕が見た読み切りと違って新キャラとして主人公に想いを寄せるキャラ登場


今の学生によくある「夢中になれるものがない」という主人公がヒロインの影響を受けていって徐々にアツくなっていくのが面白いと思います

そんで新キャラとして出てきた子が主人公といい対比となっててこれもいい味出してる!
若干週刊ジャンプっぽくない気もしますが、連載になったらなったで楽しみ


○ニセコイ
お嬢の猛攻が止まらない!

前回小野寺さんが久しぶりに輝いたかと思えば、今回ではもうお嬢のターンですよ!
林間学校ではババ抜きといいお風呂の話といい、小野寺は気付かなかったけど、千棘は気付いたって話が多い印象

しかも二人の距離もだんだん近くなってきましたし、小野寺さん!このままボンヤリしてたらまずいよ!!



○バクマン
最終回!
あまりのスッパリさに「え?これで最終回?」と疑ってしまいました。だってシュージンすら出てこないんだもん

前回シュージンの粋な計らいでついにエイジをアンケートでもコミックの発行部数でも上回った亜白木夢叶。今回で遂に1話からの夢だったサイコーと小豆が結ばれます


夢が叶うまで会わないとかひらすらにピュアな恋愛を続けてた二人でしたが、遂に・・・
サイコーのプロポーズの言葉がよかったね。1話の時は「夢が叶ったら」だったのに今回では「夢が叶ったから」とか。1話からの伏線が一気に回収されたような感覚。そうかこれが1話完結じゃない1話完結モノなのか・・・

週刊少年ジャンプという絶大な人気を誇っている雑誌でその雑誌で漫画を連載する人達のことを触れつつ、しっかりと王道少年漫画を貫いた「バグマン」
リバーシのような綺麗な終わり方でとてもよかったと思います。長い間お疲れ様でした。


○黒子のバスケ
ゾーンに入れば・・・!と思ってしまうからこそゾーンに入れない火神
黄瀬のアドバイス(?)のおかげでゾーンへの想いを吹っ切れたようですが、ゾーンを使わずにどうやって闘うんだろ・・・
氷室のシュートはもはや打つ前に止めるしかない気がする・・・

というか試合中の選手にあんな近距離で声かけていいものなのか・・・


○めだかボックス
あっさり勝っちゃったーーーー!!!

さすが安心院さん、安心出来るね(笑)


というかあのパンツパンツ言ってたキャラも含めて皆一瞬だったな・・・。安心院さんが相手じゃなかったらあんな瞬殺じゃなかっただろうに
最初あの1ページまるまる使っての戦闘描写に別の漫画だと思って読み飛ばしちゃいましたよw

圧倒的な強さで安心させてくれた安心院さんでしたが、その後1週間も連絡が途絶えたってなると・・・どうしても不安になってしまいますが
黒神めだか
球磨川
W不知火
安心院さん


トランプて言うとオールジョーカーなこの6人がそう簡単に敗けるとは思いませんが、音信不通ってなると不安になっちゃいますよねー
まぁ案外普通に過ごしてそうなイメージもありますけど(笑)




そんなわけで先週のジャンプ感想はここまで
今週が合併号である意味助かったな~・・・じゃないと今日ジャンプ発売されちゃってたし
1週間ジャンプが読めないのは辛いですが、来週が楽しみなので我慢しときましょう!


スポンサーサイト
ONEPIECE 664話 シーザーとかローとかジョーカーとか
先週は何かと忙しくてバタバタしてるうちに1週間遅れになっちゃいましたけど先週のワンピ感想いってみましょー!


まず最初にマスターことシーザークラウンが正式に登場
前回のスモーカーのセリフから懸賞金がかかってることが分かったのですがその額なんと3億!!

3億って言ったらあんた2年前のルフィと同じ額ですよ!



しかもシーザーのすごいところは4年前にパンクハザードを死の島にして以来、音沙汰無しだったってところですよ。つまりたった1回の実験でシーザーには3億もの懸賞金がついたことになります

ルフィが初めて懸賞金がかかった時、海軍の人は最初から懸賞金が3000万もかかるのは異例、と言っていましたがシーザーはその10倍です。どんだけだよ・・・

ルフィはアーロンを倒した後3000万の懸賞金をかけられ、その後クロコダイル戦後に1億、ロブ・ルッチ戦後に3億、頂上戦争後に4億という懸賞金の以降になっています

それをシーザーはたった1回の実験で3億まで・・・




それとスモーカーの話で気になったのはシーザーが一度海軍に捕まったのに、脱走したってこと
政府の元で研究をしていたからには政府もシーザーが「ガスガスの実」を食べた能力者ってことは分かっているはずです。そして能力者を捕まえたときに海軍は海楼石で能力を封じてインペルダウンのような収容所に連れていくはずなのに・・・脱走

しかもスモーカーの口ぶりからすると能力を使って脱走したっぽいし・・・海楼石しなかったのかな?それとも海楼石をされても能力を使えた?後者だったらかなり重要なことだと思うんだが・・・


あ、でも海楼石は未だ謎に包まれた不思議な石って前に誰かが言ってた気がしますが、人類の500年先の科学力を持つベガパンク、そしてその下で研究をしていたシーザーはもう海楼石の仕組みを解明してるのかな?ここら辺も気になりますねー





そしてロー
シーザーに仲間の命を握られてるとかってわけじゃなさそうですね
茶ひげの話だとローがパンクハザードの来たのは数カ月前の話ですし。それだとなんでローは数カ月前にこんな何もない島に来たんだろう?

シーザーと手を組んでることからシーザーに用があったのかな?とも思いますが、政府が消息を追えてなかったシーザーの居場所を何故ローが知ってるの?という
数か月前って時期からして七武海加盟後って可能性がありますが、もしかしたら七武海に入ったことで何か情報が入ってきたのかもしれませんね





んで最後に「ジョーカー」という謎の人物

海軍に中将が何名いるか知りませんがG-5の連中と共にスモーカー中将を消してももみ消せるほどの権力者
「やっと連絡がとれた」というシーザーのセリフから多忙な人物だと思われますが・・・

中将より上ってなると大将、元帥、世界政府、五老星・・・


パンクハザードと言えばシーザーの実験で死の島になった他にここ数年でもう一つ大きな出来事がありました
赤犬VS青キジ

この二人の闘いのせいで島は燃える島と氷りの島という天候が変わってしまいました・・・


そしてジンベエが初めてこの事実を作中で語ったとき、赤犬を推す上層部の連中も多数いた、と言っていました
つまり赤犬の「正義」という信念に賛同してる者が現在の海軍、政府上層部に多数いる


赤犬の「正義」と言えば「徹底的」という言葉がふさわしいと思います。オハラで民間人が乗った船を沈めた時も考古学者が乗りこんでいる可能性を考えてでしたし、頂上戦争の時も白ひげ亡き後も残党を徹底的に倒そうとしていました

このちょっと行きすぎた感のある「正義」を認めてる人物達がいる・・・

シーザーの行ってる行為をもみ消している「ジョーカー」なる人物は赤犬派の人間なんじゃないのかな~と。赤犬VS青キジの結果からして赤犬派の権力は増してそうですし




シーザーの兵器を使って海賊を徹底的に滅亡させようと考えてる人物とかかな?

いずれにせよ「ジョーカー」は相当な大物と見て間違いなさそうです





いや~・・・毎週毎週新しい情報が出てくるわ新七武海出てくるわ、ス懐かしい顔出てくるわ、3億の賞金首が出てくるわと今後ますます面白くなりそうなパンクハザード編!
続きが早く読みたいのに今週は合併号・・・orz






というかホーキンスが茶ひげに見た死相とはなんだったんだ・・・
まねこい 7巻 すれ違って出会うもの

まねこい 7 (ゲッサン少年サンデーコミックス)まねこい 7 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2012/03/12)
モリ タイシ

商品詳細を見る



私・・・もう少し頑張ってみます。



ネタバレ注意



この結末は予想外だった・・・

以前まねこい6巻の記事を書いた時はまさかこんな結末になろうとは思いませんでしたよ

これは確かに賛否両論ある終わり方だろうなぁ・・・




ちなみに僕は最初読んだ時は「否」でした


前巻で遂にホンチーが音痴だということを自覚するわけですけど、ホンチーはハルを信じてハルから言い出してくれるのを待ちます

しかし、本当のことを話してしまうと今のホンチーとの関係は崩れてしまうんじゃないか、と思っているハルはホンチーに風邪を引かせてカラオケ大会に出場させないようにしよう、ということをしてしまいます

そして・・・


ハルがホンチーに何をしたのかは読んで頂くとして、これにより完全にすれ違ってしまいます



最後にホンチーも言ってたけど、ホンチーの初恋の人は間違いなくハルだったと思う。けど「あの夜」以来ハルのことをそういう目で見れなくなってしまった・・・


正直これが意外でした。ハルは最低なことを考えつつも最後の最後で実行はしない、と予想してたんですけど、まさかの実行しちゃうという
ハルとホンチーは絶対付き合うと思ったのになー


ホンチーとすれ違うことになったハルは最終的に小南と付き合うことになるんですけど、これも含めて最初は「否」でした
やっぱ主人公とヒロインがくっつくのが見たいっていう気持ちがありました




でも一晩経って読み返してみるとこれはこれでアリなんじゃないのかな、と

人は傷ついてる時にふっかふかの布団があると「もうこのまま寝てしまいたい」と思ってしまうんですけど、ハルはふっかふかの布団として小南を利用しませんでした

そして小南もハルにフラれてハルのしたことを聞いたとき、ふっかふかの布団に倒れ込むことはしませんでした




自分が傷ついてる時でも相手の気持ちを考えて倒れこまない、これが出来た二人だからこその結果なのかなぁと思いました
多分どっちかが布団に倒れこんでたらこの2人は上手くいかなかったんじゃないかな


取りあえず、試食をお願いした時の小南の可愛さは異常(笑)






「まねこい」
最初は招き猫の猫太郎の言いなりでダメダメだったハルは7巻という短い巻数を通してずいぶん成長し、ホンチーと結ばれることはなかったけど、この高校生活で得たものは彼の今後の人生にとってとても大きなものになると思う

ほんの少しの間違った選択で取り返しのつかない事態になることがある
そうなってしまったらもう手遅れ。それを忘れないよう心に刻んで次の糧にするしかないのです

少しでも後悔しないように頑張ろうと思えた作品でした



モリタイシ先生お疲れ様でした!
「いでじゅう」「レンジマン」は王道的で、「まねこい」はリアルな結果となって予想外でしたが面白かったです


次回作は打ち切りにならないといいなぁ・・・

週刊少年マガジン 20号 感想
今日は連続で行きます!
今度はマガジンの感想でーす

○AKB49
例えばクイズ番組で問題と答えを知ってる存在がいたらどうすれば勝てるでしょうか?
答えを知ってるMAYA対答えを知らない秀才・吉永の勝負がついに決着!

前回MAYAは答えを知っている慢心からボロが出てしまい、吉永が追い上げることが出来ました
しかし、最後の漢字の問題。テンパって答えが浮かばないMAYAでしたが漢字の問題は一つしかなかったから押せる
一方吉永は回答を知らないから考える時間が必要だから押せない

こうなるはずでした

いつもミスが多く、研究生の中でも決してダンスや歌に秀いでていたわけでなく、どっちかと言うとトラブルメーカーだった吉永
父親に「アイドルになりたい」という夢を否定され続けたからか吉永はあまり自信がありませんでした。AKBのオーディションの時も研究生講演の時も握手会の時も

しかし父親に否定され続けたアイドルへの情熱だけは人一倍有り、人のステージを奪うMAYAには怒りすら覚えていました

アイドルを侮辱されたから、父との決別で自信を身に付けたから、みのりと岡部に甘えっぱなしの自分と卒業したから

このうちのどれか正解か分かりませんが、自信がなく失敗を恐れていた吉永が今回取った戦法。それは解答権を得ること

解答権を得てから答えを考える、そんなリスクの高い選択を吉永がしたことに素直に驚きました。みのりがするなら分かりますが、吉永が自分の意志でやるとは・・・成長したなぁ

そんな吉永の大活躍で見事MAYAを撃破したGEKOKU嬢。先週の予想通り吉永に(おまけでみのり&岡部にも)次のクイズ番組出演へのオファーが

MAYAにもみのり・吉永が一矢報いた!と呑気に喜んでいたら・・・在庫カウントダウンがスタート
今回は予約の数字が反映されてるようですがさっそく7枚予約されてます
MAYAに一矢報いたとは言えメディアへの露出が少ないため世間的知名度がまだまだ低いGEKOKU嬢
在庫カウントダウンはどうなるか全く予想つきませんが、完売しきった時の爽快感が楽しみ!!

○ベイビーステップ
勝つにしても将来がかかった大事な一戦が相手次第で決まるのは嫌だ!というエーちゃんの攻撃が功を奏し、ブレイクバックに成功
微妙な変化をつけることで岡田バズーカの打点をズラし精度を落とさせる、一見すると岡田が攻めてるだけにしか見えませんがエーちゃんも攻撃して積極的に闘ってる!

ただこのエーちゃんの戦法に岡田が若干慣れつつあるんじゃないのかと不安・・・


そして今まで全国3位という強豪でありながら岡なんとかさん止まりだった岡田がコールされてる時は敵だけどこみあげてくるものがあるね


○A-BOUT!
樋口倒れる・・・
いや、まぁ重傷の身体で久場とあんだけやりあったらそりゃ倒れるでしょうが

でもここで樋口が倒れちゃったら誰が北条とやるんだろうと思いきや、小っさい樋口が復活!やっぱこの男が闘うのか
しかし北条も一撃も貰えないってハンデがあるけど、ボロボロの朝桐でケンカになるんだろうか・・・


○エデンの檻
ハデスが解説キャラに成り下がってる・・・
こいつは矢頼や光ちゃんみたいに闘えるわけでもないし、アキラみたいにリーダーシップがあるわけでもない
ただ錦織と同じで心が他のやつらと違う。ネウロ風に言うと結果悪や必要悪といった不純な悪ではなく「絶対悪」
悪意が他のやつらとは明らかに違うキャラ・・・そう思ってたんだけど・・・バトルシーンだと解説しかしてねぇorz
彼が再び輝く日は来るのだろうか・・・


○エリアの騎士
後半になってようやくパスが通り始めた江の高。・・・いや遅いだろ!
相手チームの強さを強調するためだろうけど、前半終了時で3-0.パスも通ってないて。

いくら傑が何かを教えても無理なんじゃ・・・と思ってたらいい感じというね
レオが何か考えてるようだし、後半早々1点とはならないかな?


○ダイヤのA
また相手チームペースになってきた・・・。確かに試合の最中に流れが変わるってのはあることですが、降弥はまた9回投げ切れないのか・・・


○さんかれあ
別冊マガジンからの出張作品
別マガだと「進撃の巨人」ばかりが騒がれてる印象ですが、「超人学園」「どうぶつの国」「カウントラブル」と他にも面白い漫画をいくつも掲載しています
そんな別マガの中でもアニメ化が決定した「さんかれあ」が本誌に出張。別マガに初めて掲載された時から読んでただけに感慨深いですねー

というかアニメ化が決まったことにも驚きましたが、講談社はえらい力の入れようですね
今回の話はゾンビについて軽く触れてるだけですが、連載の方では腐食が進むれあとばーぶ、命と倫理観という難しいテーマにも触れていて面白いので興味ある方はぜひ別マガの方も読んでみてください!



もう一本記事書きたかったんですけど、時間があんまないんで今日はジャンプ・マガジンの感想だけで
AKB49の8巻が5月に出るし、その前に7巻の感想書いときたいなー・・・
週刊少年ジャンプ 20号 感想
小学館が裏サンデーなるものを創刊しました。創刊と言ってもWEB漫画でいつでも誰でも無料で読めるタイプ
今のとこ5作品連載されてるんですけど、本格的に始まる5月からは毎日日替わりで最新話が更新されていく、という週刊誌のような形にもなっています
そこで僕もハマってるんですが「ヒトクイ」を描いてるMITAさんが原作者として「ヒト喰イ」を掲載してるので、気になった方は是非~

いまのとこヒト喰イ、神漫画、ヒーローハーツが面白そう


ネットが普及してWEBで無料で読めちゃう時代が到来しつつありますが、有料の紙媒体の雑誌もいいよね、ということで今週のジャンプの感想でーす


○ハイキュー
あっさり試合終了―
アタッカーの打ちたいところにドンピシャで上げる、景山は今回の試合で一皮むけたな
日向がアタック打つのが下手っていうのが今後ネックになってくると思うけど・・・そこはまぁおいおい

というかメガネ君が景山にあれだけ突っかかってた理由はこの試合で明かさないんだ・・・まさかなんの理由もなしに突っかかっていたってワケじゃないよね?(汗)




○ニセコイ
楽と千棘は家庭の事情で恋人のふりをしなくてはならない
でも楽には想い人である小野寺さんがいて、実は小野寺さんも楽のことが好き
千棘は自覚してないけど楽のことが気になる

学校や家では偽物の恋人を演じる二人と楽の想い人・小野寺さんによる三角関係(?)ラブコメ・・・それがニセコイという作品だと思っていました

しかし、ある日を境に小野寺さんとは一体何だったのかと疑ってしまうほど、小野寺さんは作中から姿を消します
どこかに転校したとか楽・千棘とクラスが違うというわけでもないのに姿が映らない。えぇ・・・何度小野寺さんも活躍させたげて!と思ったことか・・・・

しかし・・・今週ついに小野寺さんが活躍するのである

小野寺さん回キタコレ

前置き長くなりましたが、告白未遂事件以来の小野寺さんのターンですよ!いや本当長かった・・・今まで上層部から圧力かかってんじゃないのかってくらい活躍しなかったですもん

そんな待ちに待った小野寺さんは期待以上の破壊力。可愛過ぎるやろーーー!

しかし、小野寺さん無双回かと思いきや最後に千棘もオラオララッシュ・・・ニヤニヤが止まらないね!(笑)
そして千棘は1ページ使った大ゴマよりもその次の驚いてる顔が可愛かったw

来週もニヤニヤが止まらなそうだぜ!


○黒子のバスケ
やっぱ火神にはまだ無理かー
キセキの世代と常に渡り合えるだけのレベルには達してないのね

ゾーン入ったときや調子がいい時にキセキの世代と同等、もしくはそれ以上の能力を引き出せるけど、普段はキセキの世代よりほんの少し下回る感じかな?

木吉が抜けでも必死に食らいつく仲間たちの姿を見て仲間とは守るものじゃないと気付かされた木吉。ラスト数分でどんな答えを見せてくれるんだろうか・・・



○パジャマな彼女
おぉ・・・なんか絵に描いたようなチンピラに空気先輩が攫われちゃったよ・・・
なんでだろ、こっちもニセコイと同じで片方のヒロインだけ活躍しまくってるんだけど、不思議と先輩のターンがこなくても平気な俺がいる・・・
まくらが可愛過ぎるのか
これで計佑が間に合わなかったりしたら先輩はジャンプ史上最も不憫なヒロインの座が確定するな


○めだかボックス

変態は後5人いる
ってなんだよソレ!(笑)
しかも律儀に皆本当に変態だし、変態番号まで名乗ってるしw

最後のマリーアントワネットは変態ってレベルじゃないと思うの。当時のヨーロッパからパンツをなくす気か!

オールジョーカー一番手は安心院さん!なんだけど・・・何故だろう敗けそうで怖いわぁ
スキルとマイナスはたくさん持ってるけど安心院さん自信が戦闘に使用してる描写ってなかったよねたしか。闘えるんだろうか・・・前回までのストーリーの裏ボスみたいな存在だっただけにこんなすぐに敗けて欲しくないんだけど・・・

ONEPIECE 663話 サムライはいつも一人!
サムライ同一人物かよ!!
なんてミスリード・・・orz


頭サムライはローのことを「名前も知らない人物」と言っており、下半身サムライは「たわけた七武海」と言っていました

それに頭サムライは無益な殺生はしない宣言をしましたが、ルフィ達がパンクハザードを訪れる原因のサムライはケンタウロスの集団を斬りまくってました

そして更に話し方も違っていたし、頭サムライは氷の島の方、下半身サムライは燃える島の方にいたので別人物だと思っていました・・・


斬った理由・・・モモの助を助けるのに邪魔するやつを斬ったまで
話し方が違った理由・・・・・サムライの特技が屁で喋ることだったから




ってなんだよそれ!!


分かるかーーい!(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵





はぁはぁ・・・いったん落ち着こう


・・・ふぅ。




というかサムライが悪魔の実の能力者だったことにも驚きだよ!(←落ちつけてない)
変化系の能力みたいだけど・・・バケバケの実の変化人間とかそんなんかな?




そして前回惜しくもやられたスモーカー中将復活!!
たしぎの姿で・・・


これってスモーカー(身体はたしぎ)は悪魔の実使えるのかな?それともたしぎ(身体はスモーカー)が使えるのかな?
たしぎの身体で煙草を普通に吸ってることから身体という入れ物が入れ替わっただけのような気もしますが・・・


あ、でもそれだと入れ替えるメリットあんまないよなぁ・・・やっぱ身体能力とかは身体の持ち主通りなんでしょうね


どっかで見たことある設定だな





・・・そう元懸賞金額が3億を超えていたにも関わらず、麦わらの一味には敗れ、頂上戦争でもリトルオーズにとどめを刺したのがピークで戦争後はパシフィスタにボコられたモリアさんの能力じゃないですか!!

モリアさんの能力「カゲカゲの実」は切り取った影を別の入れ物(生死問わず)に入れると身体能力は身体の持ち主で技や精神はカゲの持ち主にすることが出来るものでした
モリアさんはこれを基本的に没人形(マリオ)に入れてゾンビにしてましが、生きてる人間にやっても同じ効果が出るよう(ただし時間に制限有り)



もしローの「オペオペの実」で身体を入れ替える技がモリアさんのカゲカゲの実と同じだとしたらモリアさんの能力が霞んじゃうじゃん・・・・・
さすがにローの能力は死んだ人間には入れられないだろうけど
ってかそれまで出来たらローの能力本当チート過ぎるよ


ローの能力と似ているモリアさん。モリアさんをボコったパシフィスタを造ったベガパンク。ベガパンクに恨みを持ってる(?)シーザー
なんか繋がってるような気がしてしまった(笑)





そして毎回毎回新しい謎が出てくるパンクハザード編ですが、今週も出てきましたよ~

今週のローの言葉からしてローは何かを取り戻したくてシーザーと手を組んでる様子
でも七武海にまでのし上がったローがシーザーと手を組まないと取り返せないものってなんぞ?という

まだローがハートの海賊団の仲間たちについて一言も触れてないのが気になりますが・・・もしかして仲間を取り戻したいのかな?
いやしかしローはパンクハザードを「別荘」って表現してたからな・・・仲間を連れてきてなくても不自然ではないか・・・



そしてシーザー
なんか言動から小物臭が漂うキャラですが、スモやん曰くマッドなやつだそうでベガパンクの元同僚でありながら現在は懸賞金までかけられてるとか

元とは言え、人類の500年先をいく科学力を持ってるベガパンクの同僚ってこてとは相当な科学者なんでしょうけど、なんで懸賞金がかかってるんだ・・・
実験が非人道的だとかかな?子供たちを攫って人体実験もしてるっぽいし



相変わらず謎が謎を呼ぶパンクハザード編ですが、来週からいよいよ分かってきそう
ローはシーザーに何か文句があるようですし(恐らく子供たちのこと)、シーザーはローに文句があるよう
シーザーについてはスモやんが来週も解説してくれると期待してる





個人的にルフィを助けた時の状況をローが思いだしていたのが印象的

おれは医者だ!!!
2週間は絶対安静だ(←こっちはうろ覚え)

などローの言動は色々謎過ぎる・・・。オペオペの実の能力を使ってルフィを助けたのか、それとも純粋に医者なのか・・・多分医者かつオペオペの実の能力者ってことなんでしょうけど
気まぐれで助けたとイワさんにも言ってましたが、2年後の現在もルフィにむかって気まぐれで助けたと言い張ります
気まぐれで助けた割には安静にするよう言ったりとルフィには助かってほしかった感じがプンプンします

麦わら帽子を見つめたり、「D」について何か知ってる風だったり、何か海軍あるいは政府の企みに感づいてるようですし、2年前シャボンディ諸島で天竜人暴行事件でルフィ達と共闘した疑いがかけられてるのに王下七武海入りしてたり、シーザーと手を組んだり、取り戻したいものがあったり・・・・・

謎が多いわ!!

ローの謎が全部明らかになるのは一体いつなんだろう・・・(遠い目)


週刊少年マガジン 19号 感想
先週は忙しくて、マガジン感想書けませんでしたが、今週は書きますよー!

いつにもまして、掲載順ではなく、思いついた順に感想書いていきまーす

○エリアの騎士
すぐるVSレオ決着!!
すぐるが見つけた紙一重のサッカーを見事に証明して、成仏したすぐる・・・

いや確かにゴール決めるのはカケルたちがやるべきなんだろうけど・・・後半だけで4点も取れるかぁ?


○AKB49
吉永覚醒!
熱湯対決という出来レースにもかかわらず、みのりのド根性のおかげで新たにチャンスを掴むことが出来たGEKOKU嬢。根性でみのりがMAYAに勝った次は、知力で吉永が勝つとか(まだ結果は分かりませんが)
アイドルという夢を追いかけるために父親と決別した吉永。でも吉永は父親のことが好きだったし、父親も吉永のことをちゃんと愛していました。
そんな父親が吉永に長年やらせてた勉強がついに役立つ時が・・・

きっと父親はテレビを見て微笑んでることでしょう

ってかこれ吉永クイズ番組のレギュラーの話来るんじゃない?アイドルとして番組に華を添える意味でも、若い天才少女って意味でもクイズ番組が放っておかなさそう


○ベイビーステップ
ゾーン状態に入ってるだけでも手がつけられないのに、ここにきてネガティブな部分まで活かされるとか!
岡田がこのまま好調だったら岡田の勝ち
岡田がミスり続けたらエーちゃんの勝ち

エーちゃんにとって今後もテニスを続けられるかどうか、という一生がかかった大会なのに勝つも敗けるも岡田次第なんて嫌ですよ!
反撃の糸口がまだ見えないですけど、エーちゃん頑張ってくれ!!


○A-BOUT!
帝王・樋口△(さんかっけー)

傷口を普通に殴ってくる久場も潔いと思ったんですけど、それを承知でケンカしに来てる樋口がかっこいい!
これぞ光嶺で3年間生き残ってきた男って感じ

3年はまだ誰もつぶれてないのに、チームイーターは北条とザコだけでになってしまいましたが・・・北条はまだ闘うんだろうか


○ハピプロ
駄目だ・・・主人公がアホ過ぎる(ノ△T)
深く考えないで勢いだけで行動する、若者の行動としてはいいと思うんですが・・・もうちょっと考えようよ
西倉さん見習って!


○エデンの檻
光ちゃん復活!

というかハデスまだ生きてたのか・・・こいつ自信はリミッター外れてるわけでもなさそうだし、なんでまだ生き残れてるんだろう・・・


ハデスと一緒にいるからてっきりアキラ達との記憶を失ってるかと思いきや、アキラとの友情のためにキメラを一人で相手するとか!
光ちゃんは前科がありすぎるけど・・・またアキラと前のような関係になってほしいなぁ



○はじめの一歩
板垣VS冴木の試合はあれだけ描かれてたのに・・・

まさるも敗けそうだし・・・「引退」という言葉が頭をよぎるというボクシングをやってるものならいずれ通る道だろうにこの扱い・・・見てて泣けてくる






今後もちょっとマガジンに関しては掲載順通りに感想は書けないかも・・・

アナグルモール 特別編 コイツら二人とも探ってる!

アナグルモール 1 (少年サンデーコミックス)アナグルモール 1 (少年サンデーコミックス)
(2012/03/16)
福地 翼

商品詳細を見る




※ネタバレ注意




皆さんは尾崎豊というアーティストをご存じでしょうか?
その圧倒的なカリスマ性と曲が当時の若い人々を魅了したアーティスト、尾崎豊
今活きている場所があるけれど、それでももっとふさわしい場所を求めて傷つきながらもがむしゃらに突き進む様子にすごい感動したんですけど、今の若い世代にはあまり理解されにくい、という話も聞きました・・・

他人と違うけど、決して自分を曲げない
そんなアナグルモールの今週話を読んでて尾崎豊を思いだしたので「アナグルモール」の感想書いてみまーす
あ、まだサンデーでしか読んでないので、記憶がぼんやりしてますがご容赦をばm(_ _)m



主人公・ルチルは人間たちが住む地上より更に深くからやってきた「マジン」という種族
太陽の光を独占している人間たちを滅ぼすためにスパイとして送りこまれます

ホームステイという名目で人間界で千羽、恭介のいる草薙家でお世話になります


マジンは人間よりも身体的に優れているし、人間にはない特殊能力があって人間よりも強いのですが、なぜかマジンの間では人間はマジンよりも強く、恐ろしい生き物という誤解が存在します
自分たちよりも強い種属だからこそ、弱点を突くしかないと考えてスパイを送りこみます


ルチルも最初は人間を恐れていましたが、草薙家で暮らしていく内に人間は凶暴な生き物ではないと感じるように・・・




人間というバケモノが住んでいる地域へスパイを送り込む。そんな危険な任務に何故ルチルが参加したのか??

それはルチルが落ちこぼれだったから


マジナグラムというマジン独自の能力があり、ルチルの能力は隆起(デコス)、陥没(ボコヘル)というもので物質を隆起させたり、陥没させて移動、攻撃など出来る能力
あまりマジンが出てきてないのでよく分かりませんが、ルチルの能力はマジンの中では弱い能力のようで、そのことが原因で差別され育ってきました

そんな落ちこぼれのルチルはバケモノ達が住む地上に行き、人間の弱点を持って帰ってマジンに自分のことを認めさせようと思い地上に向かいました




草薙家の次男・恭介はケンカをよくして毎回姉である千羽に怒られています

しかし、恭介は誰にも敗けないほどケンカが強かったり、腕っ節で周りの奴らを黙らせてやろう、と思ってケンカをしているわけではありません

むしろ数人相手だと敗けてしまっていたのでそんな強すぎるってわけでもないし、小学生のころに高校生に向かっていったりと勝ち目のないケンカでもやりにいきます。そんな恭介がケンカをするのは基本的に誰かのため。自分のためではありません
それが相手に伝わるかどうかは関係なく、恭介がやりたいからやる
なぜなら恭介はアナグルモールだから





マジンに仲間だと認めてもらいたい一心で人間界へ行ったルチル。マジン(仲間)たちに認められた自分という場所を求めていました
しかし、ルチルの求めていた場所はマジン(仲間)という種族は関係なく、自分を認めてくれる人がいる場所でした






そんなルチルと恭介はマジンに攫われた千羽を助けるためマジンの住む地底へ
マジンは恭介のことをバケモノだと思っていますが、恭介は肉体的にマジンに劣る生身の人間です。ルチルを狙ったマジンの攻撃のせいで重傷を負ってしまい、自分を置いて行けという恭介。
ルチルよりも強いマジナグラムを持ったマジンがいる中で、手負いの恭介を連れていてはマジンに見つかってしまいルチル達にとって不利になります。
それでもルチルは置いていかない。なぜか?ルチルがやっと掴んだ「家族」という居場所だから



誰かを助けるためにやったケンカでもその誰かはケンカばをする恭介を恐れる
誰からも感謝されないならもうやりたくない
そう思う小さいころの恭介でしたが、兄が2つの選択肢を出します

やらずどこにでもいる「誰か」になるか、それをやり続けここにしかいない「恭介」になるか



土竜はある年齢になると親のもとを離れ自分の場所を探しにいくそうでう。
親元を離れれば外敵もいて、自分の場所を見つける前に死んでしまうこともあります

それでも土竜は親元から離れる

それはなぜか?

与えられた場所は嫌だったから



途中で敵に遭遇し襲われ、志半ばで死んでしまうことになろうとも、自分の場所を探(あなぐ)り続ける
その心がアナグルモール




別のマジンにやられ気絶したルチルを怪我から復活したばっかの恭介がマジンから助けただけでも熱くなるのに、もう置いて行けって言わない宣言をする恭介に胸が熱くなるな!
互いに傷つきボロボロになっても互いに自分の場所を見つけるために探り続けよう、と!


マジンであるルチルがやられた相手に恭介が勝てるわけがありません。でもそれでも挑む
なぜなら・・・アナグルモールだから!



傷ついてボロボロになろうとも、自分の場所を守るために闘う。そんなアナグルモールに感動した!



週刊少年ジャンプ 19号 感想
ワンピースの載ってないジャンプなんてチーズがないチーズバーガーや!!(あいさつ)
せめてハンターがあればよかったんだけど、休載入っちゃったからなぁ。
まぁ、何はともあれ今週のジャンプ感想いってみましょー


○バクマン
そっかPCPと同時連載だったな・・・すっかりPCPの存在を忘れてたw
リバーシは作中にちょこちょこ出てくるけど、全部を見れてるわけじゃないからラストにもよく分からなかったや・・・僕の読み込みが足りないだけかな?
でも最後サトルは悪魔として死ぬんじゃなく、人間として死ぬという流れはいいと思った。そして最後の見開きは・・・白黒対決なんか関係なく世界が回ってるってのを表したかったのかな?
でも色々な解釈が出来るラストも好きだなー

ワガママ言って新連載したリバーシでしたが、無事アニメ化されそうですしこれは最終回に向かってると思ってもいいのかな


○パジャマな彼女
まくらが可愛い。先輩お邪魔虫に見えてきた・・・

水着の件はきっと後で計佑がポケットに手を入れたらまくらの水着が入ってると予想。頭と頭がぶつかったのが原因かな?



○めだかボックス
めだかちゃん肉断ちしてたんだ・・・・・
デビル会長は皆からの信望も厚いようで(笑)

次はめだかちゃんがメインの話ってことかな?さすがに人吉には難しいだろうし


○ハイキュー
やっぱ「瞬間」を描くの上手いな~
景山が集中してるってのが伝わってくるし、スローなのに日向のすばしっこさも伝わってくる

でもこれ日向いつまで目瞑ったままでいるんだろ。さすがに打つコースくらいは日向が選んでいった方がより点が取れるようになると思うけど

そして最後景山は合わせられたことに対して喜び、日向はトスが貰えアタックを打てたことに喜んだ時の言葉が一緒だったのもよかった!
これはもう充分チームプレーでしょ


○ニセコイ
今週の僕にとってニセコイのないジャンプなんてハンバーグのないハンバーガーのようなもんや!

るりちゃんナイスアシスト!b遠心力じゃ仕方ないよね~(笑)
そしてつぐみは順調に嫉妬してるw

ただし!一つ言いたい!!

ニセコイの本来のヒロインはつぐみではなく小野寺さんだ!と


・・・確かに小野寺さんの戦力は相当なものです
楽の現在の想い人
約束の女の子かもしれない
実は両想い

普通に小野寺さんを活躍させてたらあっという間にくっつきそうなレベル
だからでしょうが、最近の小野寺さんは出番がない。エア寺さんと呼ばれてもしょうがないほどに
これでは読者も小野寺さんにブヒれません。
でもこれくらいのハンデがなきゃ他との差が圧倒的過ぎるから・・・と思っていた時期が僕にもありました

なんだ今週の展開orz
空気と化している小野寺さんから出番だけじゃなく、「約束の子」という称号まで取り上げるのか!

ザクシャインラブ(愛よ永遠に)、おでこの傷、千棘が昔日本にいたことがある、そして・・・鍵

えー・・・このまま千棘が約束の子だったりしたら小野寺さんが不憫過ぎる(ノ△T)
そしてじゃあ小野寺さんが持ってた鍵は何だったの?という

前に楽が約束を交わした女の子は二人いて、鍵の方の約束が小野寺さん、ザクシャインラブの約束が千棘だと予想していましたがここにきてまさかの千棘オンリー説が出てきましたよ

地味に千棘が子供のころの日記に「かれ」と一貫してたのが気になる。名前知らないってことはないよな?


千棘もつぐみも可愛くてニヤニヤ出来るけど、そろそろ小野寺さんにもスポットを!(懇願)


○スケットダンス
ヒメコの住んでた大阪編へ
やっぱシリアスありますよね!スミちゃんはヒメコの気持ちに気付いたし、もしかして今回の大阪編でヒメコが遂に自覚しちゃう?しちゃう??(←うざい

というかスミちゃんスイッチの喋り方気にしないんだ・・・洞察力といい大物やでこの子


○べるぜバブ
ついに水着が!と思いきやヒルダでした
葵姐さんのが見たいと全力で叫びたい(笑)

ベル坊を廻って女のバトルが勃発してますが・・・そこじゃない!親の方でおねがいします!

神埼先輩の修行の成果が見られるか!?と思いきや東条がしゃしゃり出てきた・・・おまえバトルシーン結構あるからいいじゃんorz
たまには神埼&姫川にもバトルシーンを!


○黒子のバスケ
空気と化してた氷室についにスポットが!

というかダブルエースという割には氷室の活躍してるシーン少なすぎだろ
火神は紫原と同じことをやろうとしてるけど、出来るのだろうか・・・あれは紫原だからこそ出来た気もしますが・・・




来週はチーズがちゃんと入ってるチーズバーガーがちゃんと入ってるジャンプを読めそうだ(笑)これで今週合併号とかだったらキツかったわぁ

ニセコイの1巻いつ発売なんだろうと思ってたら5月発売なのね。案外遅かったなー



ニセコイ 1 (ジャンプコミックス)ニセコイ 1 (ジャンプコミックス)
(2012/05/02)
古味 直志

商品詳細を見る


週刊少年ジャンプ 18号 感想
なんか最近忙しくなってきたので手短に


○めだかボックス
あ、なーるほど。安心院さんを未だに人という枠で捉えてました・・・
膨大なスキルと端末を持つ安心院さんがずっと感じていたこと。それは「この世界は作りものなんじゃないのか?」ということでした

一般の人でも「劇的な展開」が訪れることが人生で何度かあると思うんですが、そんな時に感じる「まるでこの世界は自分のためにあるようだ」という思いを極限まで突き詰めていった結果、陥りやすい症状のようです
その後のめだかちゃんがデレる展開といい文句なしだったんですが、まさか漫画の中の話で今回のような話を持ってくるとは思いませんでした・・・
これじゃまるで、ジャンプを読んでる僕らも実は誰かに読まれてる物語の一つでしかいないと錯覚してしまいそう

相変わらず演出が上手いなぁ
てっきり安心院さん編で終わるかと思ってましたが・・・まだ続くのかな?
それこそ週刊連載だからアニメ放送中は終わっちゃ駄目的な(笑)


○黒子のバスケ
お、やっぱ黒子の影の薄さを利用して紫原を止めましたか~。まぁでも流石に何度も通用する相手ではないですし、何度もやってたらフェアプレイ精神を疑われそうな止め方ですけどね

そして次に誠凛が仕掛けたのはオールコートマンツーマンに見せかけた入れ替わり。これによって影の薄い黒子の存在を更に認識出来なくなり、インターセプト→シュート→得点という流れを作ります。

これは黒子が自力でシュートを打てるようになったからこそ出来る戦法だなぁ。相変わらず黒子のシュートが止められてないけど、タネ明かしはいつになるのだろう・・・



○ニセコイ
表紙のつぐみは可愛過ぎるだろぉぉぉぉぉ!
本編で楽の前でやってほしいわ(笑)

つぐみが異常をきたす相手が楽だと知らないからか呑気にアドバイスとか送ってる千棘。これつぐみの好きな人は楽だと知った時の反応が楽しみだな(ニヤニヤ)

そして相変わらず空気と化している小野寺さん・・・。この子にもっと出番をあげて!なんか某AKB漫画のヒロイン思いだすわ(ノ△T)
次回は千棘の過去の話っぽいし、ますます小野寺さん活躍の機会が減るじゃないか・・・


○べるぜバブ
全面的に二人に賛同する(笑)
あの3人はなるべく今の関係が続いてニヤニヤさせてくれればいいよ。(ヒルダさんのご褒美タイムは終了しましたが・・・




なんか今更ながら就活しないとやばいな、ってことに気付いたので先月のように更新は出来なくなるかも・・・

ONEPIECE 662話  ローの企みと海軍の企み
まさかの展開!



たしぎは本当にやられてしまっていた模様・・・2年間修業して大佐にまで昇進したのに、あのあっけなさ。泣けてくる(ノ△T)
まぁ、ローが強すぎるんでしょうけど

んで、メインのローVSスモーカー




正直読んでて最初に思ったのが、ローは七武海なのに中将のスモーカー相手にてこずるのか、と思いました

世界の三大均衡として、海軍本部、王下七武海、四皇の3つの勢力があります
七武海と言えば世界に7人しかいないのに、その三大勢力に入る程の実力を持った海賊たち。言わば海賊の中でも選りすぐりの存在です

対して、三大均衡の一つ「海軍本部」は上から順に元帥、大将、中将、准将、大佐・・・と七武海に比べてかなりの人数がいます
七武海は完全な政府側の味方というわけではなく、いつ裏切ってくるか分からない存在なので、元帥や大将レベルまでなると戦争編を見た感じ七武海でも勝てなさそうな強さを誇ってます
2年前の時点では元帥はセンゴクの1人、大将は赤イヌ、青キジ、黄ザルの3人だけでした

つまり相当な人数を要している海軍でも七武海に匹敵するレベルは大将クラスからだと思ってたんです


四皇、元帥>大将>七武海>中将


こんな感じのパワーバランスだと思ってたわけです

それが、今回のローVSスモーカーを見るとスモーカーが推してるように見えます
なのでもしかしたら中将と七武海は同じくらいのレベルなのかな・・・?(中将、七武海の中でそれぞれ強い、弱いってのはあるでしょうが)

そう思いつつ読んでいたら・・・


メス



スモーカー敗けたーーーー!!?

正直この展開は予想外だった
ローVSスモーカーなんて読者からしたらたまらない好カードなわけですが、どちらも今後重要な存在になって行きそうですし、ここはてっきり勝負はうやむやになると思ってました
そう思ってた矢先の心臓取り出しですよ!!

ただ十手で先に抑えることが出来たらスモーカーの勝ちだったんだよなぁ、と考えるとこのクラスの闘いは一瞬で勝負が決まるなぁ、と
絶対的ではなくてその時の状況とかにも影響されそうだし、今後再戦することがあれば結果は変わりそうなそんなレベル


スモーカーと言えばローグタウン、アラバスタ、マリンフォードと3度ルフィの前に現れ、毎回ルフィを抑えつけていました(ルフィがまだ覇気覚えてなかったため)
作中で初めて出てきた自然系の能力でもあったので、相当な強者というイメージがありました

マリンフォードで頂上戦争編が終了するまで作中では1年経過していなかったようなので、スモーカーは初登場から2年ちょいで大佐から中将まで出世してました。これは上の言うことを素直に聞かないスモーカーの様なタイプにしてはかなり速い方だと思いますし、今後も出世が見込めそうな感じ
そんなスモーカーの敗北・・・これはなかなかショッキングですね



そして気になるのがあと2つ!

一つがローとスモーカーが対戦中に話していたこと
ローに「何を企んでる」と問い詰めたスモーカーに対しローは「お前らは何を企んでる」「場所を変えなきゃ見えない景色もある」など意味深なことを言っていました(セリフは大体です(汗

それに対しスモーカーは?マークを浮かべていたため、ローの言葉はスモーカー達G5ではなく海軍本部に向けてと思われます
海軍本部と言えば政府直轄の組織で、重大な決定などは世界政府あるいは世界最高権力である五老星によって決定されます
なので何か企むとしたら海軍、あるいは世界政府、五老星なのかな?と
そして白ひげが亡くなったことで更に混迷を極めてる大海賊時代に海軍、あるいは政府が何か企むとしたらこの大海賊時代を終わらせることなんじゃないかな~と予想してみたり
それこそ古代兵器復活クラスの企みで、魚人島のポセイドンの話はその流れなのかなぁ、なんて思ってます


そしてローは景色を変えることで見えるものがあると言っていました
それがもう一つの気になることと関係あるのですが、マスターとローは手を組んでることが判明

マスターの形状については・・・割愛
名前が登場した人面鳥のモネについても・・・割愛


ローとマスターが手を組んでるということはローはマスターと手を組むことによって違う景色を見ることが出来た、もしくは出来ると思われます
マスターに関しては子供を軟禁したり氷漬けの海賊を室内で保管したりと謎だらけです

この2つでローの見る景色が変わるようなことがあるのでしょうか・・・?
そしてローは違う景色を見てどうしたいのか、まだまだ分からないことだらけです



毎週毎週新しい情報出てくるわ、面白くなっていくわでやっぱワンピースは最高だな!
と思ってたら来週休載かよorz


あ、やっぱワニのケンタウロスは茶ひげでしたねー
あとルフィがローVSスモーカーの間に乱入するかと予想してましたが、ちょっと遅かったですね。残念!


四月は君の嘘 番外編 四月と君と嘘
祝2000アクセス突破!
1000アクセスに比べて早目に突破しました~。これも来てくれる皆さまのおかげ、ありがとうございますm(_ _)m
今年中に5万アクセス行けるよう頑張っていきます!


というのを4月1日に書こうとしたんですが、エイプリルフールだったんでやめときました(笑)



4月、そしてエイプリルフール=嘘ということで四月は君の嘘についてちょろっと考えてみようかな、と。



四月は君の嘘(2) (講談社コミックス月刊マガジン)四月は君の嘘(2) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/01/17)
新川 直司

商品詳細を見る



既刊2巻でそれぞれ感想はこちら→1巻2巻




公生とかをりを中心とした青春ストーリーでボーイミーツガールの王道!って感じの作品なのですが、連載開始時から気になっていたのがタイトル

「四月は君の嘘」



「4月」と「嘘」という言葉からエイプリルフールに関係あるのかな、と思いますが作中では全然そんな気配はなし



まず4月から考えてみます

公生とかをりが出会ったのは4月
二人の出会いからピアノコンクールでの演奏までが作中では4月の出来事でした

この4月に公生、かをりにとってあった大きな出来事と言えば出会いと演奏でしょう。
2年もピアノを弾いてない公生がかをりと出会ったことで再びピアノと向き合うことを決意するようになりました
かをりは~・・・よく分かりません。公生視点で話が進むことがほとんどで(たまに椿視点)かをり視点での話はまだないんじゃないかな?
なのでかをりが何を考えてるのかがよく分からないんですよ
何故評価を気にしない演奏をしているか、腕は確かなのに何故無名なのか、病気を患ってるようだけど何故隠してるのか?などかをりに関してはまだ分からないことだらけです


公生とかをりが初めてあったのはかをりが渡に興味があって公生はその引き立て役として椿に誘われたのがきっかけでした
ですがここでも分からないのが、4人は合流した後かをりの演奏会を聴きに行きます
渡は女子には目がないですが、音楽には興味がなく演奏が始まってすぐに寝てしまうほど

何故興味のある渡を渡の興味のない演奏会に連れて行ったのか?これを考えると本当の狙いは渡に演奏会に来てもらうことじゃなかったんじゃね、という

かをりは初めて会った時から公生のことを知ってるようでしたし、実際に公生のことを知っていました
同世代で公生を知ってるのは常識らしく、皆の憧れだったらしい昔の公生。その公生がピアノから離れてる時期ですし、公生を演奏会に連れ出すのが本当の目的だったんじゃないのかな~、と




そして「君」

公生もかをりも椿や渡のことは名前で呼ぶのですが、お互いのことだけは「君」と呼んで決して名前呼びはしていません
そしてタイトルにも「君」という言葉が使われてることからタイトルの「四月は君の嘘」の嘘は公生かかをりのどっちかがついたものと思われます

ただ、どっちがついた嘘なのかが分からない




最後に「嘘」

嘘という言葉からネガティブな印象を受けてしまいますが・・・どうだろ優しい嘘とかもあるからそっちの方が作品の雰囲気にあってるかな

この嘘に関しては全く分かりませんが、「4月」のところで書いたようにかをりが渡目当てで公生と出会ったということが嘘だったんじゃないかなぁ、と予想
まぁ、それならなんでかをりがわざわざ公生のためにそこまでするのかという疑問も出てきますが


というかそれを考えるとかをりの体調の件も踏まえてネガティブな考えしか浮かばないんですよねー
かをりは日常生活では走ったり好きなもの食べたりと自由に過ごしていますが、コンクール終了後は倒れてしまいました
それに対して公生や椿、渡には「倒れたのは初めて」と言ったかをり
しかし、3人が帰り病室に一人の時にはまた倒れたんだと明らかに嘘ついてます

そして演奏終了して舞台袖に引っ込む前に聴衆に向け一礼をしている時に公生に向かって


忘れない
死んでも忘れない


と涙を流しながら言っていました



いくらこの瞬間のために生きてるからとは言えちょっと大げさなんじゃないかと思っていました
1次予選の時もかをりの演奏だけで聴衆は湧いていたし、聴いた人の心に残る演奏をしていましたが、かをりは泣いていなかった(少なくとも作中のシーンでは)
それが公生と一緒に演奏した時は涙を流した
そして「死んでも忘れない」とその前に「忘れない」と言っているのにわざわざ強調までしています


こうやって考えるとかをりの病気って結構重いんじゃないかと思ってしまいます・・・
そう考えるとかをりが無名なのも納得行くんですよねー。これまでは病気のせいでコンクールやリサイタルには出れなかった
んでそんな時に公生の演奏を聴いて感動した、それで公生をピアノと向き合わせようとした、とかそんな展開がありそう


この仮説が正しかったらタイトルの「嘘」はかをりがついたものなんじゃないのかな、と
公生がもう一度ピアノを弾くための嘘



今回僕が考えたものが当たっているか分かりませんが、いずれにせよ作中の雰囲気からしてネガティブなものではないと思います

四月、君、嘘

まだ2巻までしか出ていないですが、今後話が進んでいくにつれタイトルの意味が分かってくるでしょう
その時が楽しみです



まだ2巻だけなのにこれだけのめり込める作品も珍しいなー






プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。