小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年マガジン 17号 感想
徹夜明けにマガジンを読んでみたらGEがすごい展開になっていたでござるの巻
眠気も吹っ飛んだわw

それでは今週のマガジンの感想いってみましょ~


○GE
まさかの展開過ぎるwwおいおいこれどーすんだよ
最初の頃はウッチーは晶先輩のことが好きで、これは読みきりの時から変わらず。でも結局は黒川のことが好きだったんだ!というのも読み切りと変わらず。

黒川にあのトラウマがある以上ウッチーと黒川が別れることになるのは仕方なかったかもしれませんが・・・
そのあと晶先輩と付き合ったのには驚きました。
なんでって?晶先輩が一回やらかしたからですよ!!ウッチーが晶先輩を好きな頃、晶先輩もウッチーに気が合ったくせに約束をすっぽかして昔の先輩の元へ行き、そのままゴールインしてたことが問題なんです。一種のNTR展開みたいなもんですよ!

これがなければ晶先輩と結ばれた→GEでもいいと思うんですが・・・。正直この過去がある限り晶先輩と結ばれるENDはないかなと思っていたわけですよ
そう思ってたのに今週の展開である。

え?このままエンディング迎えたら黒川がマジ報われない子で終わっちゃうんですが・・・


○A-BOUT!
北条の具合が悪そうなのは脳にダメージが溜まり過ぎてたから
チームイーターは光嶺を潰そうと動くだけあって相当な数がいました。北条は文字通りそいつらと殴りあってチームに取り入れてきました。
かつてすべてをなくした北条曰く、一度も殴りあわない奴は信用できない、だそうで本来なら楽勝で勝てる相手でも必ず一撃もらうようにしてました。その結果がパンチドランガー

北条の恨みが伝わってくる一方で柾木の言う通り、北条は変わり過ぎた。柾木が憧れていた頃の姿はもうなく、ただ光嶺への恨みだけがある存在になってしまってました・・・
あの日、柾木か砂原のどっちかが北条と一緒にいたら北条もここまで変わらなかったんじゃないのかなぁ、と思うと切なくなるな


○ハッピープロジェクト
新メンバー合流。どうやら次期総理が噂される程の大物政治家の息子さんだそうで。
我らが西倉さんは神木さんの不審な態度、新メンバーが遅れてきたという事実、神木さんに対する態度・・・などから一つの仮説を立てます

ハッピープロジェクトのイメージキャラクターである神木さんと大物政治家の息子である黒川はこのハピプロで出会うよう仕組まれていた

というもの。なしてこんな政略結婚みたいなことするのか不明ですが・・・ハピプロの経営が怪しいのかなとも思いましたが、確かハピプロを開始してから景気は回復するわ少子化がストップするわでいいことづくめという設定があったはず
表面に出てないだけで何か問題を抱えてて、それを解決してもらうための政略結婚、って感じかな?


西倉さんは仮説って言ってるのに、煽り文のせいでこれが真実って確定した気がする・・・


○エデンの檻
やっぱ丸飲みされたからまだ生きてる可能性に賭けるってパターンか
でもこれクジラとかなら胃袋とかもでかそうだし窒息死、圧迫死しない理由もわかるけどあのキメラサイズじゃあ窒息死とかするんじゃね?

これで全員命賭けで救出したのにミイナが助からないってパターンは流石にないよね・・・
そこで錦織活躍みたいな



○AKB49
う~ん・・・これはどうなんだろう。
MAYAにカリを返したいけど、生放送の番組で無茶をするわけにはいかない、そこでみのりが取った戦法は

ギリギリで敗ける

ことでした。MAYAがぬるま湯で47秒と記録を出せば、熱湯の中で46秒数えて、1秒差で敗けてみせました。結果CDの宣伝はエンジェルがやりましたが、プロデューサーやスタッフ、視聴者から見たらGEKOKU嬢の方が印象に残ることに

ただ熱湯の中でみのりが46秒きっかり数えるのは無理があるんじゃないのかなぁ、とも思ったり。
横に岡部と吉永がついてるんだからこの2人が数えてたならリアリティーあるけど。それにみのりが一人でやっちゃうと残りの二人が空気過ぎる(ノ△T)

せめてMAYAに勝つためにあれだけダンスの練習したんだから「○○の曲のサビの部分がきっかり46秒よ」的なセリフがあってそれを熱湯の中でイメージしながら出たら本当に46秒きっかりだった!という展開の方がGEKOKU嬢の努力が伝わってくるし、リアルだったかなぁとも思ったり。

あ、でもあんまGEKOKU嬢を良く思ってなかったプロデューサーが最後にGEKOKU嬢をクイズ番組に推薦してたとこはアツかった!

まぁなんにせよ、これで今まで岡部しか見てなかったMAYAにもみのり含めた「GEKOKU嬢」を意識させることが出来たんじゃないでしょうか

そして今更だけど熱湯の中であれだけ暴れてもズレないみのりのカツラ・・・・・



○ダイヤのA
あれ・・・先週までの流れだと降谷が不調で打ち崩される匂いがプンプンしてたのにどうした急に。
この漫画主人公の沢村を出そうとしたら降谷が打たれなきゃいけないのが難点ね。そのせいで降谷がいつまでも成長出来てない印象がある・・・



○ベイビーステップ
岡田バズーカには高いリスクがあり、待ってても勝手にミスしてくれることもあります。ただミスを待っているだけでは、岡田が運よくミスらなかったら敗けてしまう
エーちゃんもこのままではいけないと思ったのか、岡田がバズーカでリスクを負うのに対し、コントロールでリスクを負うように

岡田バズーカを打たせないことを意識するあまり攻撃が単調になっちゃったのかな~・・・岡田に見事に読まれピンチになってしまいました。岡田のネガティブさが功をそうしましたね

このままでは敗けてしまうエーちゃん。どう反撃するのか





ネギまに続き、ブラッディマンデイも最終回を迎え絶望先生は最終回へのカウントダウンが始まってるとマガジンで長期・中期掲載されてた作品がどんどん終わっていく・・・
この空いた枠でそろそろ爽やかなラブコメを導入してくれないかな~。


スポンサーサイト
週刊少年ジャンプ 17号 感想
最近は木曜にジャンプ感想を更新するのが普通になってる気がする・・・

取りあえずそれは置いといて今週のジャンプ感想いってみましょ~!!


○ハイキュー
景山が「王様」というあだ名を嫌っていた理由。それは景山のストイックさについていけないと感じたチームメイト
からつけられたあだ名だったから。
バレーという球技ではどんなに上手い選手でもレシーブ、トス、アタックという行程を全て一人でやることは出来ません。だからこそ、先週の冒頭であったようにソリストであってはいけないのです
しかし中学の頃の景山はどうみてもソリストでした。勝てないのは周囲のやつのせい。もっと周りが動けたら勝てたはずだ、と
勝利を求めているからこその考えですが、上手くチームには伝わらず浮いてしまうことに・・・

そんな景山のトラウマをえぐるような相手チームのメガネ。それに対する日向がよかった!
そう、中学は中学。今は日向がいる。
メガネが何故ここまで景山を敵視するのか分かりませんが、来週辺りで出るかな?


○パジャマな彼女
主人公は先輩のこと好きになりそうだけど、何故だろう・・・先輩が空気過ぎる
登場シーンの比率がダブルヒロインものにしてはびっくりするくらい違うよね?そんなわけで今週もまくら無双。
先輩のターンはいつくるのだ・・・


○バクマン
遂に!遂に!夢が叶う瞬間!!

僕はバクマンは途中から読み始めたし、基本的にジャンプ本誌でしか読んでないのですが、最初から読んでた人は感無量だろうなぁ~

ただ、周囲に圧倒的差をつけたのは意外だったかも。祝福ムードと原作の読み込みを買われたってとこかな?

というかヒロイン役が決まったてことはいよいよ結婚??


○べるぜバブ
葵姐さんのいじらしさときたら!!
偽子連れ番長の誘いに乗ったかと思いきや、それをダシに男鹿を誘うとか!
しかも誘っときながら顔を赤らめてる葵姐さんパネぇー!


○ニセコイ
今週の千棘の戦闘力はやヴぁい。小野寺も頑張ったけど相手が悪かった・・・
いや、本当小野寺も頑張りましたよ。楽が風邪引いたと知っても今までの小野寺なら心配はしても見舞いにまでは来れなかったでしょう。そんな小野寺がるりちゃんも連れずに一人でお見舞いに来た。頑張ったのです。・・・しかし何度も言いますが今週は相手が悪かった・・・・・

まず千棘が楽のお見舞いに来た時点でテンション上がるのに、自分と小野寺への態度の違いに嫉妬、おかゆ手作りとニヤニヤの連続だったのですが・・・

意識が朦朧としてる楽に小野寺と勘違されて手を握られた時の千棘の表情!!
しかも「今日くらいは見逃してあげるわ・・・」と言って楽を殴らなかった千棘

重要なのはこっからです!


楽が握ったのは右手でした
しかし先ほどのセリフを言ったシーンでは千棘は左手で楽の手を握ってました

・・・!?

つまり、千棘は楽に握られた右手から左手に替え、逆に楽の手を握っていた!!
ここ重要、テスト出るよ!


最近の千棘は楽を意識している様子でしたが・・・これは千棘陥落の日も近いかな・・・
多分アホみたいにニヤけそう(笑)



○めだかボックス
まさかの結果
正直僕もこの結果は予想してなかった・・・。むしろ善吉も勝つとは思わなかったよ
二人の闘いはこれで一件落着って感じかな?

ただ・・・最後の安心院さんのはなんぞ??
まず生きてきた桁がおかしい。いくらなんでも人類が歩んできた歴史より長くない?
あともしかして自殺?だとしたら何故このタイミングで??

めだかが気付いた安心院さんの思惑とは?

謎が増える一方だけど、前に安心院さんが言ってたセリフから考えるとそろそろ終わっちゃうよねこの漫画


○黒子のバスケ
バスケが好きだけど才能に恵まれなかった黒子、バスケが好きじゃなかったけど才能に恵まれた紫原
青峰とは違った意味で黒子と真逆の存在な紫原

才能のない黒子が才能のある紫原にマンマークするみたいだけど・・・止めれるもんなのかしら?
努力で上回るとか気持ちで上回る、というのがきそうだからファールをもらいにいくってことはなさそうだけど・・・




何か足りないと思っていたら、今週からハンターが休載じゃないですか
ワンピースが面白い時期に帰ってきたらジャンプ読む楽しみが増えるんだけど・・・果たしていつ帰ってくるのやら

ONEPIECE 661話 七武海の名は伊達じゃない!
面白くなってきたーーー!!!
・・・なんかこの言葉毎週言ってる気がする(笑)


ONEPIENCEの世界で七武海っていうと、元の懸賞金とか関係なく皆強かったじゃないですか


ゾロが手も足も出なかったミホーク
作中で初めてルフィが敗けたクロコダイル
麦わらの一味総動員で闘わざるをえなかったモリア
モリア戦の後で疲労があったとはいえ一味を壊滅寸前まで追い込んだくま
海軍の軍艦一隻をメロメロ甘風だけで落としかねないハンコック
エースが7日間死闘をおこなっても倒せなかったジンベエ
未だ謎だらけですが、オーズjrやアトモスを軽くあしらったドフラミンゴ
エースを倒し、白ひげの能力も手に入れたティーチ


戦争後モリア、ジンベエ、ティーチが抜けたことで七武海には3つの空席が出来ました
その穴を埋めるために新世界編では新たに3人、七武海に加入したことが予想されますが、前の七武海が魅力的過ぎて霞んでしまうんじゃないの?
そう思ってた時期が僕にもありました


パンクハザード編で新たな七武海として2年前ルーキーだったトラファルガー・ローが出てきたわけですが、これが強いのなんの!

元懸賞金が4億4000万だった時点で強くなってるんだろうな~とは思っていましたが・・・大差クラスじゃやっぱ話にならないか・・・たしぎよ・・・



あと今週では遂にローの能力名が発表!

オペオペの実だそうです。
ローが作りだしたサークルの中にいる間は自在に改造出来てしまう能力のようで、軍艦を軽く持ち上げたり、人をバラバラにしたり、身体を入れ替えることが出来るみたいです
驚いたのが、身体を入れ替える(正確には心かな?)ことです。先週ローの能力は結合分離系かなぁと予想をしてたので今回のやつはある程度あたっていたのですが、まさか精神的なものまで改造出来てしまうとは・・・

しかもこれサークル内で改造されたらサークルの外に出てもそのままだよね?
下半身ザムライや胴体サムライから見てもそうっぽいし

ってことはナミ達(あとサムライも)はローに治してもらわなきゃいけないのか・・・
取りあえずナミの身体にサンジが入っちゃまずいと思う(笑)


スモーカーのセリフで気になったのが
お前の覇気じゃ受けれない、という感じのセリフ(うろ覚えでスミマセン)

ローの能力って覇気で受け切れるようなもんなの??
もし受けれたらローはレベルの高い相手だと能力が通用しないってことになると思うんだけど・・・

取りあえずローもスモーカーもまだ手合わせ程度なので、来週から激化するかな?




ボスが思っていたよりもショボかった・・・
ただ気になったのが、ワニのケンタウロスってなんだよ!なんで海賊の前に「元」がついてるんだよ!
てっきりボスの仲間たちはローによって改造された人たち(?)なんじゃないかと思っていましたが・・・ワニのケンタウロスってことはそういう種っぽいですね
というかそれよりも「元」ですよ「元」。なんで海賊の前に「元」がついてるの?海賊業を本人的に辞めたとしても世間一般からは海賊として扱われそうなものだけど・・・
というかコイツ茶ひげじゃね?2年前ホーキンスに死相が出てるって言われた懸賞金8000万超えの海賊茶ひげじゃね?
ホーキンスによって殺されたと世間ではなってるから元海賊なのかしら・・・


そして一向に出てこないマスターとその仲間たち
彼らがどう動くのか・・・



魚人島編ではなかなか味わえなかったけど、パンクハザード編では毎週面白くなっていくな!
来週も楽しみ!

ローVSスモーカーのところにルフィも乱入したら面白そうかも(笑)
週刊少年マガジン 16号 感想
まさかAKB48からあっちゃんが卒業するとは・・・
あっちゃん推しだっただけにショックでけー。そしてAKB49はどうなるんだろう、とも気になるところ
今度それについて予想してみようかなー

まぁ、そこは置いといて先週のマガジン感想行ってみましょ~!!


○AーBOUT!
朝桐VS柾木決着!!
朝桐が勝ちはしたけど、相当なダメージ受けたし砂原も百人組手で疲労が来てるし・・・これはやっぱ3年が活躍するのかもな~
久場は樋口がカリを返すとして、北条は本当に誰がやるんだろう・・・ここまで来て吉岡、撞門、天地が北条と闘うのもなぁ。
やはり朝桐&砂原かな?

○エデンの檻
ミイナ喰われたーーー!!?
これで本当に喰われてたらまさか過ぎる展開なんですけど・・・。ザジのドロップアウトの時はしっかり書いてたからミイナがこんなあっさり脱落ってことはないと思うんだけど・・・

キメラの動きが本来の動きに戻りつつあるならもう逃げた方がいいと思う


○ベイビーステップ
岡田覚醒したな~。自分にも相手にもネガティブな考えしかなかったけど、自信を身につけてからは「がんがんいこうぜ」とがんがん行った結果、プレイも理想に近づいた、と
エーちゃんがつけいるとしたらこの覚醒したての状況だよね。今までネガティブだった岡田だからこそ出来て、調子のいい岡田に出来ないことがあればそこを狙っていくとか


○AKB49
あー・・・ヤラセは芸能界という世界を描くなら必要な話だろうなぁ。ただちょいMAYA様のターン長くね?
GEKOKU嬢の反撃じゃなくてもいいけど、せめて岡部との確執についてそろそろ触れて欲しいなぁ

現実的に考えて熱湯とぬるま湯じゃ勝負にならない気がするんだけどそこはやはりド根性で乗り気るのかな?


○GE
おいおい・・・前回のBE一直線の流れが強固なモノになっていくよ・・・
どう考えてもこの流れでヤってしまったらBE√確定でしょ

黒川のことを思い出して踏みとどまるも、建物から出るときに黒川にばったり遭遇的な展開を予想

・・・この漫画はいつGE√に入るんだろ





まぁ相変わらず短めですね(笑)
ただ先週のは自分が読めなかったのもあったので、これが限界っす(汗)

AKB49の新刊も発売されましたし、前田敦子卒業のニュースも入ってきましたし、次はジャンプかそっち系の記事になるかも

ではまた~
週刊少年ジャンプ 16号 感想
また今週もこんな遅くなってしまいましたが、今週のジャンプ感想です
いってみましょー!


○スケットダンス
シュール過ぎる(笑)

助けられてる本人は気付いてないってパターンは分かるけど、これは椿ぼーっとしすぎだろ!!w
後ろから銃声や爆発もしてるのにそれでも気付かないとかw

キリにはこれからも椿を的の脅威から守ってほしいですね~ww


○バクマン
サイコーが描いた漫画がアニメ化される。そしてそのヒロイン役を亜豆がやる。
これが叶ったときに結婚しよう

というのがサイコーと亜豆の夢でしたが、遂に現実味を帯びてきましたね・・・

サイコーが夢が叶うか不安になった時に亜豆に「いつまで待っていてくれますか?」と聞いていたのに、今はサイコーは成功して後は亜豆が役をもぎ取るだけ、そんな状態まで来てます

今までの道のりを考えると亜豆が声優役を取って欲しいけど・・・ここは敢えて取らせない、ってパターンもありそうで怖いわぁ


○黒子のバスケ
紫原まじチート!!

中学からバスケの面白さに目覚め、人より大きな体を活かしてチームの皆を守ると言っていた木吉に訪れた絶望・・・
中学で紫原に敗れ、結果チームを守れなかった木吉。それでも誠凛のチームに出会えたからこそリハビリも耐え、今度こそ皆を守ろうと誓った大会でこれかよ・・・報われねぇ・・・・・

悔しいけど、力がない。

そんな木吉の気持ちがひしひし伝わってきて見るのじんどかったわぁ。


黒子が紫原を倒す、って言ってるけどこんなチートどうやって倒すんだ?
正直今の紫原なら青峰よりも攻撃力あると思うんだけど

黒子ならでは・・・・・存在感薄くしてボールを横から奪うとかかな?


○ニセコイ
つぐみのオラオララッシュが止まらない!!
というかつぐみが日常的にリボンをつけるようになったのにクロード何も言わないんだw

僕気付いちゃいました!
楽は最初千棘を買い出しに誘った時に、重いから、という理由で誘っていたのですが・・・つぐみおんぶしながら持てとるやんかーーい!!
せんせーい!ここに嘘つきがいまーす!!

なぜ楽がそんな嘘をつかなきゃいけなかったって?そりゃ君もちろん・・・最近つぐみのせいで千棘に近づけなかったからだよぉ。つまり楽は無意識に千棘ともっと関わりたいと思っている!
・・・小野寺ぁorz
今週もモブか!ってくらいしか出てこなかったし・・・
先生・・・小野寺の活躍が見たいです


○べるぜバブ
むさい野郎共の中での葵姐さんの私服の破壊力の高さと言ったら!
哀場の反応は男として正しいと思う(笑)

そして哀場に口説かれてる時に男鹿の反応を気にする葵姐さんの破壊力!!もう今週のべるぜはこれだけでお腹いっぱいですよw


○HUNTER×HUNTER
面白くなってきたあああぁぁぁぁ・・・・ぁぁ・・・ぁあ?(素直な感想)

ジンがキメラ=アントが外からやってきた生物って言ってた時は「?」って感じでしたが、世界地図の外側にも大陸があるってことね
人類が誰も到達したことがない暗黒大陸。それに挑むのは前会長ネテロの息子ビヨンド=ネテロ
息子がいたことにも驚きだったのですが、パリストンがビヨンド=ネテロ側にいる・・・十二支んを辞めたってことはこっちの方が面白そうと思ったてことかな?
ジンも同じ時期に辞めたのが気になるな~

ビヨンドは強いのかな?弱くはないだろうけど、今までなんで表舞台に出てこなかったのかも気になる(ハンター試験受けたり)


そして新章楽しそうだ、蟻編のあともやっぱハンターは面白いなと思っていたら・・・・休載orz

蟻編が終わってもやっぱハンターはハンターのままでした(泣)


○めだかボックス
まさか人吉の愚行権(デビルスタイル)がそんなスキルだったとは・・・
スキルなしでめだかに勝てるとは思えないけど・・・


ナレーションで散々「奇跡」を強調してたのに、最後の最後・・・めだかと善吉の闘いの決着には「奇跡」が存在しないって締め方はめっちゃ上手いと思う!
しかし、デビルスタイルのせいでこれで善吉が勝ったら正真正銘めだかに勝ったってことになるのか。
偶然でもなく、奇跡でもなく必然

来週で決着つくかな?




いや~本当遅くなりましたが、無事今週中に書けましたね(笑)
マガジンの方は間に合わなさそうですがw


ONEPIECE 660話 王下七武海トラファルガー・ローについて考えてみる
3月は別れの季節!!卒業式シーズン真っただ中ということで色々立てこんでました(汗)
遅くなりましたが今週のワンピース感想です
ジャンプ感想はまた後ほど・・・(まだ読んでもいないorz)


 いや~今週も最高ですねワンピース
前回ローが再登場しただけでもテンション上がるっつーのに、七武海の一角とか!懸賞金4億4000万ベリーとか!!

そういえばローはどうして七武海に入ったんでしょうね?2年前ルフィを助けたあと、他の超新星たちが我先にと新世界入りしたなかでローだけは動きませんでした。「時期を待つ」と言って何か考えがあるようだったのが印象的

というかあれですね。ふと思い出しましたけど、頂上戦争・・・ルフィのレベルでもゴミクズ扱いされるようなあの戦争の時にローはルフィを助けたあと能力を使うこともなく撤退しました
ルフィの救命措置が優先とは言え、超新星の一人が戦争の現場まで来てルフィを助けただけってことはローは当時はまだ七武海に入れる程の強さはなかったと思われます
なのに、今は七武海になれる程強くなってるし、実績(海賊の心臓100個)も残してると考えると・・・胸が熱くなるな!!

何故そこまでしてルフィを助けたかったのかも気になるところですが、今回はローが七武海に入った動機の方が気になる・・・
そもそもローは「取るべきイスは・・・必ず奪う!!!」とひとつなぎの大秘宝’’ワンピース’’を手に入れる気満々でした。それが何故政府側の立場である王下七武海へ??

七武海に入るメリット
・海軍に追われることがない
・海賊相手なら略奪が許される
・ハンコックや黒ひげがインペルダウンに入った時のように特別な場所に入ることが出来る
・恩赦を受ける(ジンベエによるアーロンの釈放)
・七武海だからこそ接触出来る人物がいる?(くまとベガパンク)

ざっと考えてこんなとこでしょうか・・・
今週の話からして政府や海軍に追われることなく何かをしたかったかのような印象を受けますが・・・


あと今週気になったのがあと2つ

まず、ローはどこまで知っているのか?ということです。
子供たちが逃げ出してきたときローは本気で驚いた表情を浮かべていました。

でも子供たちがビスケットルームに連れて行かれる前にあの氷った人達の通路を通ってきたと言っていたので、ローの別荘から中に入ったのでしょう。でもローはそんな子供たちの存在を知らなかった。
子供たちを誘拐したのはマスターたちなんでしょうけど・・・子供たちの存在を知らなかったってことはローはマスターの存在も知らないんじゃね?という
スモーカーに対して、ここには誰もいない、と言って子供たちが出てきたら素直に謝っていたところを見ると、本当に誰もいないと思ってたんじゃないのかなーと。

今週の話ぶりだとローがここを別荘地に決めたのは青キジと赤イヌの対決後ってことになります。そして別荘という言葉を使っていたところから鷹の目みたいに定住しているわけではなさげ
なのでローがいない時にマスターたちが内緒で地下施設を作ったのかなぁ・・・と思ってみたり
ただ、ローが氷った人達の存在を知ってるかどうかは不明・・・


んでもう一つがローの能力ってなんぞ?という
サークル内で斬った物をバラバラにしてくっつけるのも自由自在って感じだけど・・・
これだけだと今週の軍艦が宙に浮いたのが説明つかないし・・・。サークル内の物質の結合操作みたいな能力かなぁ
それで重力を無視出来るかは分からないけども


ローが七武海に入った目的は?どこまで知ってるのか?ローの能力は?何故サムライをバラバラにしたのか?自然系にも能力は効くのか?

色々気になることが多いキャラだ・・・
というか、ローVSスモーカーとか!夢の好カード過ぎるだろ!!
来週もめがっさ楽しみ!!

鉄楽レトラ 1 人の人生を変えてしまうほどの人間

鉄楽レトラ 1 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)鉄楽レトラ 1 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
(2011/10/12)
佐原 ミズ

商品詳細を見る



人の人生を変えてしまうほどの人間て、どんな奴だ?



誰かの人生を変えてしまう。それは大層なことのように思えて、実は些細なことで出来てしまう、そんなお話「鉄楽レトラ」の紹介です




主人公・鉄宇(きみたか)は中学2年の頃は登校拒否、3年の時には保健室登校をし、ようやく中学を卒業出来るました

鉄宇は小学校バスケをやっていたこともあり、初心者ばかりの学校だった中学のバスケ部では皆に教える側でした
鉄宇も皆に頼られるのが悪いきがしなくおしみなく教えます

しかし、だんだん教えられた側が鉄宇よりもバスケが上手くなっていき、2年になるころには鉄宇の実力は部で一番低くなっていました
自分が教えた人が自分より上手くなってる、この事実を認めたくなくて鉄宇は次第に黒くなっていきます

そしてレギュラー争いを賭けて1on1で相手を怪我させてしまったことで鉄宇は登校拒否になってしまいました




それ以来鉄宇は人と関わらないようにし、自分にも失望しないように生きていきます

そんなある日、自分の孫がある人物に人生を変えられた話すおばあさんに出会います。その話を聞いたと鉄宇は思うわけです「人の人生を変えるほどの人間て、どんな奴だ?」と

真っ黒で、「死んでくれ」と頼まれた鉄宇のとっては自分と正反対の人間だと思うわけです
しかしこの後、このおばあさんの孫の人生を変えたのは自分だったと知ることになります



鉄宇がバスケをやめるときに偶然フラメンコをやめようとしていた藤本宝(おばあさんの孫)
鉄宇は藤本が捨てようとしていた赤い靴が綺麗だったため、捨てるくらいなら妹にあげようと思い貰います。
そして代わりに鉄宇が捨てようとしていたバッシュを藤本に。

それをきっかけに藤本は新しい学校でバスケを始め、皆から頼られる存在へとなります

そして藤本からもらった赤い靴のサイズは26cm
高校生になった鉄宇が靴のサイズを見てみると・・・・・26cm

自分のあげたバッシュで人生を変えた藤本からもらったシューズで自分も人生を変えてみようと思い、鉄宇も自分を変えようと決意します
人と関わるように
自分に失望しないように


人の人生を変えた鉄宇が、次は自分の人生を変えていこうとする様子がすごくいい!

自分を変える決意をしてから中学2年の自暴自棄になってたころ妹の銘椀を傷つけたことと向き合っていく様子もよかったし、ひたすら兄を慕う銘椀もいい!!
いい妹さんや・・・(ノ△T)


母や銘椀の支えを受けつつ、もう一度頑張ろうする鉄宇に共感を覚える!頑張ってほしい!


自分の人生を変えることはすごい勇気のいることだけれど、フラメンコの世界に入ることで鉄宇には変えてほしいなぁ・・・





上手く書けませんでしたが、読んでみたら分かる。この言葉につきます
自分を変えたいと思ってる人、もう一度何かを頑張りたいと思っている人にオススメ


週刊少年マガジン 15号 感想
就活、なにすればいいんだ・・・
いや、やらなきゃいけないことがあるのは知ってるんですけど、どれから手をつけたものかと
そして時間があんまないことも知ってるんですけど、漫画読んじゃうという(笑)

それじゃ今週のマガジンの感想いってみましょー



○GE
・・・うん。これタイトル間違えてるよね?

昌先輩と結ばれてGEでいいじゃん!ってずっと思ってましたが・・・ついにきましたか。BE展開が
というか昌先輩はユキのことをひきずってるウッチーの弱ってる時に付き合ったんだからもうちょっと我慢しないといけないんじゃないかなぁ・・・と思うけど、僕だけかな?

読み切りの時の流れだったら昌先輩→ユキでも全然爽やかだったのに・・・今や爽やかさがないよorz


○エデンの檻
矢頼復活!!

アキラは皆のリーダーらしく、その他の有象無象とは違い最小限の動きでキメラの背後に回りますが不意を打たれダメージを
これなんでキメラは他の人間じゃなくてアキラを襲ってきたんだろ?別にキメラにダメージ与えたわけじゃないのに・・・単純に動いてたからか?

トラップの下に落ちた雪が鍵になるのか鍵で殴るスタイルの矢頼が鍵になるのか・・・・(上手いこと言ったつもり)


○はじめの一歩
冴木さんマジ報われねぇ!
スピードを上げれば上げるほど板垣のスピードも上がり、足さばきも盗まるって・・・

一歩に敗けたし、タイトルも取れなかったけどスピードキングの称号だけは!という冴木さんに胸がアツくなるんだけど・・・板垣が勝つんだろうなぁ

いやほんと、冴木さんが主人公サイドでいいんじゃないのかと思えてくる


○A-BOUT!
互いに認めてるからこその攻防!
柾木は朝桐が強いことを認めてるから周りが引くほどに攻撃の手を休めないし、朝桐も同じというのはいいな!

東郷さん強ぇー。むしろ北条編の初期から出てた偽ルパンがあっけなく敗れそうで泣けてくる


○ベイビーステップ
おぉ、そうきたか

やっぱここで敗けて本来の目標であるプロへの道が遠のくなら意味がないと思って自分を捨ててきましたか~。でも結果は・・・

だけどこれで一度自分を捨てたからこそ迷いも吹っ切れたって感じでしょうか。今までのゲームが何だったのかってくらい岡田が主導権を握ることに

エーちゃんはこっからどう対応するんだろ。あと岡田試合前に予想してた最悪の展開ってもうなってるのかな?まだだったらエーちゃん厳しい戦いになりそうなぁ

○ハピプロ
最近のハピプロはどこかおかしい

前回あっさり西倉さんが改心したのも嘘かと思ってたら、案外本気だったという。本性を隠しもせず、むしろ神木ちゃんの誕生日会を提案する始末

おかしい・・・一体どうしたんや?


○AKB49
もうね、みのりは女の子だ!
優子がセクハラで体触ってきてるのに、男って気付かれないし、たかみなを迎えに行ったってことは女子トイレに行ったってことだし

先輩に向かって「ウチらの問題なんでほっといて下さい」って言うみのり△(さんかっけー)
そしてそれに対するAKBのセンターであるあっちゃんの先輩命令もかっけー!

最近はテレビ出演を奪われたり、ステージ奪われたりと見せ場がないGEKOKU嬢ですが、そろそろ反撃に期待したいところ


四月は君の嘘 2 旅に出る
気がつけば1000アクセス突破してるじゃないですか!
来ていただいた皆様、本当にありがとうございますm(_ _)m
僕の感想を読んでくれた方のうち一人でも多くの方が「この漫画面白そう、読んでみたいな」と思うようなサイトを目指して今後も頑張っていきます

では「四月は君の嘘」の感想です



四月は君の嘘(2) (講談社コミックス月刊マガジン)四月は君の嘘(2) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/01/17)
新川 直司

商品詳細を見る



僕の中にあるものを
引っ張り出せ






正直、2巻に収録されてるコンクールの話を見て鳥肌立った
何度見ても鳥肌が立つ漫画ってあんまないんだけど、これは何度読んでも立ってしまう。この記事を書くために読み返してた時も鳥肌立ったし

この話を読んだときこの漫画は絶対面白いと思いましたもの



そんな2巻なんですけど、演奏描写も凄いんですけど、細かな心情の変化とかも上手く描いてます

今回は公生・かをりの演奏と椿について語ってみようと思います。




まずは公生・かをりの演奏

モノクロだった世界がカラフルに見えるようになったところで公生の耳が聴こえるようになったわけではありません
相変わらず、演奏にのめりこむと公生の奏でるピアノの音だけ聴こえなくなってしまいます

しかも昔の公生を神童と呼ばしめたのはレッスン量です。譜面がいらないほど体に染み込ませるまで練習し、正確に弾くことでヒューマンメトロノームとも呼ばれてました

しかし、今回は公生はピアノで一度も練習したことないし、演奏1時間前くらいにようやく伴奏をやる決意をしたほど準備不足でした


公生自身もこんな状況でまともに弾けるわけないと何度も思うのですが、自由なかをりに連れられて舞台へ


しかし、かをりが一緒に演奏していようが、演奏が進むにつれ公生の耳は聞こえなくなり伴奏であるピアノがメインのかをりの演奏を邪魔するようになってしまう・・・

そう簡単にトラウマて克服出来るものじゃないよね、て思ってたら・・・そっからの流れが凄かった!


音が聴こえないならイメージしろ、って描写が「無茶苦茶だろ!」と思いながらも「こいつ本当に天才だったんだ・・・」ってなってしまいます
亡くなった母から教わったもの、つまり公生の全てを体の中から引っ張り出して演奏してるんだ、ってのが伝わってきました




コラコラ
友人A
主役を喰おうとするんじゃないわよ


っていうかをりのセリフもよかったし、このセリフの時の絵光と影って感じで良かった!



演奏会の途中に公生の耳が聴こえるようになって、公生復活!って展開かなぁと思ってたら予想外の復活方法でした(笑)
ただ、公生はまだ音が聴こえるようになったわけではないので、そこが今後ネックになってきそう




無事終わった演奏会
しかし、この演奏会が椿や渡にも影響を与えることになります。特に影響があったのが公生の幼馴染である椿

公生が覚醒した様子を最初は無邪気に喜んでいたのですが、演奏が終盤になるにつれ表情が変わっていきます



まるで何かに気付くように



その後、憧れだった先輩から告白されたのに、考えるのは公生のことばかり
何かとつけて先輩と公生を比べてしまう程に


長い付き合いだから公生のことは何でも知ってるつもりだった
でも、悲しいことに椿は音楽をやりません

以前音楽をやっているかをりが言っていました

悲しくても
ボロボロでも
どん底にいても
弾かなきゃダメなの
そうやって私達は
生きてゆく人種なの




ここで言う「人種」というのは音楽がなければモノクロな世界にいる人達のことでしょう
そしてそういう人達だから分かることがある

椿は音楽をやっていないため、ピアノなければ世界がモノクロに見える公生の気持ちを完全に理解することはできません

幼馴染だからこそ誰よりも知っていると思っていたのに、「音楽の力」なんて曖昧なもので自分より深く公生を理解してる人がいる


複雑ですねぇ・・・椿のこの心が公生に対する恋心なのか自分より幼馴染いついて知ってる人がいるのが嫌という気持ちなのかはまだ分かりませんが、椿はかなり悩むことになりそう




音楽と10代特有の青春、この2つを上手く併せた「四月は君の嘘」
まだ読んだことのない人は是非2巻まで読んでみて下さい
面白さを補償できる数少ない漫画です


3巻も楽しみ過ぎる
週刊少年ジャンプ 15号 感想
今週のワンピースが面白すぎて感想書いてたら異常に長くなってた・・・
というわけでワンピースの感想は別で記事にすることにしました。今後も記事が長くなったら分けるかも

今週発売ののジャンプ15号の感想でもいってみましょー

○べるぜバブ
六騎聖とかいたなー。神埼とか姫川は早乙女の修行で強くなったらしいけど、彼らはどうなんだろう?
というか神埼の子連れじゃなくて家族連れには笑ってしまった(笑)

○ハイキュー
チームに恵まれなかった日向。中学で唯一試合出来たチームも別の部活に入ってる友人を強引に連れてきてからのチームでした
景山に敗けたあとママさんバレーとかに参加するものの、そこはママさんバレーであって日向のチームではありませんでした。そんな日向にとってチームメイトからのトスというのは特別な意味を持つのかもしれません

そしてきつい時のあと一歩。それが出せたら後悔しなくて済むという場面はあると思います。僕は中学の頃までサッカーをやっていたのですが、試合後半になると疲労がたまってきて「あと一歩」が出せなくなってくるんですよ。その結果試合終了間際でゴールを決められたり、追いつけなかったりと悔しい思いをしたことがあります
あと一歩が出せてたら・・・と思うも出せないあと一歩

日向は1話の頃からそれが出せていました
「まだ敗けてない」という理由で必死にボールを追いかけることが出来る日向。

「友情・努力・勝利」が3本柱なジャンプにふさわしいいい主人公だ

日向を認めてトスを上げる景山もよかった!



○パジャマな彼女
先輩のターン!

なるほどー。幼馴染であるまくらがあんな状態になってるのに、先輩はどうやって関わってくるんだ、と思いきやまくらを治せるかもしれない人物(今回海外に出張しちゃったけど)の孫というポジションだったら上手く話に絡んでこれそう
一緒に治しましょう的な

現在のとことまくらの方が好感度高いんですが・・・先輩はどうなるかな


○ニセコイ
毎回思うんだけど学校のロッカーってよくもまぁ人が2人隠れる程大きいな(笑)

あーやっぱ千棘は知ってましたかー。むしろ、つぐみも何故自分が男に間違われてるのか不思議がる始末だったとは
赤面してるつぐみは確かに可愛いんだけど、女子の服を着てると女装にしか見えない・・・


千棘はやっぱり楽の約束の子っぽいなぁ。稼業的に親同士は顔見知りだろうから、子供のころに楽とも会ってそうなもんだけど


○めだかボックス
なにか重大な見落としがあったらしいけど・・・なんぞ?

無限コンティニューが出来る安心院さんに対するめだかの策はめだか級の生徒会長を育成し続けることでした
地味だけど、悪い手とは思わないけど何が見落としがあったんだろ

ひたすらに悪役っぽく描かれてためがかちゃんですが遂に本来の主人公らしく描かれるかな


○黒子のバスケ
紫原チート過ぎだろ!

トリプルチームでも吹き飛ばされるわ、紫原が攻撃参加したことで出来る隙をつこうとしても既に戻ってるわ、ゴールをダンクで破壊するわ(←!?

氷室とは一体・・・


清凛は木吉も限界だと思うし、覚醒した火神でも紫原を止めれないってなると打つ手ないんじゃ・・・
残る手札は黒子しかいないけど・・・黒子でも止めれるかぁ?あ、ファールもらえば出来るかも


○ハンター×ハンター
最終回なのかと思った(笑)

来週から新章が始まるらしいけど、次はクラピカが活躍しそう!
蟻編、会長選挙編で全然出なかったからなぁ・・・





ワンピースがない分ちょっと短めですけど、この辺で
来週号楽しみだな~
ワンピース 659話 パンクハザード編はやばい
○ONEPIECE
どうやらパンクハザードにはいくつかの勢力がいるのかな?
ルフィたちがパンクハザードに上陸するきっかけは電伝虫の緊急信号があったからです。それは「ボス」と呼ばれる人物にむけたもので、僕は今までずっと「ボス」「M(マスター)」と呼ばれている人物は一緒だと思ってたんですよ!しかし今回の話を読む限り違うっぽいですね

まずボスと呼ばれる人物。前回のケンタウロスの頭なのかな?刀を持っているゾロを見て、仲間たちを斬ったサムライはルフィ達だと勘違いします

そんでM(マスター)。なんかよく形が分からない人(?)ですけど・・・ここにいることを海軍に知られたくないらしく、全員に隠れるよう言います。
ナミ達を攫い、ビスケットルームで子供たちを軟禁してたのはコイツでしょう

というかケンタウロスとか体がバケモノじみてる奴らはマスクしてないのに、M率いる集団はマスクをしてるのは何故なんだ・・・もう毒ガスはないからマスクしなくてもいいはずなんだけど・・・
もしかしたら毒がいつもれるか分からないような実験でもしてるのかな?


今週では頭サムライの胴体がどこにあるか発覚!
ってかブルックと交戦中かよ!(笑)
かつてサムライ・リューマの肉体に影を入れられたブルックがサムライ相手に「夜明歌クー・ドロア」を使うことに胸がアツくなったのですが・・・気になることが一つ
ブルックが必死に話しかけても返事をしない胴体サムライ。けど頭サムライは確実に声をだしています。
いやいや、頭がその場所にねーんだから声が聞こえないのは当たり前だろ!と思うかもしれませんが、それだと下半身サムライの説明がつきません

ルフィ達の方に現れた下半身サムライは相手の声も聞こえないし、姿も見えないのに話すことは出来ていました。''気配''でルフィ達の居所を探し闘いはしてましたけど

そういえば頭サムライの方は''気配''がどうのこうのって言いませんね。ですが、頭サムライもブルックの姿を見てないのに、正確にブルックの位置攻撃をしていました・・・

どうも頭&胴体サムライと下半身サムライは別人物な気がするんだけど・・・喋り方も違うし、胴体だけだと声も出せない方と下半身だけで喋っている方だし

そもそもサムライはまだワノ国に行ってないので謎だらけなんですが、パンクハザードに2人もいるのかなぁ・・・


そして・・・

キターーーーーーーー!!
キタよこれ!!王下七武海トラファルガー・ロー登場!!!

というか元懸賞金4億4000万ベリーって!ルフィよりも高いじゃん!2年前は2億だったのに・・・
七武海に入るために100人の海賊の「心臓」を政府に差し出したってのが気になるところ。普通力の誇示とかだったら首でもよさそうなのに、敢えて心臓を差し出したのか・・・
いきなりスモーカー中将と対峙しちゃってますけどどうなるんだろ・・・楽しみすぎる!

あとローについて気になったのがもう一つ。M(マスター)はスモーカー達海軍が近づいてくることを恐れ毒ガスを散布していました。つまりスモーカー達はM(マスター)の方角から上陸したと考えてよさそうです
てっきりスモーカー達が訪れた屋敷はM(マスター)の所かと思いきや出てきたのはロー。
でもM(マスター)の部下っぽい人は何か海軍に対する策があるっぽい雰囲気だったし・・・もしかしてローとM(マスター)は仲間なのかな?互いのメリットのために協力しあってるとか



ローがこの島にいるってことはサムライを分断したのはやはりローの能力でしたね~!
新世界に入って最初の島でさっそく今の七武海が出てくるとかテンション上がるな!しかもグランドラインの入り口であるローグタウンからしつこく追ってきてるスモーカーも同じ島にいるとか!

やべぇ、パンクハザード編めっちゃ楽しみになってきた!!




週刊少年マガジン 14号 感想
皆さん知ってました?日曜日から新しい週の始まりですって!つまり今日から3月の第3週
・・・それじゃあ3月第2週のマガジン感想いってみましょ~!



○エデンの檻
あちゃー・・・多分ベースに残ってたメンバーでは最強だった女子高生トリオでも駄目でしたか
というかケルベロスっぽいキメラはまだこれ本領発揮してないんだよね?今はまだ寝起きだから体の動きが鈍いけど、これから時間が経っていったら手がつけられない気がする・・・

それとこのキメラはなんで捕食をしないん?今のところベースにいる人たちを攻撃はしてるけど、誰も食ってないよね??



○はじめの一歩
冴木△(さんかっけー)!
板垣が無我の境地に入って以来一方的な展開だったのに、まさかまだ冴木さんの雄姿を見れようとは!

今までは板垣のパンチを交わすためガードを下げていた冴木がガードを上げて時は亀の様にひたすら耐えて一瞬の隙を待つのかな、と思っていましたが・・・もはや目で追うことの出来ない板垣を捉えるためにパンチがどこから飛んでくるか確認するために敢えてガードを上げてパンチをくらっていたとか・・・かっこいいなおい

しかも接近戦に持ち込まないで、中間距離を保つという意地がかっこいい!
スピードキングの名は伊達じゃないな




○A-BOUT!
狂犬と呼ばれた柾木が朝桐と行動を共にするようになった日々
柾木は朝桐に北条の面影を感じ、北条の代わりに朝桐を光峰のトップに立たせようとしてる、と思った時期が僕にもありました
しかし、1年生のトップ決定戦のときは朝桐とも闘う意思をみせていました

その時は実現しなかったカードが今回実現!
にも関わらず苦しんでる様子の柾木・・・

朝桐のバカさ加減で柾木の葛藤をぶっ飛ばしてほしいものです


○ハッピープロジェクト
え・・・?西倉さんが改心・・・だと・・・・・!?

どうやら須藤が前回言っていたことは本当らしく、新たに君島さんも仲間に加わり6人のグループで西倉さんの本性を知っているのが4人もいる現状では西倉さんの敗北は濃厚・・・こっからどう巻き返すんだこの悪女は!

と期待していたのに、あっさり改心したーーー!!
前回須藤の部屋から去るときに笑みを浮かべていた西倉さんとはなんだったのか・・・。そして須藤はなぜ西倉さんの本性を知りながら胸元をはだけさせた西倉さんと一緒にいたのか・・・(←まだ疑ってる)

そしてこの漫画最大の疑問
幼馴染の子とはなんだったのか・・・



○ベイビーステップ
岡田バス―カが浸透していってるw

勝つために色々試行錯誤するエーちゃん。これは全てを平均的に出来るエーちゃんだからこそ出来る戦術で、スライスが駄目だったらスピン、ロブ、ドロップなどアレが駄目ならコレと選択肢が多いため相手にする選手は大変そう

しかし、岡田のように一つのことを重点的に極めたタイプの選手はそう簡単に戦術を変えたりしません。それは出来ないからではなく、やらないのです
やってしまったら今までの自分を否定してしまうことになりかねないからです。それで試合が不利になろうとも、やってはいけないのです。自分を否定してしまったら例えその試合で勝利することが出来てもその後否定された自分で新しくスタイルを作っていくため、上に行けなくなってくるからです

中にはこれまでの自分を否定することで上に行ける人もいますが、岡田はどうみてもそのタイプではなさげ

自分を否定する選択はして欲しくないなぁ・・・



○AKB49
MAYA様パねぇ~!

てっきりステージは奪われても取り返すか、ゲリラライブの様なものをやって少しでも闘うかと思ってたけど、それすら出来ないとな・・・
みのり、岡部、吉永。この悔しさをどう晴らすのか楽しみです

やはり岡部と面識があるらしいMAYA様。今回GEKOKU嬢がステージを奪われたように、初対面時に岡部に全てを奪われたようなことを言ってましたけど・・・やっぱAKBのオーディションかなぁ?


それで岡部を恨んでるなら逆恨みもいいとこな気がするけど、もし本当にオーディションで何かあったんならMAYA様には一言言いたいことがある!


お前こそ吉永さんの存在忘れてるんじゃねーよ!!


いくらエア永、吉なんとかさんとか呼ばれてた吉永でも岡部に覚えられてないMAYA様のこと覚えてたのに・・・(うろ覚えだけど)

そろそろなんでMAYA様がここまで岡部を敵視するのか語られるかな?
GEKOKU嬢のリベンジに期待!!





いや~・・・つい衝動にかられてジャン・マガジン以外の感想を書いてるうちに3月も第3週に突入しちゃいましたよ・・・今度はそうならないよう気をつけたいですね

なんかフラグ立てたみたいw
最後は?ストレート!!  白服だから分かること

最後は?ストレート!! 1 (少年サンデーコミックス)最後は?ストレート!! 1 (少年サンデーコミックス)
(2011/02/18)
寒川一之

商品詳細を見る




マガジン感想を書く前に今週の「最後は?ストレート!!」がいい話だったので感想をば




「最後は?ストレート!!」は週刊少年サンデーで連載されてる野球漫画です

主人公・高津睦月が通う学校には特別な制度があり、それが「白服」
白服とは学校が認めた天才で、学校側の全面バックアップのもと最新の環境でその才能に磨きをかけるため卒業後も日本代表入りする人を多く排出しています

白服、というくらいですから当然制服が他の生徒とも異なります。そのため一般の生徒も通うこの学校で白色の制服を着てる人物がいればそいつは何かしらの天才ということになります



しかし、全ての白服が自分の才能を自覚しているわけではありません
主人公の睦月もそうで、学校側が提供する能力テストを受けても何の才能があるのか分からりませんでした。それでも制服は白色のため、他の生徒からは「灰色の天才(ジーニアスグレー)」と呼ばれます


そこへ野球の白服、溝口大河が転入してきたことで、野球の楽しさを知り大河とともに野球をすることになります
しかし、後に分かりますが睦月は野球が好きなだけで才能はないとはっきりある人物には言われます


それでも野球が好きだからピッチャーをやり、現在は全国でも指折りのチームである渋谷シニアと対戦中です




全国屈指の強豪に序盤は打たれまくりますが、その試合の中で野球の才能がないと言われた睦月が急速に成長し、次第に点がとられなくなっていきます

ですが、まだ野球を初めて数カ月ということで疲労のせいでコントロールが定まらなくなってきてピンチに!というのが今までの流れです



そして今週そんな睦月を助けたのが波木美姫こと通称みっちゃん


彼女はテニスの白服ですが、入学当初は彼女も睦月と同じく自分が何の天才かが分かりませんでした

睦月とは違い積極的に能力テストを受けるものの、自信のあったテストにも落ち、自分は本当に天才なのだろうかと悩んでいました


そしてその度に隣にいた睦月
別に慰めるわけでもなく、むしろテストの結果なんて知らなかったかのように傍にいます

それは睦月がみっちゃんになついてるからというわけではなく、同じ境遇だからこそ自分が何の天才なのか分かくて不安な気持ちが分かるから傍にいたのです




そんな睦月に心惹かれたみっちゃんは今まで積極的に何かをやろうとしてこなかった睦月が初めて自分からやりたいと思っている野球を応援するため千石シニアに入ります




試合をするごとに野球が好きになってる睦月のため必死で何度もファインプレーをするみっちゃん



野球の才能はないと言われた睦月
それでも野球が好きになっている睦月を見て言ったみっちゃんのセリフがよかった!うろ覚えですが・・・

「むっくんにはきっと野球の才能があります」


みっちゃん本当いい子!!


しかも「勝って下さい」じゃなく「証明して下さい」ってところがまたいい!





同じ白服だからこそ分かる苦悩
みっちゃんはテニスの才能があると分かりましたが、睦月はまだ分かってないからこそ好きなことで頑張ってほしい


そんなみっちゃんに胸がアツくなるな!






週刊少年ジャンプ 14号 感想
○ONEPIECE
ビスケットルームってなんぞ・・・?相変わらず今週も謎が謎を呼ぶパンクハザード編

ナミ達が脱出した先にいたのは巨大な子供や通常サイズの子供がいる「ビスケットルーム」という場所でした。しかしどうやらここには頭サムライが探している息子はいないらしいんだけど・・・

気になるのが子供たちが言っていたセリフ
助けて、もう病気じゃない、といったセリフを言っていました。ってことはこの子たちは自主的にここに来たんじゃなく、連れてこられたんでしょうね
しかし、「助けて」とな・・・。何か人体実験でも行われているのでしょうか??

そしてもう一つ「氷った人達!?逃げてきたの?」って言ってましたけど・・・なんだよそれ!!
なぜ氷の島の方だから人が氷ることに疑問はありませんが、逃げてきたってなんだよ!この言い方からすると氷った人達をわざわざ室内へ運び、閉じ込めてるみたいですが・・・何故に???


そしてルフィチームにはケンタウロスみたいな生物が襲ってきていたのですが、ここでも気になるのがケンタウロスと空を飛んでいた女。互いにCCと書かれた電伝虫を持っていたので同じ組織の人間(?)だと思いますが・・・なんでこいつらは揃いもそろって見た目がバケモノじみてるの?
ケンタウロスが2体ほどいたので悪魔の実って可能性はなさそう。となるとやはり下半身サムライの様に分離されて別の体と合体させられたパターンか
となるとやはりトラファルガー・ローが頭に浮かぶのですがマスターと呼ばれる人物はローじゃなさげ
しかも海軍には秘密でパンクハザードにいるようなので七武海でもなさげ
わけがわからないよ!!


あ、でも二つだけ分かったのが
・4年前の事故はベガパンクの実験失敗だった
・青キジと赤犬の決戦場はパンクハザードで二人の闘いのせいで極寒の地と灼熱の地になった

マスターと呼ばれてるやつ、よくここで何かやろうと思ったな
人類がこれから500年かけて到達する科学力を持っているベガパンクが何の実験を行い、失敗したのか

パンクハザード編は相変わらず目が離せなさそうです!


○パジャマな彼女
計佑にだけはまくらのことが見えるし触ることが出来る。それが分かったときのまくらの笑顔がたまりませんね~
声を大にして言いたい。こんな幼馴染が欲しかった!!

というかもう一人のヒロインであろう先輩が出てこなかったんだが・・・


○べるぜバブ
校長室での寸劇は笑ってしまった!(笑)
神埼や姫川、東条まで何をやってるんだ!w

修学旅行編が始まりそうなのはいいんだけど・・・旅行先沖縄かよ!!めっちゃ地元だよ!!!
君に届けの修学旅行先も沖縄だったし・・・何本土の人たちの修学旅行先って沖縄が多いの?
うちら北海道、東京、関西とかが定番なんですけど・・・

まぁ、それはともかくせっかく修学旅行の話をやるんだからきっと何かあるよね!(ラブコメ関係で)
アランドロンが出てこないことを祈っとこ


○ハイキュー!!
1話から一応登場はしていたものの、あんまいい人に見えなかった田中先輩がめっちゃいい人!
日向・景山・田中先輩の3人VS新入生で勝負することになったのですが、練習しなきゃ話にならない、ってことで田中先輩が二人のために朝5時に体育館を開けてあげるとかマジ優しいな

しかもこれが単なる親切心とか先輩風とかじゃなくて、田中が好きな3年の大地が日向・景山のコンビに期待してるから、ってところがまたいい!!
烏野はいいチームになるだろうなー


○ニセコイ
やはりつぐみは女の子でしたか

前回の楽の発言から勝負することになった2人ですが、普通に戦ったんじゃ勝ち目のない楽の機転(?)により3階からプールへダイブ→つぐみ気絶って流れになったわけですが・・・
楽よ・・・おまえ下から脱がす派なのか・・・・・


意外とちゃんと千棘のことを見てて、千棘がおとなしく守られてるような女じゃない、と言う楽△(さんかっけー)
あと3階からプールにダイブしたとき千棘が不安そうな表情をしていたのが気になるところ。これはつぐみが女の子であるってことも踏まえてつぐみを心配したのか、それとも楽の心配をしてるのか・・・後者だったらめっちゃおいしいな!


○めだかボックス
えー・・・なんか企んでる風だった須木奈たちキヲテラエが何もしなかったー!!
絶対何かしらやって人吉VSめだかの構図に影響を与えると思ってたのになぁ
人吉の相手をサポートする体質が活きた演出は上手かった!調和をとることで2人の演奏をさらによいものに昇華していく。安心院さんの下についてもこういうところは変わってなくてよかったよかった


○H×H
ん??
よく分からなかったんだけど・・・別の世界があるってこと??

ってなるとH×Hはまだまだ続きそうだけど・・・富樫先生最後まで持っていけるのかしら


あーやっぱりキルアとは別れたかー。すぐ合流しそうではあるけど、しばらくはゴンが一人で行動する展開になるのかな?




比率がえらいおかしなことになってる・・・(笑)
感想としては書かなかったけど、最近の「黒子のバスケ」は面白いと思う
やっぱキセキの世代と戦うときはテンション上がるね

来週は特に旅行の予定もないので、火曜日くらいには書けるかな?まぁ遅くても来週中には書きますw

週刊少年マガジン 13号 感想
所見の方へ
「ん??これ今週のじゃなくない?」と感じたのなら正解です
諸事情により先週分の感想を今週のマガジンが発売した後に書いてます(笑)

では張り切って先週のマガジン感想でもいってみましょ~!


○AKB49
おいおい・・・先週(もはや2週間前)休載してたのにいきなりこのアツさを持ってくるのかよ
いきなりすぎて面くらってしまったよ
AKB49という漫画をまだ舐めてたかもしれん

エンジェルの前座でもせっかくのステージだからと努力してきたGEKOKU嬢。そしてそんな彼女たちを見て感動する実行委員のメガネの子。駆けつけてくれた奥平先生やファンの人たち。
そんな人々の思いを軽々しく踏みにじるモンスター・MAYA。

MAYAが舞台袖から登場してくるシーンは怖かった


○山田くんと7人の魔女
キスが入れ替わりの条件ってことが判明したわけなのですが、キスするときにうららが微動だに赤面しないのに対して山田が毎回赤面してるのが面白い(笑)



○エデンの檻
キメラ登場!
エサの匂いを嗅ぎつけて地上に出てきたはずなのに、人間を食べる様子がないんだけど・・・
動きは永い眠りについてた影響で遅いようですが、カメレオンのような長い舌でホームにいる人間をバッタバッタとなぎ倒す程の力はあります

そんなバケモノに挑む女子高トリオ
というか、常盤がバケモノに挑むのを渋ってた理由w



○ハッピープロジェクト
西倉さんまさか体をつかってくるとは・・・前回のは冗談だと思ってたよ

結果的に須藤は西倉さんのブラックな一面を見抜いており、だまされるつもりはないそうですが・・・・・じゃあなぜ胸元がはだけた西倉さんが部屋にいたんだよ!
しかも「西倉さんが勝手に・・・」とかの言い訳もしないし・・・え?須藤は信用してもいいの??

そして神木さんへアプローチをかけようとする主人公、応援する須藤
・・・須藤も西倉さん同様、裏がありそうで怖い




長くなってもあれなんで今回は短めに

今週のジャンプ&マガジン感想はなるべく早目にあげるよう頑張ります!
1/11 じゅういちぶんのいち 番外編 オフサイド!

1/11 じゅういちぶんのいち 2 (ジャンプコミックス)1/11 じゅういちぶんのいち 2 (ジャンプコミックス)
(2011/08/04)
中村 尚儁

商品詳細を見る



僕は周回遅れのマガジンの感想を書きたいからブログを始めたのか!?・・・否!!
面白い漫画、紹介したい漫画の感想を書きたいからブログを始めたんだぜー!!

はい、言い訳おしまい(笑)


マガジン感想を書こうと思ったのですが、今日SQを読んでみたら面白かったので紹介をば


今月発売されてるジャンプSQの1/11がやばい

この作品は有名になってから読み始める漫画が多い僕にしては珍しく最初からチェックしてた漫画なのですが・・・最近の展開は可もなく不可もなく...って感じでした

しかし、今月号の展開はいいと思うよ、うん。決して恋愛要素があったことに反応したんじゃないんだからね!



そもそも1/11とは最初はジャンプSQ・19という3カ月に一度販売される雑誌に載っていました。ですがSQ・19の中でも人気があったようで4話目にしてSQ本誌に出張掲載したかと思いきや7話からは堂々のSQ移籍を果たした漫画です

最近だと帝一の國とかもそのパターンですね
この作品も生徒会長になるために金も知略も忠誠もつくす、って感じですごくユニークで面白いと思いますが、取りあえず今はおいといて・・・



1/11とは主人公・安藤ソラとその周りの人々の成長を描いた作品になっています。
この作品の面白いな、と思うところが主人公が毎回変わるオムニバス形式なことでしょうか

本来ならソラを中心にソラの視点で物語を描いても充分面白かったと思うのですが、「安藤ソラ」という人物をソラの視点、周囲の人達の視点を読者だけが知ることが出来るため、「安藤ソラ」という人物が読者にはとても伝わりやすいと思います
漫画という媒体ならではの手法だよなぁ、と毎度ながら関心してしまいます


1話では主人公・ソラとソラに最も影響を与えた人物である四季との話

2話では親に内緒でマネージャーをしている少女の話

3話では楽な方向に流されてしまい、本当にやろうと思っていたことを忘れていた少年の話

4話では家族にゴールを護っている姿を見せるためにプロでGKをやっている青年の話

5話では好きだった先輩との想い出の曲と向き合う少女の話

6話では少女の笑顔を見るために泥臭くても点を取ることを学んだ少年の話

7話では壁にぶつかり逃げてきた少年を本当にやりたいことへと導く少女の話

8話ではかつてソラにポジションを奪われ、楽しくサッカーをやれればいいやと考える少年の話




こうやって振り返ってみると・・・まともにサッカーしてる話少ねぇ・・・
8話中3、4話くらいかな?過半数か・・・

サッカーをしているソラを描くのではなく、1話以降はソラに影響を受けた人々を描いているので、必ずしもサッカーのシーンが入る必要はないんですよね
現に3話の凛也の話なんでサッカーに関係あるようで、サッカーやってるシーンが出てくるの凛也がサッカー部入ってからですからね


しかし、今月号に掲載された9話は今まででも1、2を争うくらいサッカーしてたんじゃないでしょうか?



話としては見た目が派手な少女に歴史好きな少年がオフサイドとは何ぞやと教えていく話になっています
オフサイドを理解しようとサッカー部の練習も見学するものの、終盤まで決して何故知りたいのか教えない少女

彼女がオフサイドを知りたかった理由とそれが叶った瞬間は胸がほっこりしてしまうものです



しかし、この作者のニクイところは基本的にオチが二段構えってところでしょうか
少女がオフサイドを知りたがっていた理由で話が終了しても面白かったのに、そのあともう一つオチを持ってきて、これがまた毎回上手いのなんの


少女にオススメの試合を訊かれた時の少年の返しがかっけー!そりゃ思わず笑ってしまうってもんですよ
青春してんなー!!(笑)



少女がオフサイドについて知りたかった理由とは、そして少年の返しとは


気になる方は今月号のSQをチェックしてみて下さい。






毎回読み切りかと思わせるくらいのクオリティで書いててすごいなぁ
3巻の発売も楽しみです


週刊少年ジャンプ 13号
いや~・・・5日くらい上京していたもので感想書けませんでした(汗)
東京って木曜日以降ジャンプあんま売ってないのね。探すのに苦労しましたよ(・△・;)
ってわけで今日変える時空港でジャンプの14号発売してた気がしますけど、気にせず13号の感想いってみましょ~!


○パジャマな彼女
新連載!ニセコイといいジャンプにラブコメがの波が来てますね~(にやにや)
ニセコイがまるでどこかで見たような王道を行くのに対し、こちらは藤子・F・不二雄先生風のSF(少し不思議)な要素も絡んできそうで面白そうです
いちご100%でもおなじみのジャンプラブコメ特有の2大ヒロイン式ですけど・・・今のところまくらが可愛いかなぁ。計佑が先輩と話してるとこを見たときの反応とその後が可愛い過ぎる!
ニセコイと共に生き残ってジャンプに春をもたらしてほしいっすね~


○ハイキュー!!
前回はちょこっとしか出てなかった人達ですが、先輩として上手く活躍してくれそうですねー。一人威嚇しまくりの人いるけど(笑)
飛べない烏が飛ぼうとしてる様子とか胸が熱くなるな!こういう下から這い上がっていく系のモノ好きなんですよねー。BECKとかあんな感じ

というか前回も思ったけど、この作者瞬間を書くの上手いですね~!前回は日向がスパイクを打つ時、今回はレシーブする瞬間、本当に一瞬の様子を切り取った!って感じでいいですね~
漫画という媒体で動いている様に表現が重要になるスポーツ漫画でもとても大事なシーンとかではセリフなし、動きスローという描写が取られたりもします。古舘先生のそういう描写はきっとかっこいいと思う


○べるぜバブ
神埼先輩どんまい・・・
めっちゃ初期に男鹿にやられてそれ以来すっかり牙を抜かれたものと思いきや、ちゃんとリベンジの機会を窺ってたんですね~。今回の水切りも男鹿みたいなバケモノじみたことは出来ないと分かりつつもリベンジしようとするその心意気がいいっすねー。
東邦神姫の男キャラの中では一番好きなキャラなので頑張って欲しいものです

○ニセコイ
キタコレ!
楽が保身のために口走った言葉を事情を知らない千棘が聴いちゃった、とかまじ王道過ぎてどストライクなんですけど!

前回の話から千棘には昔約束をしたらしい男の子がいるようですが・・・集の反応からすると今回転校してきたつぐみは女なのかな?
だとしたら千棘が昔約束した子候補からは外れると思うんですけど・・・さすがに千棘は知ってるよね?

まぁ、何はともあれ来週(もはや今週)の千棘の反応が楽しみだ!!


○めだかボックス
あれ・・・?この3人は何か企んでるものだと思ってましたが・・・何もしないのかな?
普通にステージ終わっちゃいましたけど・・・



○黒子のバスケ
上手いな~。ここで火神が氷室に続き紫原にも勝っちゃったら火神チートもいいとこですからね~。でも紫原に止められたにせよ新しいシュートを繰り出そうとしたり、エースとしての心構えがあったのがよかった!
陽炎シュートはタイミングが遅いってことかな?黒子が分かっても止められないかも、って言ってたけどそれなら止められそう
あ、でも意図的にタイミングを遅くするのは難しいのかな?木吉VS紫原みたいに分かっていても先に跳んでしまうみたいな


○magico
おぉ・・・ファウストとの戦いでシオンが大技を出したから終わったものだと思ってましたけど、そっかまだヨシュアとの決着がついてないですもんね
しかもヨシュアは覚醒によってめっちゃ強くなってるし、ボスを倒したと思った後のボス戦ってテンション上がりますもんね~!


○HUNTER×HUNTER
???
あの子供カイトがここまで成長したってこと?成長早すぎない??
このままのスピードで成長していくのか、それとも以前のカイトの年齢まで成長したら元に戻るようになっているのか・・・多分後者でしょうけど
というかあのコアラはそんなことを考えてたのか。蟻の中に随分とファンシーな奴いるなぁと思ってましたけど

「逃げてくれ」と祈ることしかしなかったコアラの前でゴンが一緒に戦えなかった自分の弱さを謝罪し、今度は護る、と言うのは上手いですね
コアラもこの話を聞いたあとに精一杯生きる覚悟をしたようですし






とまぁ、本土の方からすると1週間遅れのジャンプ感想となって申し訳ないです・・・
先週のマガジンも早い内にやっておきたいなぁ(遠い目)




プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。