小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKB49~恋愛禁止条例~ 番外編 ツインテールは譲らない、ですよ!

AKB49~恋愛禁止条例~(1) (講談社コミックス)AKB49~恋愛禁止条例~(1) (講談社コミックス)
(2010/12/17)
宮島 礼吏

商品詳細を見る



そのときは
譲らないっ




ネタバレ有りです。ご注意下さい


かなり出遅れてますが・・・

AKB49~恋愛禁止条例~で主要な人物それは主人公・浦川みのり、ヒロイン・吉永寛子、そして・・・ライバル・岡部愛

今回はそんなGEKOKU嬢の中の一人、岡部愛について語ってみようと思います




最初に登場した時は完璧、嫌な先輩ポジションとして登場し、「どうせ最初だけで後から消えてくキャラだろ」と思っていました。ですが回が進むごとに時には主人公の前に立ちはだかり、時には主人公を支える、そんな良きライバルキャラになっていきました

少年漫画でライバルキャラというと、昨日まで敵だった奴が主人公の影響を受けて仲間になる、ってパターンがあったりします
ですが岡部の場合、主人公に感化されていきなり改心したりせず、色々やらかしながら主人公みのりに歩みよっていくのです

野心の強さから、自分が目立つために個を優先して失敗することもあり、それでみのりやチーム研究生に迷惑をかけたりすることも・・・
ですが、みのりがピンチの時には助けに来たり、吉永がAKBを辞めようとしている時は厳しい言葉でアドバイスをしたりと同じチーム研究生として仲間を思いやる面もあります。Xデー当日なんてあれだけ野心の強かった岡部がみのりを信じた結果クビになっても構わない、と思う程になります。

思い返せばオーディションに合格したてのみのり・吉永を潰そうとしたり、12期のお披露目公演では足を引っ張ろうとしたり、Xデー間近では勝手な行動してステージの機材を壊したりと色々やらかしてきた岡部・・・。そんな岡部がXデー当日にみのりを信じ、みのりが来た時のこのセリフ

遅いんだよ
バカみのり


成長シタナー(;▽;)

みのりは仲間だし信じられる。センターとしても認めてる。けど自分がみのりより劣っているとは思わない
互いに切磋琢磨しあうような関係、まさに好敵手と書いてライバルですよ!


岡部大活躍だったし、ここで岡部株は打ち止めかと思っていた時期が僕にもありました・・・ところが「いいや、まだだ、まだ終わらんよ」ばりに最近のマガジンで再び岡部のターンがやってきたのです!



みのり、吉永、岡部の3人でユニットを組むことになり、CDデビューまで決定しました。AKBは通過点に過ぎず、ゆくゆくは世界を股にかけるスーパースターになることが目標の岡部からしたら待ちに待ったCDデビューというビッグチャンスが到来!
けれどA面曲はやはりみのりメイン・・・

そこで少しがっかりする岡部でしたが、カップリング曲は吉永、岡部それぞれがメインボーカルの曲

これまでも歌の上手さからソロで歌うことのあった岡部でしたが、それはあくまで先輩たちのおさがりの曲であり、自分の曲ではありませんでした
ところが、今回は秋本康が岡部のためだけに作詞した完全オリジナルなラブソング。気合いが入らないわけがありません


・・・が、歌えない。恋愛経験がないから。

岡部がラブソングに弱いことに気づいた秋Pにより、AKBにとっては超法規的措置がされました

恋愛禁止条例の解除

そして好きな人に少しでも見て欲しくて髪型を気にしたりする献身的な女の子の気持ちを知るために、恋愛をしようとする岡部
そして岡部が好きになった人は・・・・・浦山実

ちょ、ちょ、ちょっと落ち着こうか。(深呼吸して)
浦山実=浦川みのりなわけなんですが、みのりを女の子だと思ってる岡部はよりによって普段の男の格好をしている時、浦山実モードの時に恋に落ちてしまうわけです

初めての気持ちに戸惑い、どうしたらいいのか分からなくなるという新鮮な岡部を見ることが出来ましたが、無事立ち直ります
実のことを今は夢を優先させるため諦めるけど、夢が叶った時は譲らない

岡部らしい答えだ


けどこれみのり=実ってバレた時どうなんだろ(笑)
こういう漫画のセオリー的に物語終盤にはバレたりするハズなんだけど・・・


その時の岡部の反応が楽しみだ(笑)




スポンサーサイト
ONEPIECE 番外編 盛り上がってきたー!

ONE PIECE 64 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 64 (ジャンプコミックス)
(2011/11/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る



これと同じ名を受け継ぐことになる
~中略~
''古代兵器''
「ポセイドン」





あまりの衝撃的内容に思わず感想をば


ネタバレありなんでコミックス派の人は見ない方がいいよ!



























なんだかんだ新魚人海賊団との対決が終了し一件落着した魚人島編

かと思いきやロビンの口から衝撃の言葉が





しらほしが古代兵器と呼ばれたポセイドンだってー!??



ポセイドンと言えば初めて作中に名前が出たのは空島編でロビンがポーネグリフを読んだときが最初です
どこにあるかまでポーネグリフには書かれていたらしいのですが、ロビンはその地については一言も言いませんでした
当時は古代兵器ってアラバスタのプルトンだけじゃないんかい!と盛り上がっていましたが、今は空島で言ってたポセイドンのありかって魚人島だったんかい!と盛り上がっています(笑)


確かネプチューン王がしらほしの力を「世界を滅亡させる程の力」と言ってたと思いますし、伏線がないわけではなかったんですよね
しかしまさかあれだけ対比されてると思ってた空島と魚人島の話がこんな形で結ばれようとは思ってなかった!



んで気になるのがジョイ・ボーイ

空白の100年に存在した人物らしく古代文字を使ってポーネグリフを魚人島に残しています
そのポーネグリフはロビン曰く謝罪文らしいのですが、あれはジョイボーイが当時の人魚姫に対して約束を果たせなかったことを詫びたものだとか


空白の100年が明けると同時になくなった王国と空白の100年が明けると同時に設立された世界政府
オハラのクローバー博士も言ってましたが、ポーネグリフというが砲弾とかでも壊れない石で文章を書いていることから今はない王国(仮にD王国と呼びます)には敵がいたことが分かります
紙などに書いては全て処分されてしまうから


空白の100年の時代に存在し、ポーネグリフに古代文字を書けることからジョイボーイはD王国の人(?)だと思われます
ただ何故滅亡したD王国のジョイボーイが海底1万mにある魚人島の人魚姫と約束をしていたのかはさっぱりわかりません


約束の日に魚人島の半分もあるノアが使用されようとしていたことから、かつての魚人島民の夢は今と同じくタイヨウを求め、地上に出ることだったんじゃないかな、と
んでノアには動力がなく、海王類が引っ張ることで動かすことの出来る使用ということから、人魚姫の存在は欠かせません

僕は昔の魚人島民の夢が潰えたのは人魚姫がいなかったからかと思ってましたけど、どうもジョイボーイが人魚姫に謝罪してることからジョイボーイが人魚姫との約束を果たせなかったため潰えたっぽいです


人魚姫がポセイドンの力に目覚めたとき、それを正しい方向へ導く人物が現れる、という伝説が王家に伝わってるらしいのですが、それがジョイボーイだったってことかな?

今週のネプチューン王の言い方だとジョイボーイとその時の人魚姫以降ポセイドンの力を持つ人魚姫は生まれなかったみたいだけど・・・どうなんだろ?



新世界編に入ってすぐ空白の100年に関する重要事項っぽいのが分かるとか・・・新世界編は壮大な話になりそうだな


グランドライン入ってソッコー出てきた海王類がまさか古代兵器に絡んで来るとは思わなんだ


あ~来週詳しい説明してほしけど、尾田さんのことだから引っ張りそうだなぁ・・・
完璧に手の平で遊ばれてる(笑)


東京ESP 2 ヒーローの油断と折れない心

東京ESP (2) (角川コミックス・エース 160-16)東京ESP (2) (角川コミックス・エース 160-16)
(2010/11/26)
瀬川 はじめ

商品詳細を見る



私はまだ・・・
全部を失くしたわけじゃない



油断が命取りに!

物質透過のESPを持つ主人公リンカと瞬間移動のESPを持つ京太郎、飛行能力のESPを持つペンギンのペギィ
2人と1匹のESPを駆使することでいくつかの事件を解決してきました

怪盗から宝石を守ったり、銀行強盗を止めたり、水害から街を救ったりと


これまで誰も目立ったケガすることもなかったため、ヒーロー扱いされていたリンカ達も油断してしまいます
どれだけ超能力を手に入れヒーローみたいなことをしても、超能力を手にいれる前までは貧乏だけど普通の女子高生だったリンカ。それがいきなり手に入れた超能力でヒーローとして活躍するようになりました
上手くいってるからといって油断するな、という方が無理な話とも言えるかもしれません


ヒーローとして活躍してきたからこそ、少なからず敵もつくってきたわけです
そしてだからこそ油断してはいけなかった!


今まで解決してきた事件の犯人が現れ、ボコボコにされるわ、家は燃やされるは、友達がさらわれるはと散々な目に合ってしまいます



報復にめげないのが・・・
本当のヒーローでしょ
自分の弱点も分かった・・・
次は負けない



散々な目に合うもののリンカの心は折れなかった!

ヒーローに必要なのは折れない心なのかもなぁ・・・


あと物語的には大きかったのが、ペギィの能力
飛行能力だけかと思いきや、ESPを消すことが出来る能力も持ってるみたいです

実際今まで倒してきた敵もESPがあるせいで警察じゃ対応出来なかったんですけど、ESPがあるせいで警察が消せるなら話は別
倒してからESPを消せば警察でも逮捕することが出来る

ただ動物なだけに意思疎通が難しく、こっちが消して欲しいタイミングではESPを消すことは出来ない、ってところがネックになりそうです



リンカの物質透過能力が人はすり抜けられない、というのはいいアイディアかも
というか人も透過してしまったら戦闘においてチートもいいとこですからね
それを言うなら瞬間移動も十分チートですが
弱点があることでいい感じにバトルも楽しめそうです!




まぁ結局の所、リンカかわいいに尽きるわけですが(笑)
過去の京太郎を知っている敵キャラ・美奈実が出てきたことでモヤモヤしてるリンカ可愛いよリンカ
ラブコメ要素も期待したいところ!!


プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。