小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕らはみんな河合荘 1 残念な人たちばっか!

僕らはみんな河合荘 1巻 (ヤングキングコミックス)僕らはみんな河合荘 1巻 (ヤングキングコミックス)
(2011/05/30)
宮原 るり

商品詳細を見る




ホント変な人



前から噂で面白いってのは聞いてましたが、古本屋で試しに読んでみたらめっちゃ面白かったので即購入


主人公・宇佐は親の都合から一人暮らしを始めることになったものの、下宿先の河合荘には変な人だらけ!無愛想な女の子、ドMな変態、男運がなく下ネタ満載のお姉さん、男をたぶらかす魔性の女

どこか残念な人たちとのドタバタコメディ

って感じです


主人公も最初はこんな所に住むのは嫌だ、とごねるのですが、憧れの先輩がここで暮らしていることが分かり態度が一変。河合荘に住むことになります



そして憧れの先輩こと河合律(かわいりつ)
本が大好きで基本的に一人でいることが好きなタイプ
普段は無表情なのですが、たまに見せる表情は悶絶もの(笑)

いつも一人でいることから宇佐から「可哀想」と思われてしまいますが、本人は
一人は嫌じゃないのに
「一人だ」って思われるのは嫌で・・・・・・

と思っているようです。この気持ち・・・すごく分かります。好きで一人でいる時に「あいつ友達いないんだ」って勝手に同情されたくないですもんねー

主人公とのフラグは立ってるような立ってるような・・・。今の状態でも相当な破壊力なのに、ラブがコメってしまったら一体どうなるんだ!(主に僕が)



城崎ことシロさん。真性のドMです(笑)
河合荘の管理人である住子さんとのやりとりでは・・・
住子さん:シロくん
      お魚買ってきてくれない?
シロさん:もっと傲慢にお願いします
住子さん:あらごめんなさい
      魚買ってこいよこのブタ野郎
シロさん:御意!!ハァハァ

てくらい変態です(笑)
縛るのが得意で廃品回収で古新聞を縛る時はシロさんが縛ってるらしいのですが・・・これ絶対回収に来た人困るだろ
自転車の荷台用ロープには笑ってしまった。その発想はなかった(笑)
あ、縛られるのも好きな様子。さすがシロさん



ダメ男キャッチャーこと麻弓
本人曰く「私はそんなやっすい女じゃない」と言っていますが、三股かけていた元カレから連絡があれば釣られてしまう見事なまでのやっすい女です。本当にありがとうございました
しかし、この麻弓がまたいいキャラしてるんです!ただのやっすい女なだけじゃないです

合コンをセッティングしてあげるという微妙に上から目線の彼氏持ちの友達が別れて合コンが無しになったときなんて
惜しめばいいのか
いたわればいいのか
喜べばいいのか・・・
間違えたら最悪だ・・・

って(笑)しかも主人公の宇佐もツッコんでますど顔が惜しむと喜ぶしかないという(笑)
あかんあの人
この人ホントあかん
ですよ!


最後に魔性の女こと彩花
麻弓とは違い男を手玉に取るタイプで、痴情のもつれで元カレが河合荘にまで来た時には偶然通りかかった宇佐にどえらい勢いでフラグを立てていきました
恋愛フラグじゃないのを(笑)



とまぁ、1巻の時点でかなり各キャラいい味を出してます
これは2巻も期待してしまうってものですよ!


個人的にはシロさんと麻弓のキャラがかなりツボ
スポンサーサイト
弱虫ペダル 8 絶対にあきらめない男

弱虫ペダル 8 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 8 (少年チャンピオン・コミックス)
(2009/11/06)
渡辺 航

商品詳細を見る



オレはあきらめない



2年生との対決も終わった合宿編は小野田が完走が危ぶまれたものの手嶋のおかげでなんとか完走



そして総北のインターハイメンバーが決定します

3年・・・金城、田所、巻島
1年・・・今泉、鳴子、小野田

がメンバーになります





総北は今までインターハイで優勝したことがないらしく、今年こそは!と意気込んでいます

優勝するためには前回優勝した高校がやはり強敵となってきます
そしてその前回優勝した高校が箱根学園(通称:ハコガク)

今回は去年のインターハイで総北のエースだった金城と現ハコガク主将の福富の対決が収録されています


仲間の想いを背負って走るからこそ自分はゴールに絡むことが出来る、と考える金城

一方

ペダルを回すのは自分の力であり、自分が強いからゴールに絡める、と考える福富



考えが正反対の二人のエースの対決
両者の考えがよく出た対決になりました

自分の強さに絶対の自信がある福富はまるで強さを見せつけるように何度も金城をチギります(←置き去りにするって感じの意味)
一方で仲間の想いを背負ってるからこそ、ここで離されるわけにはいかないと食らいつく金城


弱虫ペダルには通り名的なのを持っている選手がいて金城の通り名は

あだ名は石道の蛇
どこまでもくらいつく
あきらめない男だ!!



石道の蛇です。若干「?」ってなる通り名ではありますが・・・

相手は格上の王者で出場メンバーの6人全員がエース級というバケモノ揃いのハコガクが相手でもあきらめない
緩い登りと向かい風のせいで体力が奪われる金城に対し、向かい風をものともせず加速していく福富にチギられてもあきらめない
ゴール前8kmに強烈な登りがあり、現状で既に身体が疲弊していようともあきらめない

金城の本当にあきらめないことと言ったら



このレースを見ても金城が勝てる可能性は決して高いわけでないんですよ。身体の疲労度が違うし、何度もチギられるし
ただ勝てる可能性が0%じゃない、というだけ
1%でもあるなら勝つことを決してあきらめない


絶望的な状況の中でもあきらめない、ということは本当に難しいけど、肉体を支える精神が折れないからこそ身体もそれに応えるかのようにくらいつくことが出来る

どこまでもくらいつく金城さんマジハンパねぇっす!




そして強さに絶対の自信を持っていた福富
強さに自信を感じ、おごり、過信した結果・・・落車




うわ~・・・これは総北去年のインターハイかなり惜しいとこまで行ってたんだなぁ

そりゃ3年の先輩方が総合優勝を悲願っていうわけです


今年こそは是非優勝してほしいところ

次巻からインターハイ編が始まるっていうのに、合宿でのレースや金城・福富のレースで既にアツくなってるんだが・・・インターハイはもっとアツくなるんだろうなぁ

弱虫ペダル 7 全ての肯定と全ての否定

弱虫ペダル 7 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 7 (少年チャンピオン・コミックス)
(2009/08/07)
渡辺 航

商品詳細を見る



まだ
終わってない



またまたアツかった!!

前回に引き続き1年生トリオVS2年生チームなんですが、まず小野田が閉塞してた空気を破ります


手嶋は才能がないからこそ作戦を練り、小野田対策も万全でした。けれど小野田がレース中に進化することで、今泉や鳴子にも抜かせなかった手嶋が遂に抜かれるんです

手嶋も小野田を押さえるために体力を振り絞ってしまったので、小野田に抜かれたあとは今泉、鳴子にもあっさり抜かれてしまい進化を続ける才能あるエリートを前に心が折れてしまいます



正直ここでもう2年生とのバトルは終わった、と思った時期が僕にもありました
2年生敗けはしたけど、いいキャラだった・・・!と思いましたよ


しかし、抜かれはしましたが手嶋が時間を稼いでいたおかげで手嶋が心折れてすぐに青八木が到着
そして冒頭のセリフを言うのです


去年2人がインターハイに出れなかった理由は実力不足
2人1組で走ることで実力は上がりましたが、そもそも個人の実力を上げなければエリートとは戦えない
そこで今回の表紙にもなってる田所に鍛えてもらい、他の奴らが脱落していくなかインターハイという目標だけを見据えて必死に練習について行きます
今年田所は3年、手嶋・青八木は2年。自分たちをここまで鍛えてくれた田所とインターハイにいけるのは今年が最後

田所と行ける次のインターハイなんてないんです


それを知ってるからこその青八木の「まだ終わってない」ですよ!
そしてそっからの2年生の追い上げが半端なかった!

作戦を棄て、まさに必死の勢いで1年生を追います


そして・・・

レースとは残酷だな
どれ程思いが強くても仲間との絆があっても
それが必ずゴールに導いてくれるわけじゃない



決着



勝者は今までの練習が無駄じゃなかった、努力は嘘をつかない、すごいやつだ、と全てが肯定されます

敗者は今までの練習が無駄だった、努力しても届かない頂きがある、凡人なんだ、と全てが否定されます



レースである以上勝者と敗者は必ず出てしまいます
そしてほんの少し運に嫌われた者は勝者ではなく敗者になってしまいます


手嶋と青八木を襲ったのは肉体の限界でした
それでも田所と行けるインターハイは今年が最後ということで限界を超えても走ろうとしますが、そんな2人を田所が止めます
これ以上走ったらもう走れなくなる、と


そして田所の

今のおまえらなら2人だけでも強くなれる

って言いながら泣いてる姿にこっちまでウルってきますよ!
しかも手嶋・青八木も泣きながら謝ってるし・・・

この3人がインターハイで活躍するの見たかった・・・!



それにしても2年生との対決はアツかった・・・

才に優れた者と凡人
レースの残酷さ
1年生の知らない総北の人間関係

これらが詰め込まれた戦いでした




合宿編の一番の見所は牧島△(さんかっけー)と手嶋・青八木チームのかっこよさだと思うんだ

弱虫ペダル 6 VS2年生

弱虫ペダル 6 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 6 (少年チャンピオン・コミックス)
(2009/06/08)
渡辺 航

商品詳細を見る



俺は凡人なんだってな



4日間で1000km走りきる、という無茶苦茶な合宿を実施中の総北高校
インターハイに出場出来るメンバーは6人
3年生の金城、田所、巻島の3人と残り3人
合宿で残りの3人が決まります

しかし、
今泉にはシフトチェンジを出来ないように
鳴子には下ハンをなくし、バーハンドルに
小野田にはホイールを古くて重いものに
それぞれのロードレーサーに仕掛けがされていました


合宿の3日目にしてようやくこの仕掛けになれた1年生が先行していた2年生と残りのインターハイへの出場枠をかけてぶつかります



正直なところ、この話があるまで、2年生の影はめっちゃ薄かったんですよ。セリフあったっけ?ってくらいの扱いで
ただ、この2年生とのバトルがアツかった!!

パーマ先輩こと手嶋はロードレースの才能がなく、いい作戦は立てるんだけど身体がついていかない
無口先輩こと青八木は手嶋より身体的に才能があるものの作戦を立てるのが下手でゴールまで体力がもたない

それでも、インターハイに出たかった二人が出した結論・・・それはチームワーク
作戦を立てるのが上手い手嶋が身体的に優れてる青八木を試合でマネージメントします
1人では勝てないけど、2人ならエリートにも勝てる


ロードレースにおける特別な才能のない凡人2年生の2人とロードレースの才能にあふれる1年生3人組
1年間必死で特訓して完璧なチームワークを手にした2年生は才能で劣るからこそ綿密に作戦を練り、1年生を潰しにかかります



そんな2年生が1年生に仕掛けてきた作戦は「逃げ」でした
身体的に優れた青八木が先に行って、作戦を立てるのが上手い手嶋が青八木を追おうとする1年を食い止める役割

今泉や鳴子が手嶋を抜こうとしても、ちょうどいいタイミングでコースを塞いだり、タイミングをずらすためにわざと想い出話などして食い止めます

そして手嶋を抜くことが出来ないまま追い抜きが禁止される時間になり、最後の1周・・・さすがの今泉と鳴子も万策尽き、手嶋青八木チームの勝ちかと思ったとき、周回は遅れてるものの3日目ずっと一緒に走ってた小野田が動きます

2人がインターハイ出てくれたら
ボクもがんばって追いかけるから


その言葉に折れかけてた心を支えられた1年生トリオが最後の追撃を開始、ってところで6巻終了!


まさか2年生を好きになるとは思わなかった・・・全くノーマークだったぞおい(笑)

ヒトクイ web漫画を舐めてたよ・・・
今回はちょっと毛色を変えてweb漫画の紹介でも
インターネットが当たり前のように利用できる最近の世の中では自分の描いた作品をネット上にupし、第三者の意見を聴けたりするため、web漫画にも相当な数が出てきました

週刊少年サンデーなどで知られる小学館もクラブサンデーとしてwebで誰でも漫画が読めるようなサイトを立ち上げています
え?それじゃ漫画買うやついなくなるでしょ。と考えた方!大丈夫です。これがまた上手く出来てて、クラブサンデーの場合ネット上にUPする期間を限定しています。その期間を過ぎると消されていくため、webで読んでみて「この漫画面白いじゃん」って思った人が単行本を買っていくというわけです

んで今回紹介する「ヒトクイ」という漫画は掲載期間がないので、この記事を読んで「面白そう」と思った方は是非


ヒトクイ




生き残る条件はただ一つ・・・
他の人間を騙そうが陥れようが・・・
「ヒトクイ」を満腹にすること!!





連続怪死事件が広まっている世界
この怪死事件で不明な点が多い中、分かっていることは一つ

複数の人間が同じタイミングで心臓麻痺を起こして死ぬ

ということ


そんな世界が舞台のお話です

何回もヒトクイの世界に入るので便宜的に1stステージと呼んでおきます
1stステージの主人公は女にだらしない男(名前なし)

後輩の女の子を家に送ってる最中に人を轢いてしまいます。捕まりたくないものの後輩に見られていたので観念しようとしたところに女の子から以外な一言が

・・・先輩
早く行きましょう?


幸い通行人が救急車へ通報していたためその場を離れる主人公たち

男の方は、どうやって捕まらないように工夫するかを考え
女の方は、かっこいい先輩の弱みを握っちゃったと考え二人は別れます


すると突然景色が変わりその男女は3人の見知らぬ男と知らない場所に・・・


そして始まる1stステージ
主人公たち以外面識のない男女5人が知らないところへいきなりとばされたりしたら落ち着いて協力しよう、なんてことはありません
皆それぞれバラバラに行動します


しばらくすると悲鳴が聞こえ、そこには最初の場所にいた男性のバラバラ死体が

そこで後輩がヒトクイメールのことを思い出します


最近よく起きている突然死の原因は「ヒトクイ」に食べられたからだ、という内容のチェーンメールが出待ってるらしく、ヒトクイの巣におびき寄せられた人は、「ヒトクイ」が満腹になるまで逃げきらなければ元の世界に帰ることが出来ない、という内容



ヒトクイメールの内容聞いた主人公は当然のように後輩を見捨て、餌としてヒトクイに差し出します
自分が逃げきるため、「ヒトクイ」を満腹にさせるために




そして最初の場所にいた男性のうちの一人が気になるセリフを言います

・・・確かに正解だ
ヒトクイの巣から脱出する方法の一つ

(中略)

さて・・・そろそろ終わりしようか
なぁ「ヒトクイ」




明らかに何か知ってる人のセリフです。巣から脱出する方法の一つ、ってまるで他にも方法があるような言い方ですが・・・他に何があるんだろ?
そして、終わりにしようか、って。もう完璧に「ヒトクイ」が何か知ってる人のセリフじゃないですか!



結局1stステージでは「ヒトクイ」とは何なのか?何か知ってる雰囲気の男は誰なのか?脱出する他の方法は何なのか?分からないまま終わってしまいます


そして物語は1話で1stステージの主人公に轢かれた人を通報してくれた2人の少年、少女へと移ります


最初は本当にプロローグって感じ読者も訳の分からないまま話が進んでいきますが、2nd、3rdステージからはヒトクイの巣での話と現実の世界での話が綺麗に合わさりテンポよく進んでいきます

これはマジでおすすめです!



ONEPIECE 番外編 モリアさんについて本気で語ってみる
仲間なんざ生きてるから失うんだ!



今や国民的人気を誇っているONE PIECE
主人公ルフィが仲間たちと共に冒険を続け海賊王を目指す物語

当然立ちふさがる敵や海賊王を目指すライバル、ルフィを支えてくれる人たちなどがいます。
今回はそんなONE PIECEの世界においてルフィに立ちふさがった敵・王下七武海のゲッコー・モリアについて語ってみたいと思います



大海賊時代、海では多くの海賊が暴れている時代
元帥、三大将を筆頭に正義の名の下に海賊を取り締まる海軍本部
偉大なる航路(グランドライン)の後半の海に皇帝のように君臨する四人の海賊、四皇
海軍本部も属している巨大な世界政府という組織が略奪行為を認めた七人の海賊、王下七武海
この三つの勢力のおかげで世界の均衡は保たれていました


しかし頂上戦争の末、四皇の一人、白ひげが死亡。黒ひげ、ジンベエ、ゲッコー・モリアが七武海脱退と世界の均衡を保っていた存在が一気に四つも抜け世界は混沌の時代を迎える・・・ってことで現在頂上戦争より2年後の世界を描いてるONE PIECE。新しい四皇、七武海に誰がなったのかも気になるところですが・・・まずは過去の七武海も大事だよ、と声を大にして言いたい
そして頂上戦争で七武海を脱退した(させられた)ゲッコー・モリアは魅力的なキャラなんだよ、と声を大にして言いたい


ゲッコー・モリアことモリアさんは元懸賞金3億2000万ベリーでカゲカゲの実の能力者です
カゲカゲの実とは本来生まれてから死ぬまで宿主から離れることのないもう一人の自分と言ってもいい影を能力で強制的に切り離すことの出来る能力です。さらに切り取った影は死体にいれるとゾンビとして蘇り(性格や技などは影、パワーなどはゾンビの肉体)、生きている人に入れると影の持つ戦闘力や技術を取り入れることが出来ます
モリアさんはこの能力を利用してスリラーバークで10年間ゾンビ兵を増やし、特別ゾンビ(オーズ)を復活させる機会をうかがっていました

・そこへ現れたルフィたちと一悶着あった末、敗北

・頂上戦争へ七武海として参加するもゾンビ兵は海水を操れるジンベエにより使用不能に。ジンベエとの一騎打ちも攻撃をくらっただけでした

・そして頂上戦争終了後はセンゴク元帥より上に命令された同じ七武海ドンキホーテ・ドフラミンゴと世界政府が開発していつ人造人間パシフィスタによって七武海を追い出されてしまいました



という上の三つのことからモリアさんは弱いし小物臭がするというイメージが付いてしまってます
しかし、しかしですよ!モリアさんの行動を振り返ってみるとモリアさんの過去に胸が熱くなるわけですよ!!



10年前にスリラーバークへ引きこもりゾンビ兵を作っていたモリアさん
一体何にゾンビ兵が必要だったのか?

早く俺を海賊王にならせろ!!

そう。海賊王になるためです。けれど、七武海であるモリアさんが10年も引きこもってする程なのか?自分で戦って海賊王を目指したほうがいいんじゃないの?と思ったこともありました。おそらくですが、モリアさんは10年以上前、有能な仲間を引き連れ海賊王になるために新世界を暴れまわっていました。

しかし四皇の一人であるカイドウに破れ、仲間を全て失います。


「全て失う!!!
なぜだかわかるか!!?
おれは体験から答えをだした
大きく名を馳せた有能な部下達を
なぜ おれは失ったのか・・・・・・・・・!!!」



そして仲間を失ったモリアさんは一つの答えにたどり着くのです


仲間なんざ生きてるから失うんだ!!!


そしてこの答えに辿りついたモリアさんが10年間も引きこもって死なない、万が一浄化されてもすぐ代わりが用意出来るゾンビにこだわりつづけるとか・・・マンガの中のキャラクターにも人生があり、過去がある、って凄い実感出来ました
皮肉にもカゲカゲの実の能力者だったからこの考えにたどり着いたんだろうなぁ・・・元々は普通に戦闘時に使用してただけだったろうに


個人的には前回の仲間を失ったショックでこう考えるようになったのならとてもいいと思う。とてもいいと思うよ!(大事なことなので2回言いました)




というか、モリアさんが弱い、ってイメージは早くなんとかしてほしい。確かに若干小物臭はするけど、決して弱くないんだよねモリアさん

オーズのパンチも軽く止めちゃうほどパワーアップしたナイトメア・ルフィの一撃を何発もくらってるのによく生きてたなと
一発でオーズが飛んでいく程のパワーですよ。どんだけタフやねん!

自分と影の位置を入れ替えるドッペルゲンガーや影の形を操ることで本体の形を変えることの出来る影革命なんかめっちゃいい技だと思うんだけどなぁ・・・


ジンベエとの一戦もそう。新世界編でワダツミの攻撃をはじき返すほどのパワーを持つジンベエのパンチをモロにくらっときながら、いつの間にか平気な顔で戦場に復帰してるモリアさん。どんだけタフやねん!!



ドフラミンゴ&パシフィスタの襲撃(ってかイジメ?)を受け瀕死の状態でもスケスケの実の能力者アブサロムに助けられて、一命を取りとめるとか・・・どんだけタフやねん!!!
・・・ただ地味過ぎるよ(笑)

タフなだけじゃ黒ひげとキャラ若干かぶっちゃうよ・・・もっと能力を活かして戦ってほしいものだ



と思ってたら
ゾンビにでもならない限りな

ってまさかのモリアさん自らゾンビ化フラグが立っとる・・・めっちゃ能力活かせそうなパワーアップだな
新世界編でのモリアさん登場が待ち遠しい!

個人的にはゾンビ化したモリアさんがカイドウともう一度やり合ってほしい。んで別の答えを出して欲しい



そこで仲間を失いたくないってモリアさんが思ったら感動する自信あるわ


プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。