小さな小人の村
万人受けする漫画なんかない。でも少しでも良い漫画が多くの人の目に触れてほしいと思って発信する感想ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からくりサーカス ~開幕ベル~

からくりサーカス 1 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)からくりサーカス 1 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
(2011/07/15)
藤田 和日郎

商品詳細を見る



笑うべきだとわかった時は・・・
泣くべきじゃないぜ。



ネタバレ有り



最近はモチベーションを上げるために毎回記事を書く前にカウンターを見て、昨日の訪問数より人が増えるような記事を書こう、と心掛けてるのですが・・・昨日の訪問数なんじゃこりゃあ!?
ウチのブログは今まで最高でも170人届かないくらいだったのですが544人て・・・3倍だよ・・・・・何があったのさ

というわけで明後日急用が入ったのでそれまで更新はしないでおこうと思ってましたが、今日は頑張って更新しようと思います!
訪問してくださった皆さん、何があったか分かりませんが(←)ありがとうございます!m(_ _)m



ではちょっと前から宣伝してた僕個人的に名作だと思ってる漫画について感想を書こうと思います
正直、この漫画の感想はずっと書きたかった!4、5年前にこの「からくりサーカス」という作品を読んでめっちゃのめりこんだのですが、当時インターネットで他の人の感想を読もうとしたら、検索方法が悪かったのか全然見つからなかったんですよ・・・
なので、再販されてますしこれからのめり込んだ方のために感想を書いておきます!

ちなみに語りたいことが多すぎて1つの記事じゃまとまらないので
序章 ~開幕ベル~
2章 ~ギイ・クリストフ・レッシュ~
3章 ~人間しろがねと人形オートマータ~
4章 ~才賀勝~
終幕 ~加藤鳴海~
に分けて書くつもりです
今月で書き終わるといいなぁ・・・


では今回は開幕ベルってことで「からくりサーカス」という作品全体について




この作品のすごいところはなんといってもストーリーの綿密さでしょう
途中まで読んでいてもそんな対して気にならなかった伏線が最初から張られてるんですけど、読み進めていくうちに全てのピースが揃っていくように一つの物語になっていくという流れが本当にすごい

1~3巻でナルミ、マサル、エレオノールが出会うことから始まって15、16巻の全ての始まり、22~27巻で全容が語られて1巻に繋がる話とかね・・・鳥肌たつわ!


話自体はダブル主人公形式となっていて、昔誰かの手によって造られた自分で考え、動く自動人形(オートマータ)と血みどろの戦いに身を投じる「からくり」部門の主人公ナルミ、人を笑顔にするサーカスに所属し皆が幸せになる方法を探す主人公マサル。この二人の物語が交互に進んでいき、やがて「からくりサーカス」という1つの物語になっていきます

なので短期間で読んだ方が絶対面白い作品



そして全43巻という長編なんですが、ゆるぎなく書かれていた大きなテーマ、それは「笑顔」

自分で考えて動く機械人形は「ゾナハ病」という呼吸が死ぬほど苦しくなる病気にも関わらず死ねなくなる病気を人間にバラまく存在なのですが、彼らが求めたのは彼らの首領であるフランシーヌ人形の「笑顔」。彼女を笑わせるために人間を使っておどけてみたりするのですが、フランシーヌ人形は自動「人形」であるため笑えないんです
そんな彼女を笑わせる方法を求めて旅を続けいました

そしてそんな自動人形のバラまくゾナハ病の被害にあい、復讐の気持ちに燃え、機械人形と戦うために人間であることを捨てたしろがね
彼らはしろがねになることで5年に1度しか歳を取らず、人並み外れた生命力を獲得し、機械人形と戦うための術も身につけました
しかし、それと代償に人間にあって人形にない「笑顔」をしなくなります

治療方法が見つかっていないゾナハ病ですが、症状を唯一和らげることが出来る方法が一つあり、それは他人の「笑顔」

全ての発端となったフランシーヌ人形を造った造物主が求めたのは愛した女性・フランシーヌの「笑顔」



このように一貫して「笑顔」というテーマが取り扱われていて、ナルミはマサル、エレオノール、しろがねなどに笑顔を与え、マサルも成長していく過程で様々な人に笑顔を与えます

ですが皆を笑顔にしていく一方でナルミからは笑顔がなくなってき、最終的には負の感情むき出しになってしまいました。そんなナルミに笑顔を与えたのがかつてナルミ自身が笑顔を与えたマサルとか胸アツ
ワンピで言うところの受け継がれる意志的な


登場キャラがめっちゃ多いんですけど(最後のカーテンコールの時に「いたなこんなやつ!」ってなるキャラがいっぱいいるw)この作品結構容赦なくて、序盤から出ていたキャラでも死んだりします。
けど、死んでいった人のほとんどは最後に笑って死んでいき、そしてその人達の笑顔にはナルミかマサルが関わってる、とか

多くの人に笑顔を与えたナルミが堕ちていく様子を見るのはドラゴンを退治した勇者が返り血によって悪に染まっていく話を思い出して忍びなかったけど、最後に自分が助かってエレオノールと幸せになったときのすっきり感は格別


生きていく内に笑顔を見失うキャラが多かったけど、皆最後には笑顔を思い出す
そしてそれが世界を救う、とか・・・
めっちゃ僕好みの展開で面白い





ここで書きれてないのもあるんですけど、これ以上語ってしまうと激しいネタバレを含みそうなのでこの辺で
既にネタバレしてるだろ!ってツッコミは無しの方向で(笑)

最初なのでなるべくネタバレを減らしたつもりです。もしこの記事を読んで「面白そう」と思った方は是非読んでみて下さい!
超オススメです!

スポンサーサイト


プロフィール

小人

Author:小人
どうも、管理人の小人です。
最近は忙しさのあまり感想が全然書けていませんが、
漫画は読んでいます。
最近は電子書籍もあるから気軽に漫画読めるのがいいよね

オススメのマンガがあれば是非!

リンクフリーですが、相互リンクをされたい場合は一度ご連絡をお願い致します。

何か御用の方はこちらまで↓
claretta.1789.cobito[あっとまーく]gmail.com

ついったー:@8kobito



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



村人数

あなたは

人目の村人です



ツイッター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。